立教英国学院には毎週金曜日の午後に行われるフライデースポーツという学校特有の時間がある。その時間には生徒それぞれが自分の好きなスポーツをしたり、新たなスポーツにチャレンジできるとてもいい時間である。私はフライデースポーツで乗馬を選択した。理由は他の学校ではチャレンジ出来ないという事と小さい頃からの憧れで始めたのだ。

私は小さい頃に一度だけ乗馬をした事があり、どんな感じだったかをバスの中で友達と他愛のない話をしながらぼんやりと考えていた。だが、思い出す前に目的地に着いた。到着した私たちを待ち受けていたのは息をのむほど美しい自然、私たちを迎えるかのように逞しく鳴く馬達だった。とにかく想像をはるかに上回る「素晴らしい牧場」というのが第一印象だ。いかにも英国の貴族達が馬に乗っているところを容易に想像できる牧場である。

実際に馬の横に立ってみるとその大きさに圧倒され、ある強い感情が私を襲った。それはもし、馬から落ちてしまったら、上手く乗ることが出来なかったらどうしようという焦りと恐怖だ。馬が些細に動くたびにその感情は増していった。そんな私を気遣うかのように乗馬の先生は「You can do it!Believe in yourself!」と言われ、実際に馬に乗ってみると、私が抱いていた恐怖とは裏腹に見たこともない新たな世界が広がっていた。馬に乗って歩いてみたり、走ってみたりと様々なことにチャレンジし、一つ、一つの動作に夢中になっていった。終了の時間が来てしまいとても寂しい自分がいることに気が付いた。最初の恐怖なんか忘れてしまっていたのだ。そして、私はあることに気が付いた。それは私が小さい頃に抱いた「楽しい!またやりたい!」という感情と同じ心境であるという事である。

また、乗馬の動作に慣れてくると私達は森に散歩をしに行った。森は本当にのどかで様々な動物や見たことのない植物がたくさんあった。私が乗った馬はとても食いしん坊だったので、道端の草を食べてしまわないように細心の注意を払いながら乗馬した。だが、私が食べないようにと指示を出すと、いつもなら食べてしまう大好物の草にも見向きもせず、ついてこいと言わんばかりに私をリードしてくれた。普段、練習をしているスクール内とは違う景色の中の散歩は、まるで自分が貴族になったかのように感じられる素晴らしい体験であり、馬との心の距離を縮めることができたような気がした。

このように私にとってフライデースポーツは新たなチャレンジであり、大切なことをたくさん学ばせてくれる。これからも、フライデースポーツという貴重な時間を通して成長していきたいと私は思う。

(高等部1年生 女子)joba2018t11

ホームステイを終えて、私は、交流することの楽しさを知りました。今回が初めてのホームステイだったので、どきどきな楽しみな気持ちと不安な気持ちがありました。

今から一週間前、ホストファミリーの人が迎えに来てくれました。そして、家に行って、その日は緊張していてほとんどしゃべらずに終わってしまいました。二日目は、ショッピングに一緒に行きましたが、その日もあまり会話をかわすことはありませんでした。その日の夜に、二日間を振り返って、正直、不安でいっぱいでした。ホームステイは交流する場なのにできていない。部屋にいることが多いな。英語が話せない。などの不安でした。

しかし、三日目にはできるだけコミュニケーションを取れるように頑張りました。すると、意外にも会話が長く続き、心の中が不安ではなく楽しさでいっぱいになりました。それからは、毎日、笑顔で話すとか、相手の目を見るとかに気をつけて話をしました。

他にも、ロンドンまで連れて行ってくれたり、日本人だから日本のものが売っているところに連れて行ってもらいました。そして、一緒にスコーンを作ったり、手巻き寿司も作ったりしました。手巻き寿司は、日本の作り方とは違っていてびっくりしましたが、自分たちで作った手巻き寿司は最高においしかったです。

私はこの一週間で交流することの楽しさを知りました。初めて会った人とは上手く話せない私ですが、なじむことができて嬉しかったです。私たちに良い経験をさせてくれたホストファミリーの方にとても感謝しています。

