ブログ一覧

成立学園中学・高等学校の校章 成立学園中学・高等学校 共学 中学校 高等学校

3月21日から25日まで山梨県の西湖で勉強合宿を実施しました。

普段とは違う環境で、みっちり勉強です。

生徒たちは1日10時間以上勉強し、少し受験生としての自覚が芽生えたようです。

この合宿で得たものを、4月からの学校生活で生かしてほしいと思います。

立教英国学院 小学部・中学部・高等部の校章 立教英国学院 小学部・中学部・高等部 共学 小学校 中学校 高等学校

3月4日(土)、2016年度卒業終業礼拝が執り行われました。小学部2名、中学部19名、高等部50名、計71名の門出です。高等部3年生の生徒の多くは大学受験のため日本に帰国していますが、卒業式に参列するために18名の生徒が帰寮しました。

礼拝が始まりました。初めに聖歌、式文の唱和、そして中学部3年の卒業生による聖書朗読。礼拝の流れはいつもと大きく変わらぬ進行ですが、卒業式としての独特で厳粛な空気の中で式は進んでいきます。

卒業証書授与に先立ち、校長先生から当日のチャペルに飾ってあるひな人形についての話があります。第1回卒業生のうち2名が、日本にいて卒業式に参列出来ない友達を代表してはるばるイギリスの地に運んでくれたそうです。以来、毎年その場所から静かに式を見守っていてくれます。普通の学校だったら、皆が集まるはずの卒業式。しかし異国の地にある本校では、受験生全員が再び集まることはできません。ひな人形は、そんな受験帰国生の思いを乗せる、そして卒業式に臨む生徒達が日本で頑張る仲間のことを思う、そんな大切な役割をもって飾られているのです。

元気な声で答える小学6年生、義務教育を終え、すっかり頼もしくなった中学3年生、そして名実ともに大人になった高校3年生。順番に名前がよばれ、証書を受け取っていきます。3つの学校の卒業式が一度に行われるのは本校ならでは、そしてそれを誰もが心の底から祝えるほど関係が密になっているのも本校ならではです。彼らが皆大家族として生活してきた集大成が、この式に表されていると感じました。

式の終盤には各卒業生代表によるスピーチもあります。小学6年生は得意の英語で立教で成長したことを語ってくれました。中学3年生は思春期の大切な3年間をずっと支えてくれた担任の先生について語ってくれました。高校3年生は2名。英語と日本語によるスピーチでこの学校でしかできない経験を自分の一生の力としたこと、この学校だからできたかけがえのない友への思いを語ってくれました。彼らのスピーチを聞いていると、先生達もつい顔がほころび、また涙がこみ上げて来ます。生徒たち、卒業生たちもまた同じです。共有している時間が長いからこそだと思います。立教の大家族の元から巣立っていく卒業生達と、後を任された先生と生徒達の間に絆を感じることができた卒業礼拝でした。

大妻中学校・高等学校の校章 大妻中学校・高等学校 女子校 中学校 高等学校

ごきげんよう。
2015年9月より工事に入っていた大妻体育館が、ついに生まれ変わりました。
4月より体育の授業や部活動などでの使用が始まります。

1階フロアには大型スクリーンも備え、運動だけでなく、学年全体で集まっての学習などにも活用できそうです。地下フロアは電動バスケットゴールのほか、テレビや小型のスクリーンなどもあり、ダンスの授業・部活動で便利に使用できます。どちらのフロアも冷暖房完備です。

これまで一年半ほど体育館が使用できない期間がありました。
その間、運動部は体育館を使える曜日が減ってしまいましたが、各部が工夫して乗り切ってくれました。これからは今まで以上に活発に活動できることと思います。

4/22(土)のオープンスクールでもご覧いただけますので、お楽しみに。

目黒星美学園中学校・高等学校の校章 目黒星美学園中学校・高等学校 女子校 中学校 高等学校 中等教育学校

3月24日(金)、この研修としては3年半ぶりに石巻を訪れました。午前中は2コースに分かれての活動です。語り部ガイドツアーに参加した生徒たちは、地元のボランティアガイドさんのお話を聴きながら、被災の大きかった地域を実際に見て回りました。途中立ち寄った漁港で生徒たちは6年前、ここを津波が襲ったことを想像しながら、穏やかな海をまっすぐ見つめていました。ガイドさんはお話の中で繰り返し、「皆さんの地域でも災害は起こるので、備えてください」と話してくださいました。今、東北は次の災害で悲劇を繰り返さないため、伝える活動をしてくださっている方が大勢います。私たちは時計は戻すことができませんが、6年前に起こったことを受け止めて、災害を「自分事」にしていかなければならないと改めて思いました。(担当者談)
0329

日本大学明誠高等学校の校章 日本大学明誠高等学校 共学 高等学校

Mar_29_2017Mar_29_2017Mar_29_2017

先日のedulogでスキー部の新人大会をご紹介しました。新人大会の後、スキー部は大会会場の戸隠スキー場にて26日まで春合宿を行いました。

春合宿の最終日前夜にスキー部の部員、教員さらには保護者の方も参加して3年生を送る会を行いました。また最終日には3年生による最後の滑走が行われました。

3年生を送る会では後輩部員から3年生へのメッセージがあり、保護者の方々や顧問・コーチからも3年生への言葉があり、それに対して3年生も3年間の思いを語りました。

最後はみんなで卒業記念のケーキを食べて、3年生を送る会は終了しました。

26日の合宿最終日は午前中、大回転や回転のトレーニングを行いました。そして正午過ぎに練習バーンのゴール付近に保護者の方々や1,2年の部員が集まり、3年生の最後の滑走に声援を送りました。

