カバティです。

DSC_0036

瀧野川女子学園には、カバティ部があります。

この度、全日本強化選手に指定されていた卒業生が、なんと、オールジャパンに選ばれて、国際試合に出場しました。

カバディの全日本は瀧野川女子学園の体育館を使って、夜な夜な練習に励んでいます。

ある夜、卒業生でオールジャパンの緑川さんに、インタビューして来ました。

DSC_0584

 広報、体育館に顧問の須藤先生と入ってゆく。

 入り口付近で、緑川さんらしき人がグランドコート姿で立っている。

 緑川さんは、すでに笑顔であり、広報は安堵する。

広報 こんにちは。

緑川 こんにちは。

広報 ええ、この度は国際試合に出場したということで、おめでとうございます。

緑川 ありがとうございます。ふふ。

 広報、ここで、寒さに気づく。

広報 では、入り口付近で立ち話もなんですから、奥に行きましょう。というか、寒いですよね。

緑川 上着を着なくて、寒くないんですか。

広報 広報は、暖かい肌着をシャツの下に3枚着ています。

 三人で柱の近くに移動する。

広報 全日本は何人選ばれるんですか。

緑川 10人です。ふふ。

広報 ガバティって、7人ずつでやるものですよね。

緑川 そうですよ。

広報 ちなみに強化選手は何人なのですか。

緑川 20人前後くらいです。

広報 そんな、精鋭メンバーに選ばれた緑川さんが出場した大会の名前を教えてください。

緑川 アジア選手権大会です。

広報 どのくらいの期間、開催されたのですか。

緑川 11月21日から11月28日です。

広報 1週間ですね。開催場所はどこですか。

緑川 イランのゴルガーンというところです。

広報 ゴルガーン!? 初めて聞いた名前です。どこにあるんですか。

緑川 テヘランからバスで9時間のところにあります。

広報 9時間ですか。東京から大阪でもそんなにかかりませんよね。

緑川 山しかない道を通って、山を越えて、急に街が現れる感じですね。

広報 そっちの方が珍しい気がします。大会は何チームくらい参加したのですか。

緑川 10チームです。

広報 国はどこですか?

緑川 日本、イラン、イラク、パキスタン、スリランカ、韓国、あとインド、ええと、台湾、あとどこだっけ。ねえ、参加した国どこだっけ?

 緑川、傍で練習準備をしているチームメイトに聞く。

チームメイト イラン、イラク…、

緑川 言った。

チームメイト 台湾、タイ…。

広報 タイは初めて出て来ましたね。あと一カ国ですね。

緑川 どこだっけ。

チームメイト アフガニスタンじゃない。

広報 アフガンですか。

須藤先生 アフガンって、女子も参加していたっけ。

緑川 ねえ、アフガニスタンって、女子いたっけ。

 緑川、チームメイトに聞く。

チームメイト どうだっけ。アフガニスタンいたっけ。

 チームメイト、別のチームメイトに聞く。

チームメイトB アフガニスタンじゃなくって、トルクメニスタンだよ。

広報 これで揃いました。ビンゴです。

緑川 ホッとしました。

 須藤先生も安堵の表情でうなづく。

DSC_0594

広報 それで、10ヶ国でトーナメントですか。

緑川 AとBに分けて、総当たり戦です。

広報 日本はAとBのどちらですか。

緑川 Bです。イラク、イラン、パキスタン、スリランカと試合しました。

広報 強かったのはどこですか。

緑川 イランですね、うふふ。

広報 笑うほど強かったのですね。緑川さんは、どこの国との試合に出場したのですか。

緑川 ふふ、イラクです。

広報 途中から出場したそうですが、どうでしたか、国際試合にデビューした感想というか、感慨は。

 緑川、笑顔のまま首を傾げて考えている。

緑川 そうですね、自分では緊張しているつもりはなかったんですけれど、チームメイトには、『固くなっていた』と言われました。

広報 気持ち的には、どんなふうに思って、コートに入って行きましたか。

緑川 中の雰囲気が良かったので、『笑って、落ち着いていこう』、と言い聞かせました。

広報 笑うと落ち着くんですね。で、笑った結果、いかがでしたか。

緑川 試合が始まったら、集中できました。声も出せました。…こんなんでいいんですかね、私、日本語になっていますかね。

 緑川、須藤先生を見る。

須藤先生 点に絡むプレーとかは?