(中学部2年生 女子)halfterm2018starts1-2

2018年夏の短期留学プログラムが、7月8日(月)からスタートしました。短期留学先は、次の3つ。いずれも立教英国学院のある地区の、まさに地元の学校です。

Royal Grammar School (in Guildford)
Forest School (in Horsham)
The College of Richard Collyer (Collyer’s) (in Horsham)

短期留学プログラムの様子を、留学生のコメントを中心にシリーズでお届けします。
◆ Collyer’s Collegeより今日の留学日記 ◆

今日は交換留学初日でした。立教よりも広く、大人っぽい生徒で溢れる校舎に少し緊張しましたが、パートナーの皆やその友達たちまでが話し掛けてくれて、直ぐに打ち解けました。学校の中は自由な雰囲気で、自分の授業がない時は何処に行くのも自由です。私は今日哲学と社会学を受けましたが、予想はしていたけれど一部しか理解出来ず、日頃ECの先生方がどれだけ私達に手加減してくれているかを実感しました。

(高3 女子)

*   *   *   *

今日の朝8時半頃、私たちは今回交流をしてくださる方たちとReceptionで会いました。その大半は1学期のJapanese eveningで立教英国学院に来てくださった方々で、再会を喜びました。

それから学校を案内して頂き、授業がない時などに集まるcommon roomに行きました。そこで最初の授業のパートナーと出会い一緒に授業に向かいました。今日私は数学、Media、数学、音楽、化学、電子学の順で全部のコマ数を選択したのですが、後半3つの授業はすべてキャンセルになりました。先生が大きな会議に出席するためだそうです。私のようにキャンセルになったことで授業がなくなった人、計6名が近くの大きな公園に遊びに行きました。17、18歳の年齢の人たちで、いつもならkidsが遊ぶブランコなどの遊具ではっちゃけて楽しく思いっきり遊びました。とっても楽しかったです!

公園で遊んだあと学校に戻り、1時間くらいみんなでまた遊びました。遊んだといってもSNOWで写真を撮ったり、SNSを交換しあったりして。

驚いたことに、日本では普通のLINEを、英国の人は知りませんでした。SnapchatというものがおそらくLINEの代わりなのだと思います。交換したSNSはInstagramです。Instagramは全員アカウントを持っていたので、世界共通なのだと思いました。このようにSNSは世界中で人と人との会話の手段として使われていることを実感しました。しかしその国によって一般的なアプリケーションが違うことを知り、おもしろいなぁと思いました。今回、私は英国式に合わせてSnapchatを始めました。少し英国の人に近付けた気分が味わえて嬉しかったです。

明日からの学校も楽しみです。

(高2 女子)

2018年夏の短期留学プログラムが、7月8日(月)からスタートしました。短期留学先は、次の3つ。いずれも立教英国学院のある地区の、まさに地元の学校です。

Royal Grammar School (in Guildford)
Forest School (in Horsham)
The College of Richard Collyer (Collyer’s) (in Horsham)

短期留学プログラムの様子を、留学生のコメントを中心にシリーズでお届けします。

◆ Forest Schoolより体験記 ◆

私は今日、Forest School に行きました。Forest School は男子校で、人数も多く、生徒たちはみんな賑やかで楽しそうでした。学校での授業は全て英語なので、日本人である私たちにとって難しく感じました。今日は理科の授業、数学の授業などがありました。授業を聞いていても分からない単語だらけで全然ついていけませんでした。パートナーの方が優しく教えてくれても、英語が聞き取れず、あまり上手くいきませんでした。けれど、理科の授業の時、Biologyで習った単語が出てほんの少し理解出来たのでよかったです。また、サッカーやテニスの話をパートナーと話すことが出来たので嬉しかったです。Forest School 一日目が終わり、自らのSpeaking力やListening力のなさを思い知りました。Forest School が終わる前に、少しでも英語力が上達するように努力したいと感じました。

(高2 男子)

*    *    *    *

この一週間での体験に期待をする一方、全く違う文化を直に感じることに多少の恐れも感じていた。この一年間イギリスで生活をしているが、日本語が全く通じない環境にくることは初めてであった。

