イマージョン教育とはなんでしょうか。

広報としては、瀧野川女子学園のイマージョン教育を紹介せねばなりません。

瀧野川女子学園では、ネイティブの先生が、5人ほどいらっしゃいます。

それは、珍しいことではないのですが、先生方、英会話を教えるだけではありません。

先生方は、イギリスやアメリカ出身ですが、それぞれがご専門をお持ちになられているので、英会話の時間だけではなく、他の授業に参加したり、部活の顧問をなさったりしています。

また、英語で、英文法を教えたりしているらしいです。

イマージョン教育については、

ネイティブの先生による理科実験

で一部を紹介しました。

次の写真は、美術の時間です。

イマージョン教育

美術の先生は、一目瞭然ですが、生徒の席に、アッシュ先生が座っています。

なんと、一緒に授業を受けているのです。

アッシュ先生は、みんなと一緒に絵を書いています。

そうして、隣の人に「今、先生なんて言ったの?」と聞きます。

そうすると、生徒の人が「ええとね、ここら辺の影を濃くした方がいいって」と英語で答える、という、通常と逆の会話のパターンを行うわけです。

美術の先生はあえて英語を使わないので、生徒が、アッシュ先生に説明してあげるわけです。

 

 

次の映像をご覧ください。エレーナ先生が、ナレーションをしています。

 

本学WEBサイトの「国際教育」ページからもご覧いただけます。

エレーナ先生は、歌も歌います。真ん中です。

ギターミュージッククラブ

次の写真は、ギターミュージッククラブの風景です。

ギターミュージッククラブ

ジュリアン先生は、プロのミュージシャンなので、むしろ、ギターを教えます。

作曲もしますよ。

ケイトリン先生もギターを習って、歌っています。

ケイトリン先生は、音楽の授業に参加したり、英語で物語を作る部活を行ったりしています。

 

そして、ジョシュ先生です。

英語でクッキング

バスケットボール部のコーチでですが、クッキングもできます。とにかく優しいです。

 

瀧野川女子学園では、英語であろうと、国語と同じように、自分の言葉で世界を表現してゆく、これを目指しています。

この陽気な人たちとともに。

ネイティブ教員

 

 

関連記事

【教員紹介その1】数学科:八幡先生を紹介します。
【教員紹介その2】日経ムックにネイティブ教員が紹介されています。

【教員紹介その4】華道・岡崎先生

【教員紹介その5】岩城先生

【教員紹介】国語科・石原先生

ページ
TOP