本日、秋の体験入学が行われました。

広報も簡単にレポートします。

●チョコレートケーキ作りでハロウィンを楽しもう!

調理室

飾り付けもハロウィンモードです。

調理室

型にケーキの土台を流し込みます。

襞(ひだ)を作るように流し入れることで、ふっくらさせます。

チョコケーキ

焼きあがったものに、チョコレートを塗ります。

チョコケーキ

八等分にして…。

チョコケーキ

分けたら、飾り付です。

チョコケーキ

チョコケーキ

チョコケーキ

チョコケーキ

出来上がりの後は、保護者の方々と共に試食会を開きました。

 

●Original キャラクター作り

DSC_0019

在校生にアドバイスを受けながら進めます。

DSC_0016

完成した後はプリンターで出力します。

DSC_0027

クリアファイルに入れて持ち帰りました。

DSC_0029

●秋のお茶会〜うさぎとともに〜

お茶やお菓子の美味しさもさることながら、礼法も学びます。

美しいですね。

茶道部

●★Let’s Enjoy チアダン★

普段行なっているトレーニングから体験です。

チアダン

チアダン

リズミカルに楽しく練習です。

チアダン

ポンポンを持ってダンスです。

DSC_0046_1

●プロコーチに習おう! テニスレッスン

雨は上がったのですが、今日は体育館で行いました。

空

コーチからは、軟式と硬式の違いについてのアドバイスもありました。

テニス

 

●カバディ Kabaddi かばでぃ

アンクルキャッチの練習です。

顧問の先生からは、「大根を引き抜く感じで」とアドバイスがありました。

カバディ

こちらは手を繋(つな)いでの練習です。

DSC_0036

 

体験コースに先立って、ランチ体験が行われました。

よくありがちな、オープンキャンパス用のメニューではなくて、通常と同じものが選べました。

学食

学食

在校生も共にテーブルを囲みました。

保護者の方や受験生からは、

「食堂の利用は週何回?」

「iPadをどんな風に使っているの」

「髪型が校則でどこまで認められているの」

「クラブはどこが強いの」

などの質問に、在校生ならではの率直な話をしていました。

ちなみに、人気メニューは、

でした。

今日の日替わりは、ネギトロ丼でした。

今回、体験入学のコンセプトはハロウィンでした。

学食の片隅で、かぼちゃも満足げです。

DSC_1009

今日ご参加くださった方、不純な天候にもかかわらず、お越しくださいありがとうございました。

今日は、先生よりも在校生との関わりが多かったと思います。

瀧野川女子学園の在校生には、どのような印象をお持ちになられたでしょうか。

 

ちなみに、広報は、夕方と言っても差し支えないくらいの時間にカレーをいただきました。

カレー

カレー、昨日も食べたんですよね。

今日は、おまけで卵を二個のせてもらえました。

ありがたいです。

 

関連記事

昨夜、ちゃぶ台に置いたPCを開けば、メールに「本日中に失効するポイント4000ポイント分あり」と出ている。
使わないといけない、と思い、ネットを探る。
30分くらいして何も決まらず、4000ポイント分疲れた気がして、外に出たら、雨が降っていました。

昨夜は,生ぬるい雨でしたが、今朝は冷えました。晩秋のようです。

さて、今日の広報のお昼はシェフの気まぐれカレーです。

カレー

  • シェフの気まぐれカレー
  • コーンスープ
  • ブロッコリーサラダ
  • 鯵のマリネ

シェフの気まぐれカレーは、250円です。

お肉も人参も大きくて、美味しいです。

旨みがあります。

大学の学食にありがちな、ウスターソースをかけたらよろしいんじゃないでしょうか、という、油と塩と香辛料をただ混ぜたような味のものとは違います。

マリネは相変わらず良い塩梅ですし、ブロッコリーも美味しかったです。

自分のペースで食べられるって好いですね。

昨日は、サンマの蒲焼き丼。明日は?

