一昨日くらいから、台風のバリのような部分が、かすりっぱなしですね。

ちなみに「バリ」というのは、プラモデルの端っこのはみ出した部分ですが、昼間は、いっとき、青い空が見えました。

雲もぽっかり浮かんでいます。

台風の合間

夕方以降、まばらに雨が降ってきましたが、二学期が始まりました。

なんとなく秋の始まりです。

三四郎に、

そのうち秋は高くなる。食欲は進む。

という、文がありました。好きな文です。

さらに、

二十三の青年がとうてい人生に疲れていることができない時節が来た。

と、続きます。

というわけでして、広報としては、学食紹介の再スタートをしなくてはいけません。

和食プレート400円です。

和食プレート

  • ホッケ開き(大根おろし付き)
  • 根菜のサラダ
  • 茄子の田楽
  • ブロッコリーサラダ
  • きのこのガーリック炒め
  • トマトサラダ
  • 油揚げ、ネギ、えのきの味噌汁

味噌汁は、お盆に載せきれませんでした。

和食プレートといっても、一学期の和食プレートと二学期の和食プレートは違うのです。

昨日の景色と今日の景色は違うわけです。

二学期の和食プレートのメインは、ホッケの開きです。

ホッケは美味しいですよね。広報は、白身の魚が好物なので、なおさらです。

焼き魚には、大根おろしは、欠かせません。

さらに、今回は、茄子の田楽です。

ナスはナスでも、京茄子ですよ。

和食プレート

わかりますでしょうか。亀の甲羅のように丸い茄子が横たわっています。

ほんのりと、ゆずが香っていました。

意外な美味しさだったのが、きのこのガーリック炒めです。

塩加減が良く、ガーリックが程よく効いていました。

この小鉢だけで、茶碗一杯くらいのご飯はいけそうでした。

夏に痩せた広報の体重も回復しそうです。

 

【学食メニュー紹介】一学期まとめは、こちら

瀧野川女子学園では、iPad Proを生徒全員に配布し、Apple pencilと手書きアプリによって、アナログとデジタル、双方のメリットを融合させた学習を行なっています。

生徒の書いた答やアイデアが、教員や生徒同士で共有でき、今では、漫然と問題を解くだけではなく、自分が発表するところまで意識をもって問題を解くようになっています。

 

そうした瀧野川女子学園の ICT活用レポートが、各校のICT活用事例を紹介している業界サイトに掲載されました。

実際に、生徒のiPadの画面や教員とのやりとり、また、動画でも授業風景を紹介しています。

レポートはこちら

ICT活用レポート

 

※真面目な文章です。

今日も今日とてお知らせが。

8月14日、府中の森芸術劇場ウィーンホールで第57回東京都高等学校吹奏楽コンクールが行われました。

瀧野川女子学園の吹奏楽部も参加し、c組の部で銀賞を受賞しました。

沢山の応援をいただき感謝です!

すてきなお知らせです。

瀧野川女子学園の書道部在籍の星優菜さんが、第102回書教展において、文部科学大臣賞を受賞しました。

書教展

星優菜さんは、中学三年です。

文部科学大臣賞は、中学生では最高賞とのことです。

せっかくですので、書道部が活動している教室で、インタビューをしてきました。

  書道教室

 書道教室。

 机を寄せ合って、いくつか島ができている。

 部員が10名ほどいる。

 制服の人もいれば、書道部お揃いの黒いTシャツを着ている人もいる。

 書道の井上先生、広報に星さんを紹介する。

広報 ごきげんよう。

星さん(以下、HY) ごきげんよう。

 二人、端の机に向かい合って座る。

広報 受賞おめでとうございます。

HY   ありがとうございます。

広報 では、第102回書教展、文部科学大臣賞を受賞したと言うことで、今の気分はいかがですか。

HY   実は、さっき聞いたばかりんなですよ。まだ、何か、ふわふわしている感じです。

広報 なるほど。

 沈黙。広報、何を言おうが考えている。

 井上先生、見かねたらしく、受賞作品を机に広げてくれる。

書教展

書教展

広報 えっ、こんなに上手なんですか。何をどうやってゆくと、こうなるんですか。

HY   まず、手本とする阿倍仲麻呂の歌を繰り返し読みます。普通の仮名の他に変体仮名も使われているので、変体仮名がまず読めるようにならないといけなくて。

  広報、作品を見る。仮名文字が連綿として繋がっているので、どこまでが文字なのか見分けるのが難しそうである。

HY   4月から基本の仮名遣いを習得しました。

広報 漢字と仮名では、どのような違いが。

HY   墨の量の濃さも違ます。墨の変化が自然に出るかどうかもありますし、太い細いがあるので、その表現がうまくできた時とか、やがて、ぶれなくなって、すっと書けたときが、達成感があります。何文字も自然に続けないといけないので。

