明法GSPとは

「世界に挑む日本人」を育成するプログラム

近年、かつてないスピードでグローバル化は進展しています。企業は業種を問わず、グローバルに展開することが当たり前の時代となりました。7年後、明法卒業生たちの多くが「世界」をフィールドに活躍していることでしょう。
これからの時代、文系・理系を問わず、「文化を異にする仲間と協力し、チャレンジ精神と問題解決を通して新たな付加価値を創出していく力」が必要になってきます。
本プログラム(GSP)では、「英検準1級の取得」「3ヶ月留学」「21世紀型スキルの修得」を3本柱とし、グローバル人材を育成していきます。

GSP(グローバル・スタディーズ・プログラム)コース生を30名募集。

明法GSPカリキュラム

明法GSPカリキュラム

ターム留学

ターム留学

世界各国から留学生が集うオーストラリアで高校生活!

オーストラリアの高校に1学期間留学するイマージョン・プログラムです。
学校とホームステイ生活の実体験を通じて異文化に触れ、そこから派生する諸問題を自分の力で解決する能力を養います。
また、様々なことにチャレンジする中で、実践的な英語力が身につくとともに、世界に触れることで視野の拡大や国際感覚も培われていきます。

プログラムの特色

特色1

発信型の英語力を身につける

事前研修として「英検準備講座」「英語で学ぶ日本文化」「ECW英会話」の3つの英語強化プログラムが用意されています。これらは全て、留学中に英語で自己主張したり、他者とコミュニケーションを図る際に必要となる力を、出発前に徹底して鍛えるためのものです。帰国後のシェアリングセッション(事後報告会)では、帰国生たちは多くの聴衆を前にパワーポイントを駆使した英語によるプレゼンテーションを堂々とやってのけます。

特色2

多様性を醸成する

留学先のビクトリア州・メルボルンは、多種多様な民族が居住し、アジアやヨーロッパから多くの留学生が集う、異文化体験にはうってつけの環境です。キャンパスやホームステイ先では、宗教や世界の時事問題に関する話題が出ることも珍しくありません。日本文化を事前に学習して出国する生徒たちは、自らの異文化体験に対して相対的な視点から考察を深めていきます。

特色3

チャレンジ精神と協調性を養う

留学中は授業だけでなく、キャンプ合宿やスポーツ大会などの各種学校行事を通して、現地の高校生や留学生たちと時に競争し、時に協力し合わなければならない場面が多く生じてきます。異文化の地で自ら積極的に事にあたり、周囲と協力して物事を解決していくプロセスは、日本の高校生にとってはとても勇気がいると同時に、決して容易なことではありません。一方で、このような機会はチャレンジ精神や協調性を養う上では絶好のチャンスと言えるのです。

ターム留学のプログラム内容 留学の事前・事後指導もガッチリ

ターム留学のプログラム内容

ターム留学要項

日程 高1の1月末~高2の4月上旬(約3ヶ月)
対象 高校1年・GSP生
定員 30名
参加条件
  • 英検準2級以上
  • 全科目の成績が10段階中5以上(1・2学期)
  • 遅刻・欠席の日数があわせて10日以内(1・2学期)等
費用

約115~125万円(宿泊費・交通費・研修費、食事代など)

  • ※一定の成績をおさめた生徒(12名)に対して、東京都私学財団より補助金制度(一人55万)があります。
  • ※高校一般入試で優秀な成績をおさめた生徒(6名)に対して、明法GSP特待制度(一人50万円)があります。

明法高等学校のGSP紹介ページへはこちら

【進路指導】OB懇談会を実施しました

2020年2月26日(水)6・7時間目に本校卒業生との懇談会が高校1・2年生を対象として行われました。現在大学1・3年生・大学院2年生である明法OBの方々が来校し、高校生活で大切にするべきこと、大学受験に向けての心構え、自身の大学・大学院生活全般について詳しく説明してくれました。なごやかな雰囲気の中で受験生の心構え、その先の大学や大学院について知り、自身の進路について深く考える機会になりました。新型コロナウイルスのことが心配されましたので、懇談会は、各教室や大視聴覚室、1000名収容可能な講堂などに生徒を分散して、放送設備などを活用して開催されました。

文系
H先輩  一橋大学大学院 社会学研究科 総合社会科学専攻(人間・社会形成分野)修士課程2年
M先輩  慶應義塾大学 文学部 人文社会学科 1年

理系
N先輩  青山学院大学 理工学部 化学・生命科学 3年
I先輩  群馬大学 教育学部 理科専攻 1年

明法の進路指導については こちら をご覧ください

中3研究旅行最終日 タクシー研修

 ついに最終日になってしまいました。
今日は班別のタクシー研修。各班で計画を立てたルートをタクシー貸し切りでまわってもらい、各班でお昼も食べて2時30分に京都駅に集合します。2日目の班別行動との違いは、交通が不便なところに行きやすいことと、京都のお寺や歴史にとても詳しい観光ドライバーの解説付きで回れることです。
部屋の片付けができた班から順に出発です。今日は各班、どこへ行くのでしょうか? 2日目の班行動で他の班が行ったところで、予想以上にお金がかかるとの情報を聞き、急きょ特別にコースを変更した班もあります。

各班の計画を見てみましょう・・・

A1班 清水寺-太秦映画村-京都タワー
A2班 伏見稲荷大社-清水寺-京都美術工芸大学
A3班 仁和寺-龍安寺-立命館大学-京都タワー
A4班 京都大学-慈照寺-平安神宮-二条城-シェイクシャック(ハンバーガー店)
B1班 嵐山渡月橋-竹林の道-野宮神社-嵐山商店街-二条城
B2班 平安神宮-銀閣寺-京都大学-龍安寺
B3班 伏見稲荷大社-平等院鳳凰堂-伊藤久右衛門(クッキーがおいしい)

いかがでしょうか? どの班も楽しそうですね。学習ポイントも入っていますし。いってらっしゃい!

中3研究旅行 帰路につきました

 生徒たちは2時を過ぎて京都駅に生徒たちが続々と帰ってきました。お土産の袋を下げている人もいます。集合は京都駅前京都劇場入口です。全班遅刻することなくしっかり到着しました。この4日間でどの班も時間がとってもよく守れていました。とても素晴らしいことです。
2時30分から解散式。お世話になった添乗員の方、カメラマンの方、看護師の方にお礼を言って、引率の先生から一言、生徒の実行委員長のことばと続きました。私は「今回の経験は一生の思い出になり、大人になってどこかで必ず役に立ちます」と話しました。
新