【学食メニュー紹介】一学期まとめは、こちら

今日は、打ち合わせとか、学内取材とか、広告関係のデータ作成とか、色々ありました。

明日は、体験入学ですね。

雨かなあ、止むかなあ。

ふと、野口雨情の『あの町この町』が思い浮かびました。
あの町この町
日がくれる日がくれる
お空に夕べの
星が出る星が出る

瀧野川女子学園にはテニス部があり、軟式、硬式、もろともにあります。

コーチに聞くと、中学で硬式テニス部があるのは珍しいそうです。

部員が10人ほどのテニス部の硬式には、コーチが二人付いています。

今日は、テニス歴は17年、コーチ歴は10年以上の井田コーチにインタビューしてきました。

少しロングインタビューです。

井田コーチ

「テニスは、ルールはあるけど、そのルールの中で思い切り遊べ」が口癖の井田コーチです。

テニス部の練習前にコート脇で立ちながら話しました。井田コーチは、高身長ですので、低身長の広報は見上げてインタビューしました。

効率的な体の使い方を教えるようにしています。

広報 最近、テニス部は一段と熱心に活動しているようです。

井田 新人戦があったんですよ。高校一年生の子が、予選の4回戦まで行きました。15日から私学大会が始まります。

広報 それも期待できますね。ところで、中学生も硬式をやっていると聞きました。中学で硬式がある学校は少ないんですか。

井田 あんまりないです。ジュニアでやっている子、クラブに所属している子なんですが、中学に入っても、硬式がないんですよ。

広報 それが、瀧野川女子学園にはある、と。

井田 そういう子の受け皿になりたいですね。実際、今年はジュニアの埼玉県でランカーの子も入ってくれましたし。

広報 教えるのも楽しみですね。コーチは、都心の名門クラブでもコーチをなさっていると聞きました。

井田 ハイ。とても都心のJテニスクラブで入っています。マンツーマンもやっていますね。

広報 ハイソサエティーじゃないですか。

井田 あとは、個人契約ですね。プロを目指している子とか、学生とか。

広報 実際の部活では、打ち合う練習以外にどんなことをしているんですか。

井田 まず、活動は月水金土日、4-5日くらいです。

テニス部

ナイター設備もあるコート

広報 トレーニングとしては。

井田 コート上で速く走る練習をします。短いダッシュをトレーニングupに取り入れています。あとはコート上でジャンプとかですか。

広報 ストレッチとかもやるんですよね。

井田 動的ストレッチはします。可動域を広げるストレッチですが、やるのはむしろ練習後ですね。練習前に柔軟するとパフォーマンス落ちるからやらないんですよ。はじめは、5分ランニングです。

広報 それから、ラケットを持った練習になりますか。

井田 効率的な体の使い方を教えるようにしています。無駄な動きを減らすように。

広報 体に対して、無駄な負担を少なくして。

井田 やっぱり成長期の中学高校生なので。

広報 日々のトレーニングは、重要ですよね。

井田 月曜日は、二時間トレーニングにあてます。体幹トレーニングですね。

広報 テニスは、腕の力よりも足腰を使うと聞きました。

井田 サーブとなると、腕の力より足の力が伝わっているんですよ。7割くらいですね。

(ここで、もう一人のコーチが生徒とラリーを始める)

運動神経がいい人は体と脳のつながりがいい人だと思います。

広報 皆、よくあの速さのボールを目で追えますよね。

井田 目のトレーニングもしますよ。

広報 へえ。やっぱり目を動かすんですか。

井田 どこにどういう風に目を動かすかです。目も筋肉なんで。

広報 昔、西武の秋山が動体視力のトレーニングしているのを見たことがあります。

井田 プロスポーツ選手は、皆やっていますよ。あとはメンタルトレーニングも。

広報 え、メンタルトレーニングなんて、やっているんですか。やっぱり、調子のいい自分をイメージするとかですか。

井田 まずは、その前の段階でイメージするトレーニングを自分ができるようになるのが手始めです。

広報 たとえば。

井田 目を閉じてボールを赤色に変えましょう、とかですね。

テニスボール

(広報、頭の中で、目の前の黄色いボールを赤にしてみる)

広報 ううん、できているような、できていないような。

井田 そこから始めて、ゆくゆくは、調子のいい自分をイメージするところまで行きます。

広報 段階があるんですね。

井田 苦手なメンタルを見つけるトレーニングもしますよ。どういうプレッシャーに弱いか、集中すべき時に何か他のこと考えちゃうとか。

広報 集中力upですね。

井田 たとえば、1-50の数をばらばらにして20秒で順番に丸をつけてゆくとか。20秒以内で平均より下だったら、トレーニング増やすみたいなこともやったり、次は30秒にしてみたりとか。

