ごきげんよう。

瀧野川女子学園は、本日創立記念日で、お休みさせていただきます。

瀧野川女子学園は、大正15年の今日、「女性が望むような人生を手に入れることのできる学校を作りたい」との思いを込め、創立されました。

創立者の山口さとるは、教員出身で5人の子育て中だった37歳の主婦でしたが、思いを実現するために、自宅の2階を開放して学校を作ったのです。

その理念を踏襲しつつ、時代にふさわしい女性をこれからも育て続けます。

DSC_0404

今日は、夕方前になって、ようやく晴れてきました。

DSC_0395-2

気温も上がり、暖かくなってきました。

雨上がりの空の色と、洗われた雲に心が浮き立ちます。

 

さて、広報の今日のお昼は和食プレートです。

DSC_0381

  • 鱈の粕漬け
  • 根菜サラダ
  • ナス・ごぼう・アスパラの天ぷら
  • 蓮根と里芋の煮物
  • 大根おろし
  • ブルーベリーヨーグルト
  • コーンスープ

セットで400円です。

大根おろしたっぷりで胃に優しい。

 

前回は、和食プレート、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

 

そういえば、広報、日曜から伊勢神宮に行ってきます。

何をしに行くんですかね。

禊ですか。

今日は寒いくらいでしたが、お昼過ぎには雨は上がりました。

DSC_0890_1

さて、今日の広報のお昼は和食プレートです。

DSC_0891

  • 鱈の粕漬け
  • 根菜サラダ
  • 天ぷら
  • 煮物
  • トマトサラダ
  • ヨーグルト
  • なめこと豆腐、ネギの味噌汁

セットで400円です。

学食のセットは、お腹ペコペコから30分後にはお腹いっぱいになります。

 

前回は、ソースカツ丼、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

 

そういえば、先日、東京ステーションギャラリーで開催された建築家の隈研吾さんの『くまのもの』展に行ってきました。

DSC_0705

隈研吾さんは、自然の素材をどのように生かすか、その土地でどのような建築に生かすか、そのようなテーマで活動されているようです。

DSC_0710

DSC_0713

DSC_0719_1

こちらは、使わなくなったLANケーブルです。

DSC_0806_1

ガラスの照明です。

DSC_0826

 

建築はもともとその土地にある自然物を加工して作り始めたものですが、隈研吾さんは、木や石、さらには紙やガラス、コンクリートに至るまで現代の技術でどのようなものが可能なのか、常にチャレンジしている感じに見受けられます。

もうすぐスポーツフェスティバルです。

先日、練習風景を見学してきました。

演舞は楽しみですね。

DSC_0667

 

さて、広報の今日のお昼はソースカツ丼です。

DSC_0885_1

  • ソースカツ丼
  • ブロッコリーサラダ
  • トマトサラダ
  • ブルーベリーヨーグルト
  • えのきと油揚げの味噌汁

セットで400円です。

ソースカツ丼は、福井辺りの名物ですかね。

アスパラがアクセントです。

 

前回は、マグロメンチカツ、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

 

 

そうそう、カフェに新メニューです。

まっ茶クリームフラッぺ、これからの季節に美味しそうです。

DSC_0887

食べないと。

ゴールデンウィークがあけました。

皆様は、いかがお過ごしでしたでしょうか。

広報は4日で60時間寝ました。

 

さて、広報の今日のお昼はマグロメンチカツです。

DSC_0881

  • マグロメンチカツ
  • 里芋と蓮根の煮物
  • 鯵のマリネ
  • ポテトサラダ
  • 野菜がたくさん入った味噌汁

セットで400円です。

洋食プレートを頼もうと思ったら、すんでのところで売り切れてしまいました。

マグロメンチの添え物は、いつものキャベツではありません。

少し豪華に見えます。

さらに、いつものソースではなく、スイートチリソースをかけてしまいました。

DSC_0884

最近、和食プレートとマグロメンチカツのローテーションです。

 

