本学園の校名「国本」の出所は、中国の古書『礼記』の「重礼所以為国本也」(「礼を重んずるは国の本を為す所以なり」)にあります。
そして、本学園の教育理念がこの「国本」という二文字に代表・集約されています。
「礼」は形式的な礼儀にとどまるのではなく、内面的な精神の在り方までが問われています。
まず慎みの心を持つ。そして敬意を持って自分以外の人々に接し、他者を尊重することです。
私たちは、自ら律する姿勢を持ちながら、「社会や人に貢献できることを喜びとする」女性の育成を目指しています。
生徒一人ひとりには実現したい夢があります。
充実した学園生活の中で、生徒たちの無限の可能性をしっかり伸ばしていきたいと思っています。

国本女子中学校・高等学校
校長 米村 浩

大きな地図で見る
所在地 東京都世田谷区喜多見8-15-33
電話番号 03-3416-4722・3
最寄り駅 小田急線「喜多見」駅
アクセス 新宿から急行に乗り成城学園で各駅停車に乗換て一駅目(19分)。町田方面から急行に乗り「登戸」で各駅停車に乗換3駅目

 教育の特色

中高6年間一貫教育  高校募集あり  指定校推薦枠あり  ネイティブ教員在籍  修学旅行海外あり  土曜授業あり  駅から徒歩10分以内  プールあり  理科教育  英語授業週5時間以上 

「国の本は家にあり、家の本は身にあり」「礼を重んずるは国の本を為す所以なり」(孟子・礼記)を標榜して1942年国本高等女学校を開校。

校訓
一、真心の発揮
一、自然に対する素直さの涵養
一、恩を知り恩に報ゆる心の育成

創立者有木春来先生語録
•良心に素直である限り、心に笑いが絶えない。
•苦しみの中から情熱が生まれる。安易な生活から感激は去っていく。
•頭脳で理解した時と身体で了解した時とでは、意味も理解の度合いも全く別物である。
•目は心の窓であり、心の中心は良心であり、真である。
•あなたの才能を伸ばすために努力することが、学校の生き甲斐である。




創立年
1942
服装
ブレザー

 部活動

運動部
硬式テニス
ソフトテニス
バスケットボール
バドミントン
卓球
ソフトボール
ラクロス
水泳
陸上競技
ダンス
文化部
吹奏楽
軽音楽
美術・絵画
写真
茶道
漫画
化学
料理

 過去の特集

「夏休み自由研究講座」レポート 在校生と一緒に学ぶ楽しさを知る!2014年9月 掲載
アクセスがよく通いやすい学校特集2014年4月 掲載
アクセスが良い学校特集2013年6月 掲載
私学のプロフェッショナル 男の子を伸ばす方法・女の子を伸ばす方法2011年10月 掲載

ページ
TOP