「崩れ落ちる兵士」と題する1枚の写真で一躍戦争写真家として

世界に名を馳せたロバート=キャパの写真展が

『-写真家ロバート・キャパ、愛と共感の眼差し- 戦争を越えて』と題して、

八王子の東京富士美術館で開催されています(6月23日まで)。

これに併せて18日(土)午後には、

キャパなどが中心になって設立された写真家集団

マグナム・フォトの元東京支社(2020年に閉鎖)のディレクターだった

小川 潤子さんによる講演会がありました。

 

【校長ブログ】キャパの見た世界に学ぶ

 

この記事の続き(PDF)はこちら→

ページ
TOP