1月13日(月・祝)の成人の日に、成人式同窓会を行いました。

新成人となった200名以上の卒業生があでやかな姿で再会し、中高時代を懐かしく振り返り語り合いました。

<!– –> <!– –> <!– –> <!– –> <!– –>

<!– –> <!– –> //

<成人の誓い(新成人卒業生代表)>

本日は、成人を迎えた私たちの門出にあたり、校長先生から温かいお言葉をいただき、新成人一同御礼申し上げます。

さて、高校を卒業し、およそ2年が経ちました。楽しい学園生活から、大きな関門であった大学受験を越えて卒業した私たちは、今までの思い出を懐かしむと共に、高校を卒業すれば校則などの制限もなくなり、自由で楽しいことも増えるだろうと考えていたと思います。また、自分の興味のあるより詳しく刺激に満ちた学問の世界で精一杯学び、来るべき明るい未来へ進んでいくことができるだろうと考えていたと思います。しかし、実際に入学してみると、大学の授業を受けることや、自由を満喫して遊びに力を入れることが想像していたよりも、普通で平凡な毎日に感じることもあるのではないでしょうか。

当然、人間関係や先の見え辛い未来に悩んだり悲しんだりすることもなくなるわけではありません。ものすごいスピードで進む日々の中、自分の座標を定められなくなり、自分が今どこに行くために何をしているかわからないこともあると思います。だからこそ、“成人の日”の今日を、自分を見つめなおす時間にしてみるのも良いのかもしれません。今日だけではなく、迷ったときには何度でも未来に向かって歩もうと決意をし、自分を見つめなおしそこからまた一歩一歩、歩みを進めていくことが大切なのではないでしょうか。

上手くいかないことも多い私たち、それぞれの思う幸せをこれからもっとたくさん実現していくために、“今一度背筋を伸ばし、覚悟を決めること”、“隣にいるたくさんの仲間、温かく見守ってくれている家族や教え導いてくださった先生方の存在を忘れずに生きていくこと”をここに誓って、新成人代表の挨拶とさせていただきます。

2020seijin011

<!– –> <!– –> <!– –> <!– –> <!– –>

<!– –> <!– –> //

~新成人卒業生のみなさんへ~

みなさんの美しく成長した姿、変わらぬ笑顔に出会えて大変嬉しく思いました。

これから歩んでいく道のりでも、嬉しいことばかりではなく、様々なことがあるでしょう。どんな時も、ハートに富士山を抱いた山脇の校章のままに、優しくまあるい温かな心の中に真摯で凛とした姿勢を持ち続けてくださいね。そして、中高時代を共に過ごした大好きな友や学び舎、先生たちを思い出してください。きっと、あなたの背中をそっと押したり支えたりしてくれることでしょう。

みなさんのご活躍を、私たちはいつでもここで応援しています。

 

ページ
TOP