まず、こちらをご覧ください。

生徒募集

 

※画像は復元したものです。また、旧漢字を新漢字に変えています。

これは、昭和初期、約90年前の瀧野川女子学園の生徒募集広告です。

キャッチコピーがいかしていますね。

「手取早く役立つ婦人の養成」ときました。

ストレートすぎます。

現代語に翻訳すると、「自らを律しつつ、世界に貢献できる女性の育成」です。

それにしても、昔から広告を出していたんですね。

願書の締め切りが、三月末です。

「明日から来てね」のノリでしょうか。

と思いきや、昭和7年には、生徒の増加で校舎を増築したそうです。

当時の瀧野川女子学園は、東京府で唯一の文部大臣認可の修養年限3年の実業学校であったため、昭和7年の新入生は、二倍以上の応募者から210名を選ぶという盛況で、東京府の私学の記録を破ったそうです。

そのための増築ですね。

 

これってあれですよね。

大正時代からの女性が職業につき始めた流れで、今で言うところの「なりたい職業」みたいなものが女性たちに意識され始めた時代にあって、その意識に応えたいとの思いがあったのでしょうね。

当時の登校風景です。

登校

ハイカラさんが通っていますね。

当時は、和装、洋装、生徒たちの服装は様々でした。

服装

 

瀧野川女子学園は、広告も直球勝負な気がしますが、時代は下って、まだ、学校説明会が珍しかった時代、他の学校は営業している時代に、当時の校長先生が中学校に出向いて、「学校に来て」、と言ってしまったらしいです。

それが、現在の学校説明会や体験入学のはしりでしょうか。

現代の入試要項はこちら。

中高一貫コースは、こちら
高校コースは、こちら

今の候は、涼風至(すづかぜいたる)と言うそうです。

すずやかな風が吹き始める頃ということですが、ライトノベルの主人公のようです。

さて、学食が休みなので、スーパーの惣菜などでお昼を済ましている広報です。

おばんざいとか食べたいですね。

がんもとか、長芋とか、茄子とか使った、何かしら、良い塩梅の料理をいただきたいものです。豆腐とか。

今日も、お暑うございました。

今年一番の気温になったようです。

摂氏37度ですか。

数字で計らずとも、陽炎が立つようでした。

写真は、雨になる前の校庭です。

写真の左側に入道雲が立ち上っていました。

屋上校庭

 

あと、1日で夏休み…。

今朝、起き出してみたら、まだ灰色の雲が次々と流れていました。

こういう日は、どこに行けばいいんでしょうか。

思いつかなかったので、とりあえず、風に吹かれながら学校に来ました。

風に吹かれたい時もないことはないのですが、限度というものがあります。

屋上校庭

写真は、今日、お昼過ぎの屋上校庭からの眺めです。

これほどの高密度の青を見たのは、どれくらい前でしょうか。

果てなき透明の光と、流れてゆく白が、いつまでも綺麗です。

朝に歩む露地に差す軒の影も気づけば長くなり、繁盛した緑の草叢(くさむら)にも芒(すすき)が見え始めてきました。

今日は、立秋、秋が立つと書いて立秋ですね。

野分の寄り来る頃でもあります。

本日、四国をかすめて、紀伊半島に上陸しそうな台風が接近しています。

油断はなりません。

広報も、今日は疾(と)く帰宅しようと思います。

 

