12月19日(火)本校チャペルにて中学・高校それぞれクリスマス礼拝が行われました。

この日は富士見バプテスト教会主任牧師の大島博幸先生がご来校くださり、
中学では『救いの歴史の始まり~インマヌエル』、
高校では『言葉が添えられて』と題して説教をしてくださいました。
神さまは聖書のことばを通して、またイエス様が誕生してくださったことを通して
「私達と共にいて下さる」ことを伝えてくださっている、とお話しくださいました。
お説教を通して、クリスマスの本当の意味を
自分に与えられている恵みとして覚えるときとなりました。

このクリスマスの喜びを讃え、礼拝ではたくさんの賛美歌が歌われました。
ハンドベルクワイア、聖歌隊、学年ごとの賛美に続き、
最後には生徒によるパイプオルガンとトランペット、ティンパニの伴奏で全学年揃ってハレルヤ・コーラスを合唱しました。
生徒全員の歌声と楽器の音色が合わさり、迫力ある賛美となりました。

晴れやかな青空の下、全学年揃ってクリスマス礼拝の時を過ごし、
この1年それぞれの歩みの中に、どんな時にも神さまが共にいてくださった
恵みに感謝いたしました。

この記事をお読みになっている皆様にも、クリスマスの祝福が豊かにありますように・・・

そして、新年も健やかにご活躍されることをお祈り申し上げます。

692d2577b15f9360ee37faaf7171a404a9a0d146.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像 4597065694ee768c7b7a1b5281bb976b2a9f8803.JPGのサムネイル画像
聖歌隊による賛美
B・ハーレン編曲「O Come,All Ye Faithful」
J・ラッター作曲「Christmas Lullaby」
高橋 恵一郎チャプレンによる司会
e5f267a5624722b26bd0fa5c81a2d2a40e035636.JPGのサムネイル画像 69b77a7e9e0efa89c2a3d9db3a2e0ab72f96289f.JPGのサムネイル画像
高校Ⅱ年音楽選択による賛美
サン・サーンス作曲クリスマス・オラトリオより
「アレルヤ・喜びにみちあふれよ」
全校生徒によるハレルヤ・コーラス

ページ
TOP