ごきげんよう。6月21日に合唱コンクールが行われました。この日に向け、クラスで一生懸命練習を重ねてきました。最初は心を一つにできず、ハーモニーを奏でることができずに苦労することがありました。しかし、毎日練習をするうちに、クラスが一丸になっていき、綺麗な歌声を出せるようになっていきました。

本番では、緊張しながらも、のびのびと歌うことができました。中学生はとても可愛らしく歌い上げました。高校3年生は、3年間で培われたクラスの絆と、本番での圧倒的な強さを見せてくれました。どのクラスも素晴らしい合唱を聞かせてくれました。

合唱は、一人一人の歌の上手さだけでなく、クラスが心を一つになることで、素敵なハーモニーを奏でることができ、人を感動させることができます。どのクラスも精一杯努力し、みんなで作り上げた軌跡が見えました。素晴らしい合唱コンクールでした。

先日、日本テレビ ZIP!が取材に来ました。

中高生の勉強道具についてインタビューをしていました。

荷物の意外な多さや、文房具のこだわりに興味津々でした。

テレビ取材

6月23日、6:19くらいに、今年上半期のヒット商品のコーナーにおいて、薄いノートの紹介に関連して放映されました。

登校前に見た人もいるのではないでしょうか。

瀧野川女子学園は、学食のメニューが充実しています。

先日は、取材が入りました。料理長が食堂にかける思いを語っています。

学食取材

映像の完成は、3週間後だそうです。

楽しみです。

それまで、広報の昼後ご飯などをUPして行きたいと思います。

今日は、洋食プレート。

洋食プレート

  • エビフライ
  • 焼きカレー
  • カプレーゼ風サラダ
  • トマトサラダ
  • 豚キムチ
  • 杏仁豆腐
  • えのきと油揚げの味噌汁
  • ご飯

小鉢は3品選べて、これで400円です。

お盆に乗り切らないほどです。

今日の中では、広報は、とくに杏仁豆腐が好きです。

カプレーゼ

写真は、カプレーゼ風サラダ。ジェノバソースがきいています。

瀧野川女子学園の学食は、直営なので、生徒のみなさんの健康とお財布に優しくしています。

 

ごきげんよう。
瀧野川女子学園では、通常の授業の他に、創造性教育を行なっています。
学年ごとにテーマを設け、徹底してテーマを追求します。
その中で、「自由にものを考えてていいんだ」との気づきを体験し、思いを伝えることの喜びを知ります。
続いて、実際の社会で、自分たちの考えた物事がいかに形になり、ものとなって人々に届くのかを試みつつ、最終的には高校2年の事業化実習の集大成が待っています。
最終的には、自分たちの成果を「創造性発表会」として毎年3月に発表します。
これは、全校生徒、保護者、またマスコミなどの前で発表するものです。
その模様は取材され、動画となって公開されています。
右側、学校動画の創造性教育発表会(2016年度)です。
ぜひご覧ください。

瀧野川女子学園では、心も頭も柔軟で、吸収力に富んだ中高生のこの時期に、独自設置科目である中高5カ年に渡る「創造性教育」と中学の「情報」を中心に全科目が連携して、まだこの世に存在しない革新的な物を生み出すためのデザイン思考や、プログラミング、ロボットデザイン、事業化実習などをプロジェクト型アクティブラーニングで体験的に学んでいきます。

毎年、3月には、当該年度の成果として、創造性発表会が行われています。

今回、首都圏学校情報検索サイトスクールポットに掲載されました。

https://www.schoolnetwork.jp/jhs/shingaku_tsushin/tsushin-201706/school-3.php?sn=1706

今年度も創造性教育を推し進めています。
その都度成果は、発表していきたいと思っています。

ごきげんよう。
瀧野川女子学園は、北区役所と協力し、駅前の美化活動に励んでいます。今回は、上中里駅前の花壇の植え替えと、痴漢防止のチラシ配りをしました。

上中里の駅前の花壇は、長年、瀧野川女子学園で管理をしています。年に2回程度お花の植え替えをしたり、週に1〜2回程度水やりをしています。季節ごとにお花を変え、駅前が華やかになります。花壇の植え替えをしている時に、通行人の方に「ありがとう」と言っていただき、とても嬉しい気持ちになりました。

 

また、滝野川警察の方と協力し、痴漢防止のチラシ配りをしました。最初は恥ずかしがっていた生徒たちも、少しずつ大きな声で呼びかけをすることができました。

瀧野川女子学園は、積極的に地域の方々と協力し、ボランティア活動を行なっていきます。

ごきげんよう!
6月10日に行われた『第37回高校生英語弁論大会東京都予選』に、高校2年生が参加しました。20名の参加者が熱い弁論を英語で繰り広げました。

本校の生徒のテーマは”Poverty”。

難しい問題に、自分の意見を入れながら堂々と弁論しました。「準備ではALTの先生方に指導していただき、楽しく取り組むことができた。会場で他校の生徒の発表を聞いて刺激を受けられたことがとても嬉しい。」と、賞をいただくことはできませんでしたが、十分な達成感を得られたようでした。
この経験を次に生かしていきましょう!

31 / 33« 先頭...1020...2930313233

ページ
TOP