フォレストスクールに行ったことのある生徒から話を聞く限り、「バディ」と呼ばれる1週間学校での生活をともにする現地の生徒がいるらしいが僕にはこの「バディ」の存在がとても重要に感じられた。なんせ、一週間ずっと一緒に過ごすのである。もし彼と仲良くできなかったらこの一週間は辛い一週間になると覚悟していた。

やってきた当日、日差しが熱すぎるぐらいの快晴の中、一人じゃ抱えきれないぐらいの膨大な不安を携えて僕はフォレストにやってきた。僕の前に現れたのは肌の白い、ジンジャー色の髪をした、僕より1回り小さい青年であった。

彼は「ジェイコフ」という名前で、ユーモアに富んでいて、僕のバディであった。

一時限目は運が良いのか、「自習」という名目で二人で喋る時間を設けてもらった。そこで気がついたことが、なんと趣味が一致したというところであった。僕ら二人はスポーツに一切の興味がないため、逆にインドア系の趣味が一致したのである。それから僕らの間にあった厚すぎる壁は、言語の壁というとてつもなく分厚い壁は残るものの、少しずつ薄くなっていったような気がする。彼の近くにいると、嫌になるほど彼の友人が話しかけて来てくれる。

いきなりロシア国歌を歌いだす奴や自分の机に水を撒く奴がいて、男子校特有の良さと勢いがあって楽しい一週間になりそうだ。

(高2 男子)

2018年夏の短期留学プログラムが、今日8日(月)、ついにスタートしました。短期留学先は、次の3つ。いずれも立教英国学院のある地区の、まさに地元の学校です。

  • Royal Grammar School (in Guildford)
  • Forest School (in Horsham)
  • The College of Richard Collyer (Collyer’s) (in Horsham)

Forest Schoolは、ホームステイ先でおなじみの街Horshamの学校で、11~16歳の生徒たちが学ぶ、元気な男子校です。同じくHorhsamにあるThe College of Richard Collyer、通称Collyer’s Collegeは、17~18歳の学生たちが学ぶSix Formの公立校です。Six Formというのは、日本で言えば、高等学校課程にあたり、学生たちは自分の展望に合わせた教科を選び、大学進学に向けて学習を深めます。Royal Grammar Schoolは、ショッピングやホームステイ先で生徒たちにはよく知られたGuildfordの街にある私立の学校です。Grammar Schoolというのは、学業優秀な生徒たちを集めて高い質の教育を行い、すぐれた人材を社会に送り出すためにあった古い学校システムの名残である公立校の名称で、今でも英国全土で少数が残っています。

今日から短期留学プログラムの様子を、留学生のコメントを中心にお届けします。今日、第1日目は、不安と期待の入り混じった気持ちで学校に向かいましたが、大きな衝撃を受けて疲労困憊で戻ってきたチーム、出発したままに元気に帰ってきたチーム、と様々でした。1日目は誰もがいろいろな意味でのショックを受けるもの。いずれもストレートな思いが綴られています。さあ、これから5日間のうちに、どのように気持ちが変化していくでしょうか。新鮮でリアルな体験談をお楽しみに。

◆ Royal Grammar Schoolより第一報! ◆

Today, I went to the Royal Grammar School. As soon as get into it, I found it difficult to communicate with same generation’s students and to remember the huge school’s maze, but, they were positive and spoke to me a lot and helped me a lot. There was physics and the content was to create presentation that allowed making any title using astronomy. I was familiar with it, so I could have fun and am on the way making presentation. I hope it’ll go well. Anyway, I felt tired taking 8-9 classes, but also felt it was precious experience. By the way, this school has few air-conditioners so it was very hot during classes. Furthermore, I haven’t got a bottle of water so I got thirsty. Anyway, I want to have more communications tomorrow.