前回は、和食プレート、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

 

ところで、バラ園のバラが咲き誇りました。

DSC_0874

DSC_0870

DSC_0869

DSC_0868

DSC_0863_1

わかりづらいのですが、グラデーションに植えているんですよ。

DSC_0862

手前から奥、下の写真ですと、左から右に濃くなっていきます。

見どころです。

さらに、ところどころ香りの強い品種を入れて、アクセントも効かせています。

DSC_0861

ときに、みなさん、薔薇って漢字で書けますか。

新緑の季節ですが、楓の葉の上に生えている紅色の双葉はなんでしょうか。

DSC_0618-(1)

 

さて、広報の今日のお昼は和食プレートです。

DSC_0854-(1)

  • スケソウダラ粕漬けの焼き物・ししとう添え
  • 根菜サラダ
  • 天ぷら(アスパラ・ナス・ゴボウ)
  • ツナコーン
  • 煮物
  • ブロッコリーサラダ
  • コンソメ野菜スープ

セットで400円です。

和食プーレートばかりやな、キミ。

 

前回は、マグロメンチ、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

 

コールデンウィークですな。

ごきげんよう。

瀧野川女子学園では、今年度よりLanguage Arts(言語技術)の授業を行います。

すべての教科の基礎となる力は、「ことば」を用いる力 です。

与えられた問いを正確に理解するのも、頭の中で考えたり仲間と話し合ったりするのにも、相手に話したり、文章で説明したりするのにも、すべて「ことば」が 用いられます。

 

この授業では、全ての教科において、「身につける、活用する」を目標に書く力と伝える力を鍛えます。

Language-Arts

 

Language Artsは海外では 広く教育で取り入れられており、国内でも徐々に認知 度が高まってきています。教科の枠を超え、すべての思考・理解・表現の基礎となる言語の力を高め、入試はもとより、生涯にわたって役に立つ力を育成していきま す。

 

先日、その第1回目が行われました。

DSC_0542_1

今回のテーマは、

『全体から部分へ』

です。

 

はじめは、国旗説明ゲームです。

出題者がとある国の国旗を見て、それがどのような形や色をしているのか、言葉だけで説明するゲームです。

第一問は、フランスでしたが、

「三等分した縦縞で、左から青、白、赤」などとうまく説明していました。

この時、「ヨーロッパにあって…」などと国のヒントになるような説明してはいけないのです。

DSC_0548

第一問は全員が正解していたようです。

こういうゲームは、説明する方が上手いのか、再現が上手いのか、どちらかになると思います。

 

第一問が終了した時点で、先生から説明がありました。

他人に説明する時のコツ、これが

『全体から部分へ』

ということです。

 

例えば、自分の友だちを誰かに紹介するときに性別から説明しますよね。

いきなり細かいこと、買っている犬がペロとは言いません。

これと同じで、フランスの国旗を説明するときもまず「横長」から説明し、3つの色があるところに行き着くわけです。

 

順番で説明することも大事です。

  • 左から右
  • 上から下
  • 手前から奥
  • 外から中

といった具合に説明をすることが大事ですが、じつはこれ、人の目線の動きと同じです。

デザインはこういった目の動きを元に組むのですが、言葉で説明するときもこれと同じように説明すると理解されやすいと思います。

 

続いて第2問です。

先生から「名物とかヒントは言わない」「あくまでも形そのものだけ」とのルールが改めて示されます。

 

「全体赤で黄色い星があります」

「星が一つ、中くらいの大きさです」

「星は5個のとんがりがあります」

DSC_0554

これは星の大きさの説明がポイントでした。

正解は、「ベトナム」です。

Print

 

バングラデシュの国旗は深緑に赤い丸です。

Print

「背景は、深緑の塗りつぶし」

「こぶし一つ分くらいの赤丸」

「日本と同じ日の丸がある。若干左より」

という説明で、ほとんどは正解していました。

バングラデシュの国旗のポイントは、まずは色ですね。

ただの緑ではなく、深い緑です。色の再現性です。

説明者はこういうところをしっかりと説明できているかがキーとなります。

 