さて、制服紹介その1で、二日に渡って制服を紹介すると言いましたが、今日も紹介します。

今日は、何を紹介するのかと言いますと、ここはやはり、実際に制服を着て生活を送っている生徒の人たちの声を紹介します。

>>ウエストが高くて足が長く見える。

写真は、ボレロ着用時です。確かに足が長く見えます。

制服

>>動きやすい。

ストレッチ素材です。

制服

>>袖にリボン(ラインの刺繍)が付いている所

制服

綺麗な青です。紺碧みたいな色ですね。

スカートにもあります。

制服

>>少し夏暑い。

はい。暑いと思います。

>>青いラインと白いリボンが好き。

青と白。清楚なイメージの組み合わせです。広報も、青いズボンに、白いシャツでイメージアップしましょうか。

>>黒色が好き。黒は他にない。他は、チェックや紺が多い。

確かに、女子で黒い制服って覚えがありませんね。

>>夏冬デザイン同じで、統一感がある。

>>黒い感じが統一感があ。スタイルが統一されている感じ。

人格形成期に、統一感は重要です。

>>シルエットが、かっこよく見える。

シルエットを考えに考え抜いたそうです。

>>女の子っぽくて、清楚で品がある。

品性は大事です。デコレーションでなく、シルエットで清楚に見せています。

>>ラインとスカートが細くて、襟が丸襟な所。

シャープなだけじゃありません。

>>襟に校章が入っている。

これですね。

制服

>>校章が好き。

制服

形も色もかわいいですね。

>>先輩が着ているのを見て、一目惚れしました。

受験生からの話で、「京浜東北線で可愛い制服を見て、グーグルで検索したら、瀧野川女子学園でした」
というものがありました。

どのように、検索したのでしょうか。
「京浜東北線 制服 かわいい」とかでしょうか。

>>形が見たことがない。

ないですね。セーラーブラウスにジャンパースカートですから。
広報も、業界のアンケートで、瀧野川女子学園の制服のパターンを聞かれるのですが、カテゴリーにありません。
ブレザーでもセーラー服でもないので、「その他」に丸をつけています。
ジャンパースカートも今は珍しくなりました。大正時代からほとんど変わらなかった跡見もブレザーにしてしまいましたし。

>>ワンピースが黒に統一されているところ。

黒のワンピースって、かっこいいんですよね。
ゴールドが合います。

>>スカートの丈が他とは違う。他はスカート短めでダボっとして着ている感じだけど、きっちりしていて品がある。

足が長く見えるという話も同じですが、他校の制服を着ている人と並んで立つと、一目瞭然だと思います。

>>
膝丈で可愛らしくてきっちりしている。

制服

そういうわけで、女子からの感想でした。

冬には、コートもありますが、本学のコート、校章が入っていません。

卒業してからも、着られるようにとのことです。

制服コート

制服のリーフレットを作りましょうか。ボソッ。

8月に。

暑いので、何事も手数を少なく行きたいものです。
手数を少なくすべしは、なにも茶道ばかりではありません。

制服紹介その1

制服紹介その2

制服紹介その4

瀧野川女子学園のWEBサイトの今年度の更新が済みました。

いろいろと、今年度用に変えてあります。

入試要項なども発表しています。

ミッションクリアしたところで、空に秋の気配を感じる前には何をしましょうか。

お盆までに、リーフレットとチラシ、ノベルティグッズ製作、ICT業界から依頼されている、ICT利用の記事を書かねばなりません。

立ち止まりたくなる時もあります。

 

さて、昨日は、制服というよりも、むしろウサギさんの紹介になってしまいました。

今日は、制服の機能について紹介します。

箇条書きでいいですかね。

  • 織物に極薄低屈折率皮膜を均一かつ強固に分子結合。均一でナチュラルな風合いと表面感、耐久性に優れた深く濃く吸い込まれるようなブラック素材を使用。
  • 塩素を使わないエコロジー素材。
  • 大気圧プラズマ加工で、自然でしなやかな風合い。
  • ウォッシャブルウール素材を使用しているため、ご家庭の洗濯機で丸洗いが可能(ドライコース)。
  • 形態安定肩パットを使用しているため型崩れの心配が無く、丈夫で長持ち。
  • ストレッチ機能でいつも快適。
  • 銀イオンの優れた抗菌効果が、様々な細菌の増殖抑制し、防臭効果と静電気の発生を抑え、まとわりつきや埃の付着を防ぐ。
  • プラズマ加工による最新技術で同じ黒でも特に深い黒を実現し、いつまでも綺麗な黒色を維持する新しい黒色です。

動きやすいというのは聞きます。

走ってもらいました。

制服

※クリックでgif動画が再生されます。

 