(中3 男子)

*     *     *     *

学校でとっているプライベートレッスンやECの授業の先生はゆっくりとはきはきしゃべってくれているので理解できますが、ロイヤルグラマースクールの人のしゃべり方だと聞き取れないなんてことがよくあります。僕はまずそこが自分の英語力の低さだと思いました。

僕はこれからの夏休みの中で語学学校に通うので、そこでもたくさん英語に触れることによって自分の耳を英語にならすことができたらいいなと思います。

ロイヤルグラマースクールではパートナーが一人に対して一人つきます。ですから、校内で迷子になったりなんてことはありません。

1、2時間目はフランス語の授業で日本の学校での英語の授業のように、みんながフランス語をわりと喋れていて、日本の学校では英語を、イギリスの学校ではフランス語をやるのかなと思いました。フランス語で書いてあるものをフランス語で回答するプリントでは、パートナーが横に英訳してくれたのを見ながら英語で回答しました。

3時間目はスペイン語で映画を見るだけの授業でした。字幕は英語です。これは、不自由なく楽しめました。

6時間目が体育でサッカーをしました。そこまでレベルが高くなかったのと、僕が立教英国学院でサッカーの練習をちょうどしていたのもあって、かなり楽しむことができました。味方の言っていることも難しいことはなかったので、楽しめました。

7時間目は性転換をした人についての映像を見ながらの授業でした。内容も比較的理解できたので、イギリスでの差別に関する授業を経験できました。

8時間目はバーベキューでした。その日の朝からパートナーから聞いていたので楽しみにしていた時間でした。ほかの立教生は8時間目がない人もいました。肉を焼いてパンにはさんでハンバーガーにして食べました。このときは英語の会話で何を言っているのかわからないことが多々あって、きつかったです。ただ、ハンバーガーはおいしかったです。

最初に書いたように、今日1日で自分のリスニング能力の低さと外国人との関わりに慣れていなくて、しゃべるときに緊張するということを実感しました。

明日はもっともっと積極的に話しかけていきたいと思います。この夏休みでなんとか自分の英語力が伸びるように頑張りたいと思います。

(高1 男子)

8月2日(木) 開催の海外子女教育振興財団主催学校説明会に本校も参加致します。

12:00 – 16:00 海外子女教育振興財団主催学校説明会
(東京都台東区花川戸2丁目6−5 都立産業貿易センター台東館)

本校に関心のある方はぜひご参加ください。
その他、学校説明会・進学フェア等についての詳細はこちらをご覧下さい。

ある日曜日の午後、クッキング部みんなで集まりシフォンケーキを作った。1学期、最初で最後の女子クッキング部の活動である。女子クッキング部の活動は少なく、基本的に学期に一回ほどである。参加、不参加も、部員の都合によって自由で、今回は10名ほどが集まった。午後の2時から本館のキッチンに集合し、準備をして調理に取り掛かり、だいたい4時半過ぎには活動を終了した。私たちはチョコバナナシフォンケーキを作った。材料などは前もって、顧問の先生に用意して頂いていた。ココアや、数種類の紅茶も用意していただいたので、ケーキを焼く間の待ち時間にみんなでおしゃべりをしながらティータイムを楽しんだ。

実は、今回焼きあがったケーキを別のお皿に移すときに失敗をして、形が崩れたが、味はバナナとチョコレートの相性が良く、最後にトッピングした生クリームとマッチしていて、私はとても美味しかったと思う。ケーキを食べ終えたあとも、しばらくみんなで先生が用意してくださった紅茶を楽しんでいた。クッキング部はどの学年も一緒に参加して、一緒に作るのだが、上下関係は厳しくはなく、役割も上手に分担していた。先輩も後輩も気兼ねなく会話していて、みんな楽しそうに見えた。

一学期にほぼ一度しかないこのささやかな活動は、様々なことが限られている寮生活という空間において、私たちの楽しみであり、小さなイベントとして非常に意味を持っていると思う。正直、あまり学校内で存在感があるわけではないが、女子クッキング部は部員にとって、立教生活での楽しみの一つで、気の安らぐ場所である。これからも少しずつ活動していこうと思う。