3年生は最後の滑走と言うことで、制服姿や水着姿という普段とは違う格好で滑りました。ゴールで待っていた後輩は先輩の面白い格好での滑りを見て、大いに盛り上がりました。

3年生全員が滑り終わった後で、みんなで記念撮影を撮って、3年生はスキー部を引退しました。引退した3年生からコメントをもらいましたので、ご紹介します。

スキー部3年生からのコメント

高校生になってから、気がついたらもうこの日を迎えてました。この三年間、辛いこともあったけど、それ以上に楽しい日々でした。

多くの貴重な経験をさせてもらえました。こんなに楽しく、素敵な部活はどこを探してもないと思います。

こうして楽しく過ごせたのも拓さん、梅田先生、両親、そして選手のみんななど、多くの人に支えてもらえたからです。ここまで支えてくれた皆さん、本当にありがとうございました。このスキー部に入って、本当に良かったです。

スキー部 3年 越野将弥

スキー部は引退が卒業式の後という特殊な部活です。

でもこの3年間はそんな特殊な部活ではなかったら絶対に経験できないことを沢山させてもらいました。

最初は訳もわからず入ったこの部活ですが、今では本当にスキー部に入ってよかったと思っています。

橋本先生、梅田先生、お父さん、お母さん、関わってくれた選手やマネージャー、支えてくれたすべての人、本当に今までありがとうございました!

スキー部 3年 三ツ矢匠

初めは正直スキー部がこんなに大変だと思っていませんでした。

だけど、大変だけどその何倍も楽しくて、刺激的で、いつの間にか私にとってかけがえのない居場所になっていました。スキー部だったからこそ、充実した高校生活が送れましたし、今のわたし、これからのわたしがあるんだと思います。

放課後のサッカー、夏合宿、通学路、冬のトレーニング、みんなで迎えた年越し、インターハイ、橋本先生と2人の移動時間、みんなでふざけたことも全部忘れません。

4月からは暫くスキー部のみんなや友達、家族とも会えなくなってしまいますが、この3年間でしてきたように向こうでも色々な経験をして、たくさんのことを吸収してきたいです。スキー部で培った思い出と自信があるから大丈夫です。私もみんなに負けないように頑張ります!

3年間本当にありがとうございました。

スキー部 3年 佐藤沙樹

三年間過ごして大変なことが多かったですが、引退の日を迎えて達成感とともにまだ続けたい気持ちがあります。

スキー部とても楽しかったです。

スキー部 3年 内田芳生

やっと、引退できました!夏で頑張って来たので今年関東大会出場出られたので良かったです。

引退レースでは、上裸で滑ったので寒かったけど良い思い出になりました!

スキー部に入って良かったと思えました!

スキー部 3年 野田主樹

3年生からのコメントを読むと、スキー部での3年間がとても充実していたことが分かります。そして多くの経験をしたということも同時に感じられるコメントでした。是非、スキー部での活動を通じて得たものを、次のステージで生かしてほしいものです。頑張れ、日大明誠スキー部卒業生!

十文字中学・高等学校の校章 十文字中学・高等学校 女子校 中学校 高等学校

2017年度主要大学合格実績(速報) 3月24日現在 (2017年03月24日)

「グローバル社会へ向けて一人ひとりに合った進路を実現します」 今年も卒業生たちは難関国立大学をはじめそれぞれの将来の目標に沿った大学・学部に進学していきます。 このところ理系学部に進学する生徒が増えていますが、今年は特に理学部・工学部だけでなく、医・歯・薬・看護系に例年以上に進学していきます。 本校では、これまでも社会に貢献する女性の育成に尽力してまいりましたが、これから彼女たちが生きていく時代は、ますますグローバル化が進み、AIやロボットとの共存も求められる時代になっていくと考えられます。 多様化する社会のニーズに応えられるように、様々な課題を解決していく力だけでなく、様々な価値観の違いも受容できる資質が求められていくことでしょう。 わたしたちはこれからも、一人ひとりそれぞれが希望する進路の実現に尽力してまいります。   ↓画像をクリックすると拡大されます。

 

 

日本工業大学駒場中学校の校章 日本工業大学駒場中学校 共学 中学校 高等学校

0429open

4月29日(土・祝)に、日駒オープンキャンパスを開催します。
体験授業(要予約)、部活動体験、中学入試の説明会などを行いますので、どうぞご参加ください。

●日程:4月29日(土・祝)
●時間:9:00 ー 12:30
【タイムテーブル】
・8:55までに集合
・9:00 オープニングセレモニー
・9:30ー11:00 体験授業(要予約)
★下記の4つから1つをお選びください。
A 社会X国語「伝える力を磨こう!」
B 理科   「線香花火を作ろう!」
C 美術X英語「英語でサンドブラスト!」
D 技術   「オリジナル時計づくり!」
・11:00ー12:30 部活体験

同時開催『保護者対象説明会』
・9:30 中学入試最新情報

体験授業の予約は、こちらのページからできます。
まずは予約しよう!

電話でも受け付けます。
電話 03-3467-2160

★こちらからチラシもダウンロードできます。

 

城北中学校・高等学校の校章 城北中学校・高等学校 男子校 中学校 高等学校

こんにちは。城北学園吹奏楽部です。

(詳細は学校HPブログへ→ココをクリック。)

私達は、秋の文化祭終了後、3月の定期演奏会に向けて練習を重ねてまいりました。

当部は30人に満たない小編成バンドで、毎年中学1年生から高校2年生までが一緒の舞台に上がっています。

まだまだ未熟な演奏でお聞き苦しいところも多々ございますが、是非お楽しみください。

部員一同皆様のお越しをお待ちしております。