続いて、ブラウスです。

こちらも箇条書きでいいですかね。

  • セラミック入りの素材で、安心の透け防止加工です(半袖)。
  • 光の遮蔽率が高くも、紫外線カット効果が期待できます。お肌に優しい五島列島の椿花エキスを加工することで、繊維上の抗菌効果と、抗酸化効果が期待できます(長袖)。
  • ナノテク技術により襟周りや袖口などについて汚れも落ちやすく、汚れの付着を防ぎます。
  • ポリエステル高混率で、形態安定性に富み、洗濯後の型崩れを防ぎます。

制服

袖から指を入れてみて、透けないか、試していますね。

あまり透けないみたいでした。

スタイルが、伝統的な形式を用いたモダンデザインでありながら、そのスタイルを支える機能は最新技術を駆使しているという、制服にふさわしいコンビネーションですね。

ところで、日本では、なんで女の子がセーラー服を着ているのでしょうか。

制服紹介その1

制服紹介その3

制服紹介その4

一昨日、本学美術部の生徒が「第67回学展」にて、入賞を果たしたことをお伝えしましたが、今日は、授賞式や展示の模様のレポートをお伝えします。
学展は毎年夏に開催され、全国の作品が集まる規模の大きい公募展です。
そして、美術部が毎年一番初めに参加する公募展でもあります。

thumb_IMG_5016_1024-トリミング

今回の学展の内訳です。
総出展作品数…1548点
入賞…60点
賞候補入選…247点
入選…774点

今回、瀧野川女子学園のの美術部の結果です。

入賞…1点
賞候補入選…2点
入選…5点

入賞については、瀧野川女子学園の美術部では3年ぶりの入賞となりました。

それでは、作品を紹介いたします。

入賞

高2「One scene」
thumb_IMG_5031_1024-トリミング

賞候補入選

高2「怒」
thumb_IMG_1862_1024-トリミング

高1「思い出の場所」
thumb_IMG_5046_1024-トリミング

入選

高2「靴」
thumb_IMG_5033_1024-トリミング

高2「しあわせ」
thumb_IMG_5040_1024-トリミング

高2「もりもり」
thumb_IMG_5036_1024-トリミング

高1「楽しい時間」
thumb_IMG_5044_1024-トリミング

高1「過去」
thumb_IMG_1877_1024-トリミング

続いて、作品の制作風景です。

作業風景-トリミング

学展を終えて、生徒の感想です。

高1
私は1年生で、初めて公募展に絵を出品しました。
大きいキャンバスにいざ描いてみると思った以上に大変でしたが、先生や先輩からのアドバイスを受け、様々な技術を新しく学ぶことができました。
そして、描いてる時は楽しくて時間が過ぎるのはあっという間でした。
この経験を活かし、今後もっと良い作品が描けるようにがんばります!

高2
今回は同級生が入賞を受賞!!
賞状を受け取っている同級生の姿にドキドキしながらシャッターを切りました。
今回の学展を踏まえて、技術を高めながら、自分らしさも大切にし、今後の作品に活かしていきます!
そして、来年は最後の学展参加となるので私も壇上に立てるように頑張ります。

作品は8月1日(火)~8月4日(金)まで、北千住のシアター1010にて展示されました。

美術部員が、他の展示を見ています。
thumb_IMG_5052_1024-トリミング

thumb_IMG_1889_1024-トリミング

学展では入賞以上の賞をとると直接表彰されます。
せっかくの部員の晴れ舞台なので、全員で参加しました。

学展の表彰式を見るのは在校生全員初めてだったので、とても新鮮でした、とのことです。
表彰された部員は壇上に上がり堂々と賞状を受け取っていました。

学展

表彰式のあとは、審査員の方に絵を講評して頂きました。

thumb_IMG_5115_1024-トリミング

れもんらいふの千原さんから、講評を受ける入賞者です。

そういうわけで、学展の報告でした。

入賞者の作品は、引き続き、新宿クリエイターズフェスタ・学展アート&デザインコンクールにて、8月10日(木)~8月15日展示されました。

 

【クラブ紹介】美術部水族館

今日は、涼しく、過ごしやすい気候でしたが、いまだ「大暑の候」でありまして、各地で、夏祭りが行われていますね。

今週は、東北のねぶた祭があります。

一度くらいは、見に行きたいものです。

広報の近所も、昨日あたりは、出どころのわからない祭で大人も中学生もはしゃいでいました。

 

