瀧野川女子学園では、ネイティヴの先生が5人います。

今日は、そのうちの一人、アッシュ(Ashley Watson)先生をご紹介します。

アッシュ

  • イギリス出身
  • アートをやっていて、生物を専攻

瀧野川女子学園のネイティヴの先生は、たんに英会話を教えられるだけではなく、それぞれに専門があります。

アッシュ

美術の授業では、生徒と同じ席に入って、生徒の立場で授業を受けて、全く同じ課題をこなします。

美術の先生は、あえて英語を話さないので、周りの生徒がアッシュ先生に通訳します。

こちらは、理科の授業です。

アッシュ

アッシュ先生は、大学時代に動物学をメインに学んだ、理科の専門家ですので、理科の授業を担当されることもあります。
英語で解説しますが、難しい表現は、理科の先生がサポートしてくれます。

ネイティブの先生は、学内に偏在します。

先日は、世界経済を知る一環として、貿易ゲームか行われました。

ここにも、アッシュ先生は登場です。

貿易ゲーム

アッシュ先生からアドバイスです。

 

英会話教室の前では、アッシュ先生のアート作品が飾られ、校舎を楽しいものにしています。

英会話教室

 

ハンサムで優しい先生ですが、一部の生徒からは、「かわいい」との評判もあります。

 

関連記事

【教員紹介】ケイトリン先生

【教員紹介その2】日経ムックにネイティブ教員が紹介されています。
【教員紹介その3】イマージョン教育の実際

ページ
TOP