武蔵野美術大学は、1929年に創立された「帝国美術学校」を前身とし、「教養ある美術家養成」「真に人間的自由に達する美術教育」を教育理念に掲げ、日本を代表する美術・デザインの総合大学として、これまでに6万人以上の卒業生を社会に輩出してきました。
造形活動を通じて身に付く、正解のない答えを探求し表現する能力は、今の時代にこそ最も必要とされています。卒業生は培った創造性、コミュニケーション能力が高く評価され、多くの業界で日本及び世界有数の企業へと就職し、重要な役割を担っています。
2012年からは、文部科学省「グローバル人材育成推進事業」に芸術系大学として唯一の採択校となりました。語学力とコミュニケーション能力を備える、世界に羽ばたくアーティスト・デザイナーの育成を目指します。

大きな地図で見る
所在地 〒187-8505
東京都小平市小川町1-736
電話番号 042-342-6995
最寄り駅 西武国分寺線「鷹の台」駅 または JR中央線「国分寺」駅
アクセス 「鷹の台」駅より徒歩18分 または 「国分寺」駅よりバス

 教育の特色

「教養あふれる豊かな人間性の確立を基盤としたところに優れた芸術が成立する」が教育の基本姿勢。広く諸学問を学ぶ「文化総合科目」、自分の専攻とは異なる領域や他学科の授業を学ぶ「造形総合科目」、専門的能力を追求する「学科別科目」をバランスよく学びます。

創立年
1929

ページ
TOP