次があります。

DSC_0570

「左側に青い正三角形がある」

「上が白、下が赤の台形」

はい、チェコです。

Print

最後は難しいです。

「上が白、下が赤。白を三等分にして一番下に青い正方形がある。白い星が真ん中」

DSC_0577_1

Print

これで、前半のゲームは終了です。

 

 

このゲームは絵と写真を言葉で説明するのが目標です。

説明者の中には、最後の問題など、「正方形がバンバンバンってあって、左」と、手を使って、空間で説明をしていた人がいましたが、ジェスチャーも禁止です。

逆に言えば、ふだん、いかに他人に説明をするときに言葉以外のもの、ジェスチャーや表情を用いているかということがわかります。

説明の時、当たり前のように使います。

それに意味があってもなくても。

「こんなに大きい」ということもジェスチャーを使います。

それは必要だからです。

表情もそうですね。

また、声の大きさも大事な情報です。

内緒話を大きな声ではしないし、皆に聞いてほしいときには大きな声で話します。

 

さて、後半は「モノ」説明ゲームです。

DSC_0583

改めて先生から、やってはいけないことが伝えられました。

  • 物の名前をいう
  • 何に使うものかを言う
  • ジェスチャーを交える

第一問はゼムクリップです。

DSC_0586

説明者からは、

「長方形で、縦にぐるっと上を丸く」

「階段螺旋状で針金が丸く」

「渦巻きがハッピーターンを描いている」

最後のは、比喩ですよ。

比喩もありです。

むしろ文化的コードが同一ならば通じやすいと思います。

 

次はコップです。

DSC_0588

「高さは高めの植木鉢。下が短い。台形みたい」

「右側に取っ手。中が空いている」

クリップよりも正解率が上がりました。

 

次は中級編。

DSC_0597_1

難しくなるにつれ、説明が人さまざまになっていきます。

「カーリングのこうするもの」とも右の掌を向けて前に出す。

「お花に水をあげる」

「おせんべい。上に梅干し」

カーリングの説明の人はさらに続けます。

「カーリングの上の部分を直径として、平面図形の半円を描く」

注ぎ口を象の鼻になぞらえていたグループがいましたが、上手い例えですね。

 

 

最後はマトリョーシカです。

DSC_0613_1

「大きいひょうたん、きゅんとして。顔がある。柄がある。くぼみが大きくない」

「壺みたいな感じ。左にどんどん大きくなって」

「頭巾を被っている。真ん中、黒い目玉。その下に三角形がある。赤ずきんのようなリボン」

 

ここでも全体から部分でした。

基本は、全体の形→模様→色です。

 

さて、みなさん、いかがだったでしょうか。

いかに言葉だけで伝えることが難しいか、よくわかったのではないでしょうか。

これからこの授業によって、みなさんの伝える技術が徐々に上がっていくといいですね。

 

ところで、Apple pencilってこういう風に差して充電するんですね。

DSC_0581

しかし、複数グループの間に立ち、同時に3人が別々に話すのを聞いているという、結構ハードな取材になりました。

5月ですね。

みどりかがやく頃です。

DSC_0352

さて、広報の今日のお昼はマグロメンチです。

DSC_0701_1

  • マグロメンチ
  • ポテトサラダ
  • ブロッコリーサラダ
  • 里芋と蓮根の煮物
  • しめじと白菜の味噌汁

セットで400円です。

ポテトサラダにはすりおろし人参をかけて、さっぱりいただきました。

煮物は、味かしっかりしていて、柔らかく煮込まれています。

ブロッコリーは玉子とマヨネーズの相性が良いですね。

そして、マグロメンチは、お肉よりもしつこくなく、魚特有の臭みもありません。

どうも冷静に見ると、飲み屋のメニューとも言えなくもありません。

 

前回は、和食プレート、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

ごきげんよう。

高2生向け進路講演会が行われました。

DSC_0680

今回は、〜手に触れられる新しい『価値』を創り出す〜と題しまして、東京工業大学教授の齋藤滋規教授にご講演をお願いしました。

齋藤教授は、本学園の特別講師もなさっています。

シリコンバレー流の創造性教育に精通しており、大学でも、『エンジニアリングデザインプロジェクト』を推進し、人々が欲しがっているのだけれど、まだ世の中に出ていない価値のあるものを創り出すプロジェクトを行なっています。

そこでキーとなるのがデザイン思考なのですが、今回は、東工大でのデザイン思考を使ってのデザインプロジェクトに実例紹介をしていただきました。

手間賃仕事ではなく、「へー、これ使えるな」と思わせる新しい価値を生み出すには、どうすれば良いのか。

 

まず、『Dance with ambiguity』と言う言葉が紹介されました。

あいまいさと踊れ、ですね。

物を作ること、アイデアを出すこと、クリエイティブなことは、それを本格的に行なった人でないと、無駄や矛盾で拒否反応が出てしまいます。

一般の人は『効率』でものを考えがちですからね。

作っている本人は真剣に”あいまいさと踊って”いるのですが、普通の人から見ると、なんのメリットもないようなことをしているように見えてしまうのです。

DSC_0684_1

『エンジニアリングデザインプロジェクト』の紹介です。

このブロジェクトは理系の学生でなく、美大生や企業で仕事をしている人たちが交ざってチームを組みます。

違うジャンル、違うポジションの人がチームを組むから新しい価値を創り出せるのです。

DSC_0686

実例がムービーで紹介されました。

遊んでいる風にしか見えない授業中の風景です。

DSC_0688

「物だけ作るとユーザーは離れる、そのものを手にしたらその人の生活がどう変わるか、ストーリーを作る」のだそうです。

新しい価値をつくる、それがデザイン思考なのです。

DSC_0695

キーポイントとして、

「ちゃんと共感から始めよう」

「自分は一旦封印」

「インタビューするときは、答えを聞くのではなく、反応を見る」

などがあげられました。

DSC_0696

そのほかにも、「相手が首をかしげるのはどこのポイントだろう」
「(インタビュー時における)いいね!は、情報量ゼロ」

「ザワザワ感を特定する」

「解決の方向性が決まることでアイデアが出る」

などと面白味のある言葉がありました。

 

公演後は生徒からも積極的な質問がありました。

DSC_0700

 

最後に、

「楽しんでやってください」

「これでいいのかな、と思っても最後まで一通りプロセスを回してみてください」

「半年でアイデアが大きく変わるのは3回くらいはある。多いところは10回変わりました。しかも最も良かったのはその10回変わったチームでした」

など、仕事にも参考になるような言葉で、講演会は終了しました。

 

瀧野川女子学園では、独自の創造性教育を通して、これからの世の中で求められてる創造性と起業家精神を養います。

瀧野川女子学園の薔薇園の薔薇が咲き始めました。

DSC_0622_2

意外とバラバラに咲きますねと、校長先生に話したら、笑われたので何かと思ったら、ダジャレになっていたのでした。

DSC_0620

夜、結構ロマンチックになりますよ。

 

さて、広報の今日のお昼は和食プレートです。

DSC_0617_1

  • スケソウダラ粕漬けの焼き物・ししとう添え
  • 根菜サラダ
  • 天ぷら(アスパラ・ナス・ゴボウ)
  • フルーツ
  • 煮卵
  • ブロッコリーサラダ
  • コーンスープ

セットで400円です。

1日の栄養をここで。

みたいな感じで食べています。

鱈は、フグなどに比べたら柔らかくはないですが、歯触りがよく、淡白で旨みがあります。

広報の子供の頃、好きな魚といえば鱈と鮭でした。

 

前回は、とり唐、明日は?

【学食メニュー紹介】まとめは、こちら

カフェメニューまとめ

ページ
TOP