さて、それはさておき、先日の体験入学会にお越しになった方から、「合同説明会で瀧野川女子学園の制服を見て、娘が『あの制服着てみたい』と言って」という話を伺いました。

というわけでして、今日は、瀧野川女子学園の制服について紹介しようと思います。

可愛いという話は、よく聞きます。

ミニ制服

可愛いですね。

ミニチュア制服は、事務局窓口にあります。

学校見学にお越しになった方が、触れてみたり、写真に撮ったりします。

このミニチュア制服ですが、本物の制服の素材と同じもので作ってあります。

瀧野川女子学園の制服を作っている会社が、作ってくれました。

手前に座っているウサギも作ってくれたのですが、このウサギがつけているリボンは本物です。

このウサギ、実は、背中にファスナーがついていて、バッグになるんですよ。

合同説明会の時は、制服が出張なので、お留守番です。

ウサギ

これって、制服紹介になっているのでしょうか。

制服紹介その2

制服紹介その3

制服紹介その4

瀧野川女子学園では、受験生向けオープンスクールの一環として、デッサン教室を開催しています。

今年度は、5回開催されますが、すでに2回行われました。

今回は、7月25日に行われた第2回の模様をお伝えします。

テーマは「自画像」です。
IMG_4220-トリミング

デッサンに入る前に先生が様々な画家の自画像を紹介しました。
ゴッホ、レンブラント、ヤンセン、エゴンシーレなどの自画像を見ていくうち、皆それぞれどんな自画像を描こうかと想像を膨らました。

IMG_4237-トリミング

IMG_4239-トリミング

鏡をじっくり見て描き進めて行く受講生です。
迷いながらも先生からアドバイスを受けて、自画像を完成させました。

IMG_4253-トリミング

最初に見た画家の絵のように受講生一人一人に描き方の特徴があって、どの自画像を見ても受講生の誰が描いたかわかります。

見慣れている自分の顔でも改めて見ると不思議なものです。

在校生も、完成した自画像たちに見入ってしまいました。
次回のデッサン教室は、9月2日の「人物デッサン」です。

右の近日開催のイベント情報から、ご覧いただけます。→

 

美術部の活動はこちら

瀧野川女子学園では、受験生向けオープンスクールの一環として、デッサン教室を開催しています。

今年度は、5回開催されますが、すでに2回行われました。

今回は、6月17日に行われた第1回の模様をお伝えします。
まずはカッターで鉛筆を削ることから始まります。

道具を道具として成り立たせるわけです。

IMG_4182-トリミング

テーマは「幾何石膏」だそうです。
立方体、三角錐、円柱、球体をモチーフ台に配置し、それぞれ好きなポジションを選んだら、デッサン開始となります。

IMG_4187-トリミング

IMG_4185-トリミング

先生からアドバイスを受けたりしながら書き進めていきました。
自分の作品に行き詰まったら、周りの人の作品を見てまわったりできるのも、デッサン教室ならではの醍醐味です。
時間はあっという間に過ぎ、デッサン終了後は全員の作品を並べ、簡単な講評会を行いました。
今回のデッサン教室を通して、物の形の基本を改めて見つめ直すことができ、瀧野川女子学園の在校生にとっても良い機会となったそうです。

広報も、高校の頃は、デッサンが得意でした。

理系でしだか、調子に乗って多摩美大の二部の芸術学科などを受験しようとしたものです。

理屈をやる学科ですね。

 

美術部の活動はこちら

第67回(2017年)「学展」に、本学の美術部の生徒が入賞しました。

同じく絵画の高校部にて、賞候補入選 2点と、入選 5点が選ばれました。

いずれも美術部の生徒です。

作品や受賞者など、詳しい事柄は、また後日お伝えいたします。

 

入賞は、60点しか選ばれないそうです。

学展webサイトへのリンクです。

http://gakutenjapan.com/apply.php

2017年8月1日(火)– 4日(金)まで、

シアター1010(東京都足立区 千住3-92 千住ミルディスⅠ番館10F)にて、展示されるそうです。

審査員に、れもんらいふの千原さんがいますね。

その目にかなったということでしょうか。

やりますね。

ページ
TOP