広報 認知科学のデータ採集みたいですね。

井田 実際、コーチがデータを採って試しています。みんなに合ったトレーニングは何かな、プロがやっているトレーニングを噛み砕いてやるように心がけています。

広報 頭も体も鍛えているんですね。

井田 運動神経がいい人は体と脳のつながりがいい人だと思いますし。意識してやっています。

井田コーチ

ルールはあるけれど、無限大、アイデアが大事なスポーツだと思います。

広報 自分で練習からして試行錯誤するようになりますか。

井田 練習も取っ払ったメニューを意識して、決めるところは決めてそこから自由という感じです。

広報 選択肢をあげて自由、みたいな。

井田 そうですね。一緒に考える時間も取るようにしています。

広報 よく、コーチと選手が話しているのを見かけます。

井田 練習と練習の合間の会話も大事にしています。戦術の確認につながるということもありますが、周りから見るとかなり自由に見えると思います。休憩長いんで。

広報 休憩はどれくらいしているんですか。

井田 1回10分。休んで話しますね。僕も監督ではないので、コーチも選手と同じ目線にある方がいい。ただ教えるんじゃなくて、ティーチングとコーチングの違いは意識しています。

広報 コーチとと選手の考える時間が長いということですね。

井田 今の所、中高合わせて、10人ほどなのですが、少数精鋭だからこそ教えられる方法でやっています。選手とコーチとが打つ時間が長いのが特徴です。

広報 では、まとめとして、テニスの醍醐味を。

井田 アイデアと発想が大事。うちの学校と同じですね。ルールはあるけれど、無限大、アイデアが大事なスポーツだと思います。

広報 最後に、受験生にメッセージをお願いします。

井田 遊び心が大事、まずは楽しくテニスしてもらえればいいかなと思っています。では、練習入ります。

広報 本日は、ありがとうございました。

(井田コーチ、跳ねるようにしてコートに入る)

中学硬式テニス

 

取材時は、校庭でテニス部のインタビューをしていたのですが、上着が必要でした。

DSC_0770

DSC_0784

インタビュー後も残って、練習の模様を撮影しました。

広報の使っているカメラは、ズーム機能がないので近づくしかありません。

ラリー中に、ネット脇でうずくまりながらの取材はスリルがありました。

ごきげんよう。

今日は、体育館で、中学1年生と高校1年生が普通救命救急講習を受講しました。

普通救命救急講習

北区の行政から専門家をお呼びし、細かなところまで教えていただけました。

普通救命救急講習 普通救命救急講習

AEDなども使い方を教えていただきました。

普通救命救急講習 普通救命救急講習

 

みなさん、マスターできましたでしょうか。

なぜ、こういうことを知っておく必要があるのか、それも含めて。

空に走った飛行機雲の、きれぎれに横たわるのを見上げて、おぼつかない光の朝まだき、道端の野菊に舞う蝶の川べりに向かえば、川の流れは秋の気に漲(みなぎ)り、春の小川を鼻歌で、行く水遠く梅にほふ里から月やなお霧りわたる夜に残るらむと、春から秋に季節を変え、今日も来ました広報です。

皿

今日の広報のお昼は、サンマの蒲焼き丼です。

サンマの蒲焼き丼

  • サンマの蒲焼き丼
  • 白菜と油揚げ、葱の味噌汁

お味噌汁は,具沢山で美味しかった。

小鉢が見当たらないのは,単品にしたからです。

ご飯もセルフ大盛りをしませんでした。

学食メニュー紹介から解放され、好きに食べられるようになりました。

黙っていましたが、実は、広報は少食なのです。

味噌汁とどんぶり飯。

なんて、解放的なご飯なのでしょう。

学食では、お花畑が眼前に浮かんでくるようでした。

 

 

先ほど国語科の石原先生から、

石原先生

「食事のメニューがどうも繰り返しっぽいので、疲れて頭が働いていないのかな、大丈夫かな」

と、心配されてしまいましたが、好調に転じました。

春から秋に転ずるかのように。

 

昨日は、かた焼きそば。明日は?