今回の春休みを終えて、私は高校1年生から2年生へと進級した。私には6歳下の弟がいる。弟は小学4年生から5年生になった。
4月に入ると弟の学校ではクラス替えが発表される。発表される前に弟は「小学校で最後のクラス替えだから楽しみ」と言っていた。「小学校で最後」という言葉に私は驚きを覚えた。弟が小学校に入学したときに私も同じく中学校に入学した。もうあれから4年が経とうとしているなんて私には信じられなかったのだ。ということは、弟はあと2年で小学校を卒業し中学生となる。私も高校を卒業して大学生となる。時が過ぎるのが早いなぁと心から感じた。
あれから丸4年が経った。私はこの4年間で何を学び身に付け成長したのだろうか。考えてみた。
中学生のとき私は小学生の私と比べて、周りの友達に自分の意見を言えるようになった。また、人をまとめる立場にもなって成長できたと思う。
高校生になって1年。私はどんなところが成長したのだろう。私は普通の公立中学校からここイギリスにある高校に進学した。ここで担任の先生がおっしゃった言葉を思い出した。
「君たちは普通の高校に通っていれば家族と一緒に暮らせた。しかし遠いイギリスで1年の半分以上過ごすこの学校選んだ。何かを選ぶと言う事は、何かを失うということ。だからこそ、ここで学び得たものを形として残すことが必要。」
この言葉通り、資格等で形として残していこうと思う。

たくさんの新入生を迎えて始まった2018年度第1学期、様々な行事と何気ない日常の繰り返しを通して150名を超すまた新しい大家族が出来上がりました。

最後の難関、「期末テスト」が終わると最終週はイベントの連続。午前4時半起きのウィンブルドンテニス観戦に始まり、生徒会主催「映画鑑賞会」、たくさんのお客様が訪れた学期末スクールコンサート、テスト答案返却授業や来学期のオープンデイ(文化祭)の話し合いなどが続き、気が付けば第1学期の終業礼拝を迎える日となっていました。
イギリスはここ数週間ほぼ毎日「晴れ」。汗ばむ程の陽気が続いていましたが、この日も朝から晴天に恵まれ、今学期最後まで元気に過ごしてきた子供たちにとっては大きなご褒美のようでした。

身近な新メンバーの活躍に驚かされた行事が今学期もまたたくさんありました。入学後まもなく行なわれた球技大会で新入生がいきなり大活躍をし、地元イギリス人の方々に日本文化を紹介するJapanese Eveningでは、新メンバーが何とか英語を駆使して頑張る姿がこの恒例のイベントにさえ新鮮な雰囲気を与えてくれました。そして学期末になってもその驚きは続きます。100名を超すお客様と200名近い児童生徒・先生方の前で2時間近くに渡って行われたスクールコンサートです。昨年のステージからさらに磨きをかけて演奏してくれたフルート奏者、受験勉強で忙しい中でも練習を絶やさず相変わらず美しい歌声で皆を魅了してくれた高校3年生のボーカリスト達、地元のフェスティバルで今学期も好成績を収めたサクソフォーン奏者やバイオリニスト、そしてギタリスト達… 新入生の中には日本のコンクールで優勝したことがあるピアニストがいて、その華麗な演奏もまた新たな「驚き」でした。
インターバルがあるとは言えかなりの時間に及ぶ演奏だったのですが、温かい拍手が最後まで絶えなかったのは、定番のショパンやヘンデル、ドビュッシーなどのクラッシック音楽からパイレーツ・オブ・カリビアンのテーマ曲やアバのダンシング・クィーンなどポピュラーミュージックまでカバーした巧みなプログラム構成のお陰でもありました。ステージをつかつかと横切り、何気なくピアノの前に座り、鍵盤にその指が触れた瞬間から夢のような世界に誘ってくれた「戦場のメリークリスマス」も圧巻でしたし、大トリのクワイヤーの面々が歌い上げてくれたレ・ミゼラブルの曲もしっかりと感動的なコンサートの締めくくりをしてくれました。

こんなに忙しい学期中、どこで彼らは練習をしているのだろう? 小さな時間を大切に使って大きな成果を見せてくれる子供たちにはいつも驚かされます。可能性無限大の彼ら彼女らが、それぞれの願いを短冊に書いて、生徒会が中庭に準備してくれた笹の葉にかけていました。第1学期終業礼拝は丁度七夕の日でもありました。

1 / 18712345...102030...最後 »

ページ
TOP