化学部は各学期に1回、「食べる」実験を行っています。12月14日(木)に行われた実験は、ブルーベリージャムを混ぜた生地でのパンケーキづくりでした。ブルーベリーの中にふくまれるアントシアニンという色素は中性では紫、酸性が強くなると赤、アルカリ性が強くなると青に変わります。パンケーキを焼くと緑色になります。そして、緑色のパンケーキにレモン汁をかけるとピンク色に変色します。理論的にわかっている内容も、実際に自分の手で実験をすることでより理解が深まり、色が変わった時には部員たちから歓声が上がっていました。これからも身近な素材で化学を体感してほしいと思います。(化学部顧問談) 0112

ページ
TOP