瀧野川女子学園では、ネイティヴの先生が5人います。

今日は、そのうちの一人、ケイトリン(Caitlin Lochner)先生をご紹介します。

ケイトリン

  • アメリカ出身
  • 文章の専門家

瀧野川女子学園のネイティヴの先生は、たんに英会話を教えられるだけではなく、それぞれに専門があります。

ケイトリン

先日、ケイトリン先生は、「英作文指導」を行いました。

英語話者以外にはわかりづらい、強い表現、弱い表現なども、身振りを交えてお話ししていました。

日本人には難しいと感じる表現の仕方、文法としては間違っていないのだけれど言語感覚としてこう言い方はしないよね、などということを教えてもらえます。

ケイトリン先生は、文章を書く専門家であり、ご自身の本を出版されています。意見の書き方や出し方、より説得力のある英文の作り方を教えていただいています。

 また、放課後には、ストーリーテリングのクラスも受け持ち、ストーリーの力をみんなに教えています。

ネイティブの先生は、学内に偏在します。

音楽の授業でも、ケイトリン先生、いますね。

ケイトリン

 

ケイトリン先生は、研究熱心な上に、広報のぎこちない「ハロー」にも、「ごきげんよう」と言ってくれる優しい人です。

ケイトリン先生から、メッセージです。

「習ったことを話すだけではなく、自分が好きなことや興味のあることについてどんどん話しかけて欲しいです。「誰かに話したい!」「英語では、どういうんだろう?」きっかけはそれだけでいいから、一緒に話してみましょう」

 

【教員紹介】アッシュ先生

【教員紹介その2】日経ムックにネイティブ教員が紹介されています。
【教員紹介その3】イマージョン教育の実際

ページ
TOP