緑川 はい、フォローの集まりが早くできたと思います。

須藤先生 守りは7人でやるんですけど、(攻撃側の一人が攻撃の後、)一人が足をひっかけて、相手のコートに返さないようにするんですよ。

広報 解説ありがとうございます。どうですか、緑川さん、国際試合を経験して、自分なりに課題みたいなものはありましたか。

緑川 レギュラーと代わって入ったので、周りに支えられるのではなく、外から入った自分がチームを盛り上げられる立場だと自覚して、もっと頑張ろう、と。最初、コーナーに入ったのですけれど、

須藤先生 守りの最重要ポジションです。

緑川 相手の目線を散らせたり、自分の判断で仕掛けられるように、『私がやるんだ』という意志をもっと強くできると思いました。

広報 課題こそが人を成長させます。ところで、イラクに行ってみて、国はどうでしたか。

緑川 いい国でした。人と人との距離が近く、世話好きな人が多かったです。困っていると、親切にしてくれたりとか。チームで移動することが多かったのですが、『写真を撮らせて』とか。

広報 歓迎されていたんですね。お土産は何を買ってきましたか。

緑川 紅茶と、あと、チョコレートです。

広報 美味しかったですか。

緑川 美味しかったです。

須藤先生 部の後輩にもあげていたよね。

広報 カバティの魅力は、どこにありますか。緑川さんから見て。

緑川 個人戦でもあり、チーム戦でもあるというところです。私は、攻撃(タッチ)の方が好きです。体が小さくても、頭を使ったり、動きによっては十分できるところを示したいです。

広報 これから先の目標を伺わせていただけますか。

緑川 チームに30代の方が中心選手としているんですけれど、自分が20代のうちに実力で追いつきたいです。10年後、日本でアジア大会があるんですけれど、そこでエースになっていたいです。

広報 エース宣言、好いですね。

緑川 来年は、ジャカルタでアジア大会が行われるんですけれど、そこで、ファーストセブンになりたいです。

広報 ファーストセブン、始まりの七人。広報でも意味がわかります。スタメンのことですね。

緑川 はい。

広報 緑川さんは現在、学生ですが、普段は、何を学んでいるのですか。

緑川 スポーツ保育を学んでいます。

広報 なるほど、本学のチアダンの池辺先生も幼稚園でチアダンを教えていたと聞いたことがあります。それでは、そろそろ締めますが、後輩たちに一言お願いします。

緑川 ふふ。ええ、どうですかね。

広報 あまり見ないですか。

須藤先生 一緒に練習しているよね。

緑川 楽しさ。もっと楽しくやっていいと思います。

広報 真面目すぎるんですか。

緑川 高校生らしい、キャピキャピ感がない。

広報 『キャピキャピ感』が足らないと。

緑川 点取った時とか、もっと喜んでいいと思う。

広報 バレーボールとか見ていると、えらい喜んでますよね。点取るたびにカーニバルクラスの喜び方をしています。

緑川 周りにも伝わるくらいの楽しさでやってもいいと思います。

広報 では、緑川さん、好きな食べ物は何ですか。

緑川 お好み焼きです。

広報 具は何がお好みですか。

緑川 チーズです。

広報 美味しいですよ、チーズは。イランでは、何を食べましたか。

緑川 フライドチキンとか、お魚とか、マトンとかですね。

広報 デザートは甘くなかったですか。

緑川 デザートはなかったですね。りんごとかが、丸ごと一個出てきました。

広報 それでは、広報の鼻が寒くなってきましたので、この辺にします。

緑川 こんなので大丈夫なんですか。

広報 完璧です。

緑川 いいんですかね。

DSC_0591

他の卒業生でも、瀧野川女子学園からカバディの盛んな大正大学に進む人も出てきているようです。

 

昨今、グローバル教育が盛んですが、緑川さんは、意志と実力でクローバルな活動の一歩を踏み出しました。

インタビューをしていて、本人は謙遜していましたが、要所要所でしっかりとした受け答えをしていただけました。

自分を成長させる方法を把握したようですね。

 

ちなみに、ゴルガーンは、カスピ海の近くにあるみたいですね。

果てしないですね。

 

関連記事

【クラブ紹介】カバディ

カバディ全日本チーム監督インタビュー

ページ
TOP