 広報、作品の、まっすぐであったり、曲線であったりする仮名の軌迹を眺める。きらめく飾りの入った高野切(こうやぎれ)と相まって、繊細でしなやかな文字に状況を忘れて見入る。

 しばしの間の後、広報、思い出したかのように、顔を上げる。

広報 仮名って、もしかして、漢字より難しくないですか。

HY   漢字を描く時は、大きく堂々と描きますし、仮名は綺麗に流れるように格違いがありますが、そうですね、仮名の方がバランスとか、線の強弱とかありますので、難しいと思います。

広報 やっぱり、小さい頃から書に親しんでいたのですか。

HY   書道を始めたのは、瀧野川女子学園に入ってからです。きっかけは、体験入学です。仮名については、中一から始めて、三年目だから、やってみようかな、と思いました。

広報 三年目ですか。集中して覚えるタイプですか。

HY   一度勉強しようと思ったら、終わるまでやってしまいます。

広報 得意な科目はありますか。

HY   特に。満遍なく好きです。

広報 将来なりたいものはありますか。

HY   税理士です。

広報 驚きました。

井上先生によると、星さんは、こつこつと積み重ねてゆくタイプだそうです。

書道も時間の積み重ねで、綺麗な線が書けたり、しっかりとした撥ねが表現できるそうです。

また、そっくりに書けるとは、その人の技術を身につけられること、ともおっしゃっていました。

星さんの作品は、9/20-26まで、上野の東京都美術館2F第一展示室から第三展示室に展示されました。

書教展

 

 

関連記事

【受賞報告】第102回書教展・二松學舎大学学長賞を受賞しました。

【受賞報告】第15回 和洋女子大学競書大会

制服とは、そもそも何のためにあるのでしょうか。

その学校の生徒だとわかるためでしょうか。

それは他者の観点ですよね。

制服を着るのは、生徒当人です。

生徒当人は、何を思って着るのでしょうか。

自由。誇り。愛らしさ。格調。

内容は、形式に依存します。

制服のスタイルはデザインの問題だけではないのです。

 

と、言うわけでして、伝統美と機能美を併せ持った瀧野川女子学園の制服が、NHKのEテレで紹介される予定です。

世界征服

 

●番組名 世界制服

●放映予定日時 9月11日(月) 23:00-23:29

チャンネルは、NHKのEテレです。

タイトルは世界制服ですから、世界の制服を特集します。

瀧野川女子学園が紹介される回は、世界のスクールユニフォームの回です。

制服は、フランスでは誇り、オーストラリアでは自由の象徴だそうです。

そうしたなか、日本代表の一つとして瀧野川女子学園が紹介されます。

録画をしないと。

 

MCには、乃木坂46西野七瀬さんをお迎えします。

すでに各メディアにリリースされています。

●Real sound 乃木坂46 西野七瀬、“制服”テーマの番組MC抜擢に

http://realsound.jp/2017/08/post-102609.html

●ナタリー 乃木坂46西野七瀬、制服フィーチャーのNHK新番組MCに「ぴったりの番組!」

http://natalie.mu/music/news/246103

●ネイバーまとめ NHK“制服番組”でMC初挑戦…最近の乃木坂46・西野七瀬がやっぱり可愛い!

https://matome.naver.jp/odai/2150371675226043001

●Yahooニュース 制服好き西野七瀬「受付嬢の制服も着たい」民族衣装で初の1人収録は「緊張」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00010000-musicv-ent

●サンスポ 西野七瀬、就いてみたい制服を着る職業は看護師「帽子を被った受付嬢もいい」

http://www.sanspo.com/geino/news/20170825/akb17082514240002-n1.html

●スポニチ 西野七瀬NHK“征服” Eテレ「世界制服」で地上波初単独MC

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/26/kiji/20170825s00041000460000c.html

 

初MCだそうです。

扉を開けたわけですね。

 

撮影風景です。

世界制服

世界制服

シネマ用のカメラだそうで、柔らかい布の質感とかも出せるそうです。

 

番組は、4日に第一回「空を制服」が放映される予定です。

 

 

本学制服紹介はこちら

 

 

言葉というものは、ある言葉を紙の上に置いたら、次に来る言葉は一番目の言葉に制されるものです。

それが、書きながら考えるということの肝要なのですが、ここで、美術部冷蔵庫です。

美術部と冷蔵庫がくっついて、美術部冷蔵庫となるわけです。

美術部も冷蔵庫も、おたかいが繋がるなどとは、思ってもみなかったでしょう。

少し、トギマギしているかもしれません。

位置関係が変わると、突然、ときめくってことがありますよね。

 