【学食メニュー紹介】一学期まとめは、こちら

10月14日の土曜日に、秋の体験入学会を行いました。

コースは7コースありますが、今日は、そのうちの一つ、T-Labo〜理科実験教室〜の予告編です。

実験、実験ですよ。

先生が本番の練習をなさるということでして、実験室に行ってきました。

理科の先生たちが勢揃い、理科担当オールスターズで実験です。
普段ありえない編成です。
ハロウィンも近いですし。

先生に聞いたところ、カルメ焼きを作るのだそうです。

カルメ焼き。

お祭りの屋台などでよくあるものですね。

カルメ焼き

緑色をしています。

広報の知っているカルメ焼きとは、若干違っていました。

ファンタジックな秘薬にしか見えません。

グツグツしていますし。

この、謎の緑色をした砂糖的な何かは、よくお祭りで色のついた綿飴がありますよね。

あれの原料です。

この砂糖と水をカルメ皿に七分目入れるそうです。

 

理科主任の早川先生(物理)が、カルメ皿を手に、かき混ぜています。

早川先生

早川先生(物理)は、理科の先生なのですが、土井勝クラスの貫禄があります。

続いて、杉川先生(化学)も混ぜ始めます。

DSC_0850

かき混ぜているのは、割り箸で温度計を挟んだものです。

温度計は200度まで計れるので、溶かしながら温度も計れます。

中迫先生(生物)も、実験です。

中迫先生

大きな泡が出てきて、温度としては105度まで上がった段階で、重曹を入れます。

重曹

小俣先生(化学)が、今門先生(化学)のカルメ皿に重曹を入れます。

先生

薬さじの小さい方で、小豆ほどの量を入れます。
重曹を入れた後にかき混ぜすぎると、二酸化炭素が出て行ってしまって、膨らまないそうです。

おおよそ5回くらい混ぜるそうですが、今回の場合、不純物があるらしく、うまく膨らみませんでした。

こういうところからして、すでに実験です。

続いて、本番で使う予定のザラメを用います。

カルメ焼き

はい、カルメ焼きの出来上がりです。

カルメ焼き

二酸化炭素が発生しすぎて膨らみすぎたようです。

あつあつでした。

カルメ焼きは、実際、化学の授業、「分解」でも行なっています。

 

さて、今回のT-Labo〜理科実験教室〜では、お土産があります。

ガラス管にビーズを入れ、両端を閉じ、マドラーを作るそうです。

山田先生(生物)が、小俣先生(化学)にコツをアドバイスしています。

ガラス管

バーナーで炙った後、先端を自分に向けた時に、筋が見えるくらいが閉じている証しだそうです。

小俣先生

ビーズなしバージョンです。

ガラス管

最後に、準備室での今門先生です。

今門先生

今門先生(化学)は、茶道部の顧問もなさっています。
剣道もなさるそうですが、今門先生が理科の先生であることを、広報は今日知りました。

 

今日の空は、朝からずっと雲のベールに覆われていますね。

昨日、学食でマグロメンチカツをいただきまして、その前もまた、マグロメンチカツをいただきました。

同じ物を続けて食べて、ブログに出す。

これって、ダウトであることに気がつきました。夜に。

昨日は思わず午前二時過ぎまで眠られずに、アメリカ50州の歌を歌っていたくらいです。

と、いうわけでして、48回まで続けた学食メニュー紹介も、昨日で終了することになりました。

今日から、タイトルを変えなくては済まないので、『今日の学食もしくは広報』にしました。

学食と広報が半々くらいですが、「生きることは、また食べること」なので、タイトルもこれで差し支えはありませんよね?

というわけで、改めまして今日の広報のお昼です。

かた焼きそば

  • かた焼きそば
  • なめこ、油揚げ、ネギの味噌汁
  • ブルーベリーヨーグルト
  • コーヒーゼリー
  • 杏仁豆腐

日替わりセットですが、400円です。

かた焼きそばの上には、八宝菜的なあんかけがかかり、栄養も味も良い具合です。

麺は細麺でしたが、この場合、太麺の方が好みです。

写真で見る通り、タイトルが変わった途端に、お盆は正方形になり、箸がうっすら皿の隙間から垣間見え、サラダのオンパレードから抜け出しました。

デザート三品です。

今日は、お味噌汁が美味しかった。

 

昨日は、抹茶フロート。明日は?

【学食メニュー紹介】一学期まとめは、こちら

このパターンは続けます。

それにしても、自分の昨日食べたものが、すぐわかるのは何か不思議な体験です。

過ぎ去った過去なのに。

今朝は雲の一点もない、さやかな空に、昨日の月が空の端に薄く残るのを見かけました。

梢を揺らす風は秋の風ですが、乾いた暑さになりました。

昨日まで、三連休の方も多かったのではないでしょうか。

お出かけになった方、休んでいた方、森の木陰で休んでいた方、いろいろといらっしゃるのではないでしょうか。

広報は、何をしていたのでしょうか。

昨日は、シェイクスピアの戯曲を読んでいましたが、その前となると、もう、思い出すのに一仕事ですね。

というわけで、広報の今日のお昼は、マグロメンチカツです。

マグロメンチカツ

  • マグロメンチカツ
  • トマトサラダ
  • コールスロー
  • 杏仁豆腐
  • コンソメスープ

いつもながらのセットで400円です。

今日はサラダのオンパレードになりませんでした。

阻止したのは,杏仁豆腐です。

杏仁豆腐

夏みかんがのっていて、かわいらしいですね。

サラダは、いつものトマトサラダに加えて、コールスローです。

コールスロー

キャベツのほか、エビやイカ、アサリが入っています。

広報は、コールスローが好物です。

 

さて、マグロメンチカツの写真の前に『というわけで』と書きました。

何が、『というわけで』なのかと言いますと、学食メニュー紹介 その47もマグロメンチカツでした。

お分かりですね。

前回は、マグロメンチカツ。明日は?

となるわけです。

記憶の働きを見る限り、ある種の限界を超えていたらしいのですね。

限界など、超えるものではありませんが、ある種のものなら構わないかもしれません。

今、思い出しましたが、土日は、16時間ずつ眠っていました。

脳を回復させていたようです。

【学食メニュー紹介】一学期まとめは、こちら

 

カフェタイムは、チョコレートフレンチトーストです。

フレンチトースト

コーヒーフロートとセットで、午後のひととき、メルヘンに浸(ひた)れます。

こうなってくると、BGMはフレンチポップよりも、アメリカのポップ・ミュージックの方が気分かもしれません。

マドンナのマテリアルガールとか。

フレンチトースト

しかし、スプーンとフォークの置き方が箸ですね。

日々、夜早めに帰ろうとしている広報ですが、その分、早く来なくてはなりません。
一本でも早めの電車に乗るべく、家を出て、駅まで歩く道のりも、インコース、インコースを取っています。
どちらかというと、アウトコース、アウトコースを取る方が得意なのですが。
慣例の外ということで、例外であり、慣習の隙を突くのが数寄なわけです。

さて、今日の広報のお昼は、マグロメンチカツです。

マグロメンチカツ

  • マグロメンチカツ
  • トマトサラダ
  • ミニトマトとブロッコリーのサラダ
  • さつまいもサラダ
  • 白菜と、油揚げのサラダ

セットで400円です。

マグロメンチカツは、飽きません。健康にも良さそうです。

さつまいもサラダは、最近、残って入れば食べます。美味しいです。

というわけで、マグロメンチカツも先日紹介しましたので、今日もカフェメニューを紹介します。

フラッペ

  • フラッペ 200円

フラッペは、いちご、マンゴーと、それぞれのミックスとありまして、広報はミックスを食べました。

今日はお寒うございましたが、味は美味しかったです。

昨日は、カプチーノ。明日は?

【学食メニュー紹介】一学期まとめは、こちら

 

雨が、ざんざん降っていますね。

 

禅宗とともに日本に入って来た喫茶の風習ですが、茶をたて、のむという日常の振る舞いが、茶の文化を発展させ、中世以来、人々が集い、寄り合う場としての茶室が成立しました。

瀧野川女子学園にも茶室はあり、礼法の授業で、所作から覚える嗜(たしな)みと、ハレの空間における非日常の心情を覚えてゆくわけです。

今日は、茶道の部活を紹介します。
部活では、江戸千家の東京不白会副会長の方が教えてくれます。

和室には、お茶をたてる道具があります。

茶道

 

中学生の部員に、お茶を立ててもらいました。

釜から湯をとります。

茶道部

茶筅(ちゃせん)で茶をたてます。

茶道

所作の美を感じます。

結構なお点前でした。

DSC_1616

『真の茶美は、完全と不完全との何れにも止まるものではない。二相に囚(とらわ)れぬ自由の美を、私は数寄の美と呼ぶのである』と、柳宗悦は言うものの、瀧野川女子学園の茶道部は楽しく礼法の世界に遊んでいる感じでした。

ときには,近くにある古河庭園の茶室で、茶をたてることもあるそうです。

 

ページ
TOP