「メイポール」は、跡見生の間で長く受け継がれてきた集団演技です。今回は中3生が披露します。体育祭プログラムより、紹介文を引用します。

「皆さん、ごきげんよう。今年の中学三年生の集団演技は、メイポールと創作ダンスを披露いたします。伝統と未来をつなぐ架け橋となるよう、学年全員で練習を重ねてきました。令和元年の体育祭、日々私たちを応援してくださる皆さんへの感謝の気持ちを込めて、一生懸命踊ります。応援よろしくお願いします。」

P1000043s

リボンの束が垂れるポールの周りに入場しました。

P1000056s

跡見の教員だった大和田建樹が作詞したことで知られる「故郷の空」のメロディーにのって、ポールにリボンを編み付けていきます。ポールは、周りからリボンを引っ張ることによって立っているだけなので、倒さないようにバランスをとって……。

P1000068s

このスピード感が跡見の名物!

P1000109s

編み上がったポールのもと、喜びを込めて舞うのは、このときのために中3生が創作したダンスです。

ページ
TOP