体験入学では、

  • Original キャラクター作り

というコースがあります。

担当は、美術の先生と美術部なのですが、瀧野川女子学園では受験生向けにデッサン教室を開催しています。

今回は,第四回の模様をレポートします。

窓の広い教室で、在校生や卒業生とともに、数人の受講生がデッサンをしています。

デッサン

「映っているものの形を積極的に書いちゃった方がいい」

「画面全体に抑揚をつける」

「線の質を変えてみる」

「実像と虚像の違いを意識して描いてみる」

「描いていない紙の白だけど、空気感が出ていますよね」

というアドバイスとともに、実祭に鉛筆を手に具体的な教え方をしていました。

また、基本のまっすぐな線の引き方も、「手首を動かさないように」と、ジェスチャーで示してみせて、「行き先を決めて、ダッと引く」とおっしゃっていました。

デッサン

デッサンが済んだ後は,講評会です。

広い意味での片付けも怠りません。

講評会は、「他人の良いところを見出せるような目を持つ。それは、自分の世界を広げることにもなる」との目的があるそうです。

批評でも、具体的に褒める方が難しいということはあります。

そもそもたいていの言語では、褒め言葉の方が、否定語よりも少ないものです。

講評では、

「デッサンの初めで石膏をやるのは,ものの持っている固有色を見出せるようになる前に、固有色が白である石膏を用いる」

というお話がありました。

写真は,「物と物の重なりを作ってみる」というアドバイスをしているところです。

ただ漫然と一列にに並べると、前後がわからないからだそうです。

デッサン

今回のモチーフは,在校生が組んだそうです。

物が一列に並ばないように、また、どの席から見ても位置の違うものが点在するように、それらを観察し表現できるように点在させたそうです。

デッサン

美術部の在校生も講評をしていました。

「受講生のみなさんは,美術部員に負けないくらい自分のフィルターを持っている」

「鉛筆の黒鉛による陰影の違いを見てて、勉強になりましたし、新鮮でした」

最後に美術の石川先生の言葉です。

DSC_1217

「次は必ず今日より良くなる。積極的にやって」

 

 

デッサン教室第一回の模様はこちら
第二回の模様はこちら
第三回の模様はこちら

 

今日は、他にも学校説明会や入試チャレンジなどがありました。

夕の空には十日の月が上がっていました。

来週の水曜あたりは中秋の名月ですね。

夕方

イベントの他、今日は住み込みの用務のご夫婦が退職されました。

25年間、生徒さんを支えていただいたご夫婦です。

本当にご苦労様でした。

教職員一同、お礼と拍手でお送りしました。

ページ
TOP