というわけで、今日は、美術部の校内展示の紹介をします。

冷蔵庫企画説明文 -トリミング

学食前の廊下に、美術部員の作品が展示してあります。

IMG_4136-縮小

<高2>
牛乳パックやペットボトルなど様々な材質のものがあったので、その違いが分かるように描くのが難しかったです。
配置も生活感が出るように工夫しました。

IMG_4146-縮小

<高1>
近所のスーパーにあった椎茸を描きました。
椎茸の傘が美味しそうに見えるように質感を工夫しました。

IMG_4134-縮小

<高2>
牛肉を近所の商店街で買い、「綺麗に包んでください」と頼んで丁寧に持って帰ってきました。
その後すき焼きにして味わって食べました♡

IMG_4149-縮小

<高1>
大好きなカップアイスを描きました。
多い日には、何個でも食べれちゃう自分です…
1番好きなアイスは……選べません!!!

IMG_4143-縮小

<高2>
つやのある新鮮そうなパプリカを描きました。
パプリカは見るのも食べるのも好きです。

IMG_4141-縮小

<高2>
冷蔵庫を開けた瞬間、私が一番最初に目に入るもの、それはポン酢です。
色々なドレッシングの中でポン酢が好きなのです。

IMG_4138-縮小

<高2>
冷蔵庫に入る食材には、まず買いたくなるような魅力が必要だと思ったのでそれを意識して描きました。

IMG_4151-縮小

<高1>
プリンが食べたかったので描きました。
プリンが美味しそうに見えるように冷蔵庫の中の光に力を入れました。

 

冷蔵庫の中身にあるものは、普通は、アートになり得そうなないのですが、芸術家が意志をもって、「これがアートだ」と示せば、それがアートなのです。

ジャコメッティが、こんなことを言っていますね。

想像力によって生み出すことができるものは限られている。それは自己を越える事ができないし、ますます現実に近づいていくと言うこともできない。想像力によって限定することなく、いっさいの先入観を捨てて見える物を忠実に写そうとする時、対象は思いがけない新しい姿で現れる。こうしてはじめて私は自身を超えて進歩する事ができる。

 

今や家庭において、冷蔵庫は期待と義務の混融(こんゆう)した箱な訳です。

ところで、みなさんの冷蔵庫の中身は、いかがお過ごしでしょうか。

夏休みも終わるところで、いったん、整理整頓したいところではないでしょうか。

 

【クラブ紹介】美術部水族館

美術部運営、TAMENTAIのブログはこちら

※外部サイトです。

初秋の魚で、もてなす時候となりました。

鱧(ハモ)の旬が過ぎれば、鱸(スズキ)ですか。

今からでも遅くはないので、鱧(ハモ)を食べに行きたいものです。

さて、鱸(スズキ)ですが、めでたい魚としても重宝されます。

有名なところでは、平家物語に出てきます。

平清盛が熊野権現にお参りする際に、乗っていた舟に鱸(スズキ)が飛び込んで来たところ、これはめでたいと、食べた話ですね。

その後、清盛公が出世したという流れになります。ストーリー的には。

白い生き物が、吉祥の験(しるし)とされるのは、珍しくはないのですが、どうやって食べたのでしょうか。

薄造りですかね。ポン酢がいいですね、薄造りは。

これがお作りとなると、何と言ってもわさびを添えないといけませんが、平安時代には、醤油がありません。

清盛公も、酢でなますにして、食べたのですかね。ひた喰いに。

 

さて、お魚ということで、今日は、美術部水族館です。

「美術部水族館」という言葉も、広い浮世にはあるわけです。

美術部水族館

写真は、瀧野川女子学園のコンコースに飾られた美術部水族館です。

水族館なので、水族(すいぞく)が漂っています。

水族というと、半魚人を思い浮かべてしまいますが、海の生き物のことです。

美術部水族館には、揺らめく海藻の間に熱帯の魚が泳ぎ、タツノオトシゴやクラゲが浮いています。

タコが腕を曲げ、カニが巻き貝を転がしています。

漢方や珍味になりそうなのが多くいます、美術部水族館。

美術部のプログによると、

「小石や貝殻を入れたり、ブルーのカラーセロハンで光が青くなるように演出したりと、水族館の涼しげな雰囲気を感じて頂けるようにしました」

とのことです。

実際、かなり綺麗なんですよ。

暑さの最中(さなか)に訪れたお客様を涼しくもてなします。

そのうち、イルミネーションなどもやってもらいたいですね。

そういうわけでして、瀧野川女子学園の美術部は、学展で入賞してしまうかと思いきや、パブリックアートにも余念がありません。

場に呼吸をさせる。場に息吹を送るためのアートとして、古い体育倉庫なども蘇らせました。

 

美術部では、在校生だけでなく、卒業生も参加して、TAMENTAIという団体を運営しています。

ネーミングが良いです。TAMENTAI。

TAMENTAIのブログはこちら

※外部サイトです。

 

【クラブ紹介】美術部冷蔵庫

むせぶほどの暑さにうだる八百屋の店先に、今年は、桃が長く出ている気がします。

広報は夏になると、ほぼ毎日桃を食べています。

桃は、何でしょうかね、不思議な味をしていますね。

桃は果物扱いですが、広報にとっては主食扱いです。

桃といえば、桃太郎ですが、桃は、魔除けの力があると信じられて来ました。

スイカ太郎やみかん太郎では、鬼退治は無理なのです。

古代の中国では、女の子が生まれると、庭に桃の木を植えたそうです。

古事記でも、イザナギノミコトが黄泉(よみ)の国から逃げ帰ってくるときに、黄泉の者に向かって、桃を投げつけて撃退しています。

「取在其坂本桃子三箇待擊者、悉逃迯也」の箇所です。

 

というわけで、食べ物の話です。

瀧野川女子学園の生徒(希望者)は、夏休みに入ったところで、オレゴン州のポートランドに語学研修ホームステイに行きました。

ホームステイ

オレゴンから愛です。

2週間ほど行っていたそうですが、「アメリカンホリデーパーティー」をしたそうです。

休日に、教会での礼拝の後、各家庭から料理を持ち寄って、パーティーをする習俗があるのでしょうね。

ホームステイ

ホームステイ

thumb_P7281011_1024

ホームステイ

ホームステイ

パイが美味しそうですね。

パイといえば、赤毛のアンに、レモンパイにさくらんぼのパイが出てきました。ホイップクリーム付きです。

オレゴンの人々も、三角屋根のピクニックバスケットに入れて持ち寄ったのでしょうか。

小さなスプーンおばさんや、くまのプーさんなど、美味しそうなものが出てくるお話を今更ながら読み返したくなります。

 

アンといえば、あたししみじみ生きているのがうれしいわ―世界って、とてもおもしろいところですもの。

という村岡花子さんの訳に感銘を受けたことを思い出します。

It just makes me feel glad to be alive—it’s such an interesting world.

の部分の訳ですが、しみじみ生きている、とは、自分がいることを深く感じて生きる喜びを意識していたい、というようなことでしょうか。

日常に埋もれている小さな花でも、心に染み入るような光を投げかけているわけです。

ホームステイ

 

飲み物は、ここでは、いちご水ということにしておきましょう。

朝まだきのそぞろ歩きで、路地の垣根を越えて青いものがいくつもぶら下がっていると思えば、ほうずきの実でした。

子供の頃は、人蔘色になった袋を吹き鳴らして遊んだものでした。

夏のノスタルジーです。

ベンチ

ハードル

陽炎の揺らめく線路の上を歩きたくなりそうですが、今日は、制服紹介をします。

制服紹介リーフレットができました。

制服

資料請求をしてくださった方や、学内外のイベントで配布する予定です。

資料請求は、下の「資料請求」ボタンからできます。

 

制服は、毎日着るものなので、服としての機能や、制服という記号としての役割だけではなく、楽しさや自由さ、さらには誇りなども感じられたら良いですね。

制服紹介その1

制服紹介その2

制服紹介その3

 

納涼の宴(うたげ)を開きたくなるほどの暑さになりました。

人としての姿くらいは、涼やかにありたいものです。

明治維新が起きなかったら、皆、浴衣で仕事をしていたのでしょうか。

 

さて、三日間に渡り行われました、夏期講習会も今日が最終日です。

モンテーニュが、「暗記しておぼえている事は知っているという事ではない」とエセーで書いていますが、基礎学力においては反復練習も必要です。

まずは、英語の授業です。

英文のクイズに、先生がジェスチャーを交えて解説しています。

英語

国語の授業です。

国語

3日目で早くもディスカッションをしています。

自分の意見を相手に伝える訓練にもなります。

今日は、新皮質と旧皮質の違いが問題に出されていました。

国語の問題に、理系の話が出て来ても、読み解かねばなりません。

 

そして、学食に行って来ました。

デザートは、バイキングになっています。

DSC_1395

DSC_1397

わらび餅

  • かき氷
  • クリーム杏仁
  • わらび餅

綺麗ですね。

みなさん、集中して食べていました。

DSC_1401

今日は、オムライスが人気でした。

今、【学食メニュー紹介】一学期まとめを見たところ、オムライスを食べていないではありませんか。

二学期に入ったら食べないと。

 

夏期講習会レポート初日

夏期講習会レポート2日目

ページ
TOP