朝に歩む露地に差す軒の影も気づけば長くなり、繁盛した緑の草叢(くさむら)にも芒(すすき)が見え始めてきました。

今日は、立秋、秋が立つと書いて立秋ですね。

野分の寄り来る頃でもあります。

本日、四国をかすめて、紀伊半島に上陸しそうな台風が接近しています。

油断はなりません。

広報も、今日は疾(と)く帰宅しようと思います。

 

さて、制服紹介その1で、二日に渡って制服を紹介すると言いましたが、今日も紹介します。

今日は、何を紹介するのかと言いますと、ここはやはり、実際に制服を着て生活を送っている生徒の人たちの声を紹介します。

>>ウエストが高くて足が長く見える。

写真は、ボレロ着用時です。確かに足が長く見えます。

制服

>>動きやすい。

ストレッチ素材です。

制服

>>袖にリボン(ラインの刺繍)が付いている所

制服

綺麗な青です。紺碧みたいな色ですね。

スカートにもあります。

制服

>>少し夏暑い。

はい。暑いと思います。

>>青いラインと白いリボンが好き。

青と白。清楚なイメージの組み合わせです。広報も、青いズボンに、白いシャツでイメージアップしましょうか。

>>黒色が好き。黒は他にない。他は、チェックや紺が多い。

確かに、女子で黒い制服って覚えがありませんね。

>>夏冬デザイン同じで、統一感がある。

>>黒い感じが統一感があ。スタイルが統一されている感じ。

人格形成期に、統一感は重要です。

>>シルエットが、かっこよく見える。

シルエットを考えに考え抜いたそうです。

>>女の子っぽくて、清楚で品がある。

品性は大事です。デコレーションでなく、シルエットで清楚に見せています。

>>ラインとスカートが細くて、襟が丸襟な所。

シャープなだけじゃありません。

>>襟に校章が入っている。

これですね。

制服

>>校章が好き。

制服

形も色もかわいいですね。

>>先輩が着ているのを見て、一目惚れしました。

受験生からの話で、「京浜東北線で可愛い制服を見て、グーグルで検索したら、瀧野川女子学園でした」
というものがありました。

どのように、検索したのでしょうか。
「京浜東北線 制服 かわいい」とかでしょうか。

>>形が見たことがない。

ないですね。セーラーブラウスにジャンパースカートですから。
広報も、業界のアンケートで、瀧野川女子学園の制服のパターンを聞かれるのですが、カテゴリーにありません。
ブレザーでもセーラー服でもないので、「その他」に丸をつけています。
ジャンパースカートも今は珍しくなりました。大正時代からほとんど変わらなかった跡見もブレザーにしてしまいましたし。

>>ワンピースが黒に統一されているところ。

黒のワンピースって、かっこいいんですよね。
ゴールドが合います。

>>スカートの丈が他とは違う。他はスカート短めでダボっとして着ている感じだけど、きっちりしていて品がある。

足が長く見えるという話も同じですが、他校の制服を着ている人と並んで立つと、一目瞭然だと思います。

>>
膝丈で可愛らしくてきっちりしている。

制服

そういうわけで、女子からの感想でした。

冬には、コートもありますが、本学のコート、校章が入っていません。

卒業してからも、着られるようにとのことです。

制服コート

制服のリーフレットを作りましょうか。ボソッ。

8月に。

暑いので、何事も手数を少なく行きたいものです。
手数を少なくすべしは、なにも茶道ばかりではありません。

制服紹介その1

制服紹介その2

制服紹介その4

ページ
TOP