今日は、12月25日、巷(ちまた)では、キリストの降誕祭、christmasをそこかしこで祝っていることでしょう。
学食でも、ツリーが飾られていました。
DSC_0572
一年でもっとも浮かれたくなる日の双璧は大晦日と並び立ちます。
12月25日が誕生日の人は、それなりにいらっしゃるでしょうが、子供の頃、自分の誕生日にむかって街が華やかになってゆくのは楽しいものでしょう。

12月25日は元日まで、ちょうど一週間となります。元旦とクリスマスは曜日が同じですね。

年末に誕生日があるという事、それは、自分の齢(よわい)としての一年と暦としての一年が自然と重ね合わさり、少しセンチメンタルな気分になります。

年末近くにに誕生日があると、自分の過ごしたその年と、自分の年を重ねるまでの一年が重なって、少し籠り気味に精神をしずませます。その一週間の間に。

そうして大晦日にピークをむかえ、世界が生まれ変わる元日になることで再び活力がみなぎってくるのでしょう。

みなさんは、お正月までの年の瀬をどのように過ごすのでしょうか。

瀧野川女子学園は、12/29から1/3まではお休みいたします。
このブログも次号は年明け、始業式の日になります。
どうぞ、良いお年を迎えますよう。

ページ
TOP