空に走った飛行機雲の、きれぎれに横たわるのを見上げて、おぼつかない光の朝まだき、道端の野菊に舞う蝶の川べりに向かえば、川の流れは秋の気に漲(みなぎ)り、春の小川を鼻歌で、行く水遠く梅にほふ里から月やなお霧りわたる夜に残るらむと、春から秋に季節を変え、今日も来ました広報です。

皿

今日の広報のお昼は、サンマの蒲焼き丼です。

サンマの蒲焼き丼

  • サンマの蒲焼き丼
  • 白菜と油揚げ、葱の味噌汁

お味噌汁は,具沢山で美味しかった。

小鉢が見当たらないのは,単品にしたからです。

ご飯もセルフ大盛りをしませんでした。

学食メニュー紹介から解放され、好きに食べられるようになりました。

黙っていましたが、実は、広報は少食なのです。

味噌汁とどんぶり飯。

なんて、解放的なご飯なのでしょう。

学食では、お花畑が眼前に浮かんでくるようでした。

 

 

先ほど国語科の石原先生から、

石原先生

「食事のメニューがどうも繰り返しっぽいので、疲れて頭が働いていないのかな、大丈夫かな」

と、心配されてしまいましたが、好調に転じました。

春から秋に転ずるかのように。

 

昨日は、かた焼きそば。明日は?

【学食メニュー紹介】一学期まとめは、こちら

ページ
TOP