瀧野川女子学園では、iPad Proを生徒全員に配布し、Apple pencilと手書きアプリによって、アナログとデジタル、双方のメリットを融合させた学習を行なっています。

生徒の書いた答やアイデアが、教員や生徒同士で共有でき、今では、漫然と問題を解くだけではなく、自分が発表するところまで意識をもって問題を解くようになっています。

 

そうした瀧野川女子学園の ICT活用レポートが、各校のICT活用事例を紹介している業界サイトに掲載されました。

実際に、生徒のiPadの画面や教員とのやりとり、また、動画でも授業風景を紹介しています。

レポートはこちら

ICT活用レポート

 

関連記事

動画で学ぶ国語解法-反転授業-

【教員紹介その5】岩城先生

【教員紹介その1】数学科:八幡先生を紹介します。

ページ
TOP