ごきげんよう。

今日は、技術の「出前授業」ということで、関東電気保安協会の方にお越しいただき、電気の基礎知識と安全について講義していただきました。

DSC_0075_3

実際に分電盤を持ち込んでの解説です。

「みなさん、お家の分電盤の位置を知っていますか」との質問には、ほとんどの人が手をあげていました。

漏電した場合の対処法です。

DSC_0079

  1. 分電盤の小さいスイッチを一度全部切る
  2. 切ったブレーカーを一つずつ入れる
  3. 次々とスイッチを入れて、切れたら、そこが漏電している
  4. その部屋のコンセントを抜く

DSC_0081-2

次にショートの実験です。

DSC_0083_1

スイッチは、生徒の人がいれました。

線が蒸発するほどの電流が流れました。

 

こちらは、過電流の実験です。

DSC_0087

 

 

コンセントを抜き差しするときに、コードを引っ張ると、中の電線が切れて、過電流が起きる場合があるそうです。

 

電気安全五つのチェックポイント

  1. 器具を濡らさない
  2. アース(接地線)の取り付け
  3. コードヤプラグは丁寧に扱う
  4. タコ足配線はやめましょう
  5. コンセントやプラグは時々点検しましょう

 

協会の方には、「みなさん、お行儀が良いですね」と言われました。

本日は、普段はなかなか調べづらいことを実験も通してわかりやすくレクチャーしていただき、ありがとうございました。

雨上がりの空は、いつ見ても素敵です。

DSC_0065_1

今の時期は、光が強く、青の密度が高く心遙かになります。

青春は、遙かさと切なさですよね。

 

さて、広報の今日のお昼は、たぬきつねうどんです。

DSC_0068

  • たぬきつねうどん
  • ブロッコリーサラダ
  • ポテトサラダ
  • コーンスープ
  • すいか

セットで400円です。

たぬきつねは、いつ食べても美味しい。

美味しいというよりも、うまい。

うどんは宮内庁御用達です。

 

そして、すいかです。

すいか。スイカ。西瓜。watermelon。W.M.

DSC_0069_1

スイカは、井戸水で冷やして、縁側で風鈴の下ですよね。

校舎に縁側つけちゃいましょうか。

広報費で。

 

前回は、かた焼きそば、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

今日は、雨が降ったり、意外と止んだり。

DSC_0050

 

さて、広報の今日のお昼は日替わりメニューの一つ、かた焼きそばです。

DSC_0051

  • かた焼きそば
  • ブロッコリーサラダ
  • 鯛っぽいマリネ
  • メロン
  • 野菜スープ

セットで400円です。

DSC_0053

お酢をたっぷり、カラシをひと添え。

疲れも抜けます。

メロンを食べたのは今シーズン最初かもしれません。

前回は、カレー、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

華道部が作品を持ってきてくれました。

DSC_0056

DSC_0054

自然と笑顔になりますね。

マザーテレサも「笑ってあげて。笑いたくなくても笑うのです。笑顔は人間に必要」と言っています。

とにかく、「笑っておけ」というノリも必要です。この仕事。

===========================================================

雑学雑談コーナー

 

マザーテレサの言葉

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になります。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になります。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になります。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になります。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になります。

*****

呪いの原因は自己暗示に他ならないということは、民俗学でも言われていますね。

日々、自分との戦いです。これ。

現在、3時半です。

DSC_0185

広報が起きたのは、2時半です。

眠ったのは2時です。

雨は上がり、星が出ています。

DSC_0183

生徒の人たちのより良い記念写真のために、朝4時のおはらい町を走り抜けます。

DSC_0191

疾走します。

DSC_0192

朝、5時の開門とともに鳥居を潜ります。

昨日の最高気温が19度で今朝の最低気温が17度です。

DSC_0196

雨は上がりましたが、橋は濡れ、五十鈴川は轟々と音を立てて流れています。

DSC_0205

山々は霧に包まれています。

DSC_0209

雨上がりの朝の清々しい空気に神域は包まれています。

雲が山の稜線を越え、通り過ぎてゆきます。

清々しく、また遙かな心持ちになります。

DSC_0222-2

昨日の夜よりも水量は増えていました。

DSC_0211

まだ、森の中は暗いですね。

広報「今鳴いているこの鳥はなんですかね」

カメラマン「鶴」

広報「鶴?」

DSC_0218

玉砂利を踏みしめるごとに心が清らかになる仕組みです。

幻のように。

DSC_0227

板垣で隠された内宮本殿の向こうから日が昇り、神域を新たにします。

DSC_0238

この丸い植物は何でしょう。

DSC_0232

本殿には黎明の光が差しています。

DSC_0240

雨が上がり、一層清々しい空気に包まれた荒祭宮です。

DSC_0244

人の魂に、和やかさと荒々しさが備わるように、神様にもその性質に別の側面があります。

橋を渡ると、

DSC_0251

風日祈宮(かざひのみのみや)が鎮座まします。

DSC_0252

根が一緒になった杉です。

DSC_0253

橋には鳥居があり、ここが境にあることを示しています。

DSC_0254

また幻が。

DSC_0256

まだ6時前ですが、明るくなってきました。

DSC_0257

榊(さかき)、境の木。

DSC_0262

紙垂(しで)を透いて、一日の始まりを告げる光が上がります。

DSC_0260

饗膳所は「きょうぜんしょ」と、読みます。

DSC_0263

本来、祭りに参加した人が、食事をするところです。

それを直会(なおらい)と称します。

神人共食の思想です。

神社に行ったら帰らねばなりません。もとの世界に。

DSC_0266

宇治橋まで戻りました。

DSC_0271

当初、今日は雨の予報でしたが、良い天気になりそうです。

DSC_0272

猫は早起きですね。

DSC_0276

双子でしょうか。

枯れ葉の落ちるマンホールもお伊勢参りがモチーフです。

DSC_0278

朝日が眩しい中、旅館に戻ります。

DSC_0279

旅館の松も、昨日の大雨で松ぼっくりを落としていました。

DSC_0282

旅館の前は、海です。

DSC_0283

「海だあ」と叫びたくなります。

旅館で服が売っています。

DSC_0285

安いです。

部屋は、オーシャンビューですよ。

DSC_0287

朝ごはんです。

DSC_0296

30分しか眠っていないわりに、美味しく平らげました。

DSC_0288

建物は、明治時代のものだそうです。

DSC_0295

朝食の後、再び神宮へ参ります。

DSC_0298

快晴で、暑いくらいです。

数百年後に巨木になる可能性。

DSC_0300-2

Wifiが繋がるらしいです。

DSC_0301

昔から売られている薬です。

DSC_0304

風は残っていますが、昨日とは打って変わって初夏の空がひろがっています。

DSC_0305

DSC_0310

DSC_0313

DSC_0311

DSC_0312

出ました、赤福。本店です。

DSC_0314

パッケージングにこだわったお土産屋さん。

DSC_0315

店内の電燈ですが、この傘は売り物ではなさそうでした。

DSC_0316

出しもパーケージが今風です。

DSC_0319

暑いので、サイダーで一服。

DSC_0323

はい、松阪牛。

DSC_0324

お昼に生徒の人たちが到着しました。

DSC_0331

皆のお昼は、名物の手こね寿司と伊勢うどんです。

二見浦に到着し、散策です。

DSC_0333

美しい空と海に歩みも軽くなります。

元気に記念写真です。

DSC_0342

神社まで参拝です。

DSC_0336

赤福氷をいただきます。

DSC_0345

こちらは、稲をつけたお米のお土産です。

DSC_0344_1

宿まで戻ります。

DSC_0350

お土産屋さんの前を通ると、「修学旅行」という感じがします。

生徒の人たちが宿で休んだり、夕ご飯を食べたりしている間に、広報は、外宮に参ります。明日のために。

DSC_0353

比較的遅い時間ですので、人は見かけません。

DSC_0354

外宮にも鳥居に榊が結いつけてあります。

DSC_0355

本殿に近づきます。

DSC_0356

お供え物を作る建物です。

DSC_0357

本殿を囲む板垣に榊がつけられています。

DSC_0371

式年遷宮の古社殿の跡です。

DSC_0376

外宮正殿前です。

DSC_0366

ここまでは撮影可だそうです。

次第にくれなずむ時に神さびた雰囲気が増してゆきます。

DSC_0361

神は遍在するというところから感謝の念が生まれたのが、日本の思想でした。

DSC_0373

別宮の風宮、土宮、多賀宮が鎮座しています。

DSC_0379

DSC_0383

日が暮れ、人の時間から神の時間に移ろってゆきます。

DSC_0375

少し離れたところに鎮座まします、月読宮です。

DSC_0390

生徒の人たちは明日、参拝します。

この日の晩御飯は、外でいただきました。

DSC_0394

明日は、外宮の参拝です。

====================

伊勢歴史旅行0日目はこちら。

伊勢歴史旅行2日目はこちら。

伊勢歴史旅行3日目はこちら。

少しずつ移ろう日々を過ごすうちに、いつの間にか立夏になっていました。

風もすっかり初夏になりました。

DSC_0046_2

 

さて、広報の今日のお昼はカレーです。

DSC_0048_2

  • カレー
  • ブロッコリーサラダ
  • ナタデココ
  • ライ麦パン

今日は、ライ麦パンをつけてみました。

DSC_0047_

どことなく夏のパンという感じがします。ライ麦パン。

DSC_0049

 

前回は、和食プレート、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

 

昨日は、東京国際フォーラムで合同説明会がありました。

DSC_0001_3

瀧野川女子学園のブースにもたくさんの受験生に来ていただいて、ICTや国際教育、クラブ活動などについて、熱心な質問がありました。

DSC_0002_1

と、いうわけでして、伊勢歴史旅行に行って来ました。

朝の9時に東京駅を出発です。

DSC_0001

野を越え山越え…

DSC_0004

名古屋に到着です。

DSC_0006

ここからは近鉄の特急に乗ります。

DSC_0007

切符です。

DSC_0009

雨が降って来ました。

DSC_0010

伊勢市駅に到着です。

DSC_0016

すでに赤福の広告が。

DSC_0015

雨の強まる中、旅館に到着です。

DSC_0018

タクシーの運転手さんの話。

「前は、端に戦国時代村ちゅうのがあって、もう50年ばかり前ですかね。」

「それから代替わりして、安土桃山文化村ちゅうのができたんですよ、最近。」

そんな話をしながら着きました。

DSC_0030

番頭犬のポンちゃんです。

DSC_0034

古い街道沿いにあります。

DSC_0036

お昼は旅館近くの食堂に入りました。

この段階で、京都に大雨警報が出ています。

DSC_0041

手こね寿司と伊勢うどん。伊勢の定番です。

何頼んでもついてきます、この辺。

あいかわらず濃いつゆ。

あつあつをいただきます。

DSC_0044

続いて、宇治山田駅へ。

DSC_0052-2

沢村栄治生誕の地らしいです。

DSC_0047

「ぱん」じゅうです。

パン生地の饅頭でしょうか。

DSC_0050

宇治山田駅を見学します。

DSC_0056

コンビニでも赤福が積まれています。

DSC_0058

コンビニの向こうには真珠のお店が。

DSC_0059

しばし、喫茶店で待ちます。

伊勢名物の真珠のカルシウム入りのマドレーヌ。

外側が香ばしくなっています。

DSC_0062

おかげ横町へ到着。

DSC_0065

人がいません。

大雨警報が出ているようです。

雨粒が石畳を打ちつけます。

DSC_0066

撮影ははかどります。

DSC_0072

カッパと長靴が必要な展開になって参りました。

DSC_0070

おかげ横丁を抜けて内宮に参ります。

DSC_0075

雨にけぶる宇治橋を渡ります。

DSC_0077

木除け杭です。流木を防ぐためのものです。

DSC_0080

灯火が水に濡れた石畳に反映しています。

DSC_0085

鳥居の脇に「下乗」と立て札が立つのは、ここで車を降りねばならぬことを示しています。

DSC_0089

雨に濡れる欄干。緑の色が濃くなります。

DSC_0091

高い脚が宇治橋を支えます。

雨蛙が盛んに鳴いています。

DSC_0093

宇治橋を渡って右へ向かいます。

DSC_0095

ここは、その昔、街道だったそうです。

DSC_0102

人のおらぬ参道の玉砂利に鳩が降り立っています。

DSC_0097

雨にけぶる山々を見て、まっすぐの参道を進みます。

DSC_0100

鳥居をくぐってまた鳥居が。

DSC_0103

松や杉に埋もれる屋敷があります。

DSC_0105

手水舎。

DSC_0107

降りしきる雨に人のおらぬ境内に、柄杓が水面に揺らめきます。

DSC_0111

境内にも流れがあり、橋がかかります。

DSC_0117

神宮の鳥居には、榊の枝がくくりつけてあります。

DSC_0119

雨で水かさが増し、流れが早まる五十鈴川。

轟々と流れています。

DSC_0122

日が暮れ始め、灯篭が目に立つようになって来ました。

神様のいそうな雰囲気です。

DSC_0123

お札やお守りの授与所。

DSC_0127

神の居所を示します。

DSC_0129

社はいくつもあります。

写真に白い線が入っているのは、雨だれです。

DSC_0130

樹齢数百年の杉です。

DSC_0133

外幣殿などがあります。

DSC_0141

おそらく内宮の裏。

DSC_0142

一度下ると、

DSC_0144

荒祭宮が鎮座まします。

DSC_0145

社の前に佇(たたずむ)むと降りしきる雨の音ばかりが聞こえ、空間が濃密になってゆきます。

DSC_0146

階段を杉の木が抜きます。

DSC_0152

DSC_0153

杉や榊に埋もれます。雨の音より他聞こえません。

DSC_0157

振り返れば神宮の山々も雨にけぶっています。

DSC_0165

松ぼっくりが一つ、雨に転がります。

DSC_0166

再び宇治橋を渡ります。

DSC_0167

昼から夜に移ろう黄昏時、これよりお参りする人もいません。

DSC_0170

夜、旅館に戻ります。

DSC_0173

伊勢の旅路にふさわしい旅館です。

もともとは、大名の本陣で、280年ほど前からこの地にあるそうです。

部屋に入りました。

DSC_0175

こじんまりとした部屋だな、と思いきや、

DSC_0174

立派なお部屋をいただきました。

明日は、生徒の人たちが到着します。

====================

伊勢歴史旅行1日目はこちら。

伊勢歴史旅行2日目はこちら。

伊勢歴史旅行3日目はこちら。

ごきげんよう。

本日、体験入学がありました。

プロコーチに教えてもらえるテニスレッスン、日本の美を体験できる華道や茶道、英語を使ったカフェなど様々な講座が開かれました。

その中でも広報はフルーツタルトレットを作ろう、を見学して来ました。

タルトは、生地から作ります。

DSC_0003_1

 

カスタードも手作りです。

 

DSC_0013

 

盛り付けもセンスがでますね。

DSC_0025ろ1

 

広報も試食をいただきました。

DSC_0038

 

生地やカスタードがとても美味しかったです。

 

次回の体験入学は、7/28(土) 9:00〜を予定しています。

近くなりましたら詳細をお伝えします。

今日は金曜日ですか。

今日も暑いくらいですね。

…はっ。明日、体験入学じゃないですか。

〜女子校の魅力って?〜と、題しまして、フルーツタルト作りや英語でゲームをしながら楽しくおしゃべりをするカフェとか、ダンス系のものもあります。

ぜひお越しください。

20180423200610_5_19

5/20(日)に東京国際フォーラムで行われる、Discover私立一貫教育東京私立中学合同相談会にも参加します。

ホール E、10:00~16:00です。

お越しになる方は、本学のブースにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

さて、広報の今日のお昼は和食プレートです。

DSC_0718_1

  • 鱈の粕漬け
  • 天ぷら
  • 根菜サラダ
  • たけのこの煮物
  • ブロッコリーサラダ
  • さつまいものムース
  • コーンスープ

セットで400円です。

学食のたけのこは、柔らかくて美味しいんですよ。

 

前回は、カレー、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

 

 

おとといから、夕ご飯は果物オンリーの習慣が続いている広報です。

今日、学食で1人で食べていたら、いつの間にか眠ってしまい、気がついたら口に食べ物が入っていたのでびっくりしました。

今日あたりは、宵に川辺を散歩すると、良い気分になれそうですね。

 

さて、今日の広報のお昼はカレーです。

 

 

DSC_0717

 

  • カレー
  • トマトサラダ
  • ブロッコリーサラダ
  • ブルーベリーヨーグルト
  • 豚汁

セットで400円です。

カレー、久しぶりに食べました。

少し食欲がなかったのですが、学食のカレーは食べやすいですね。

人参も美味しい。

今日は汁物が豚汁でした。これは珍しい。

椎茸なども入っていて、具沢山でした。

 

前回は、和食プレート、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

 

そういえば、伊勢歴史旅行から帰ってきました。

DSC_0716

みんな、元気に無事到着しました。

広報も心が洗われて帰ってきました。

 

…え、これでおしまいにするつもりじゃないよね。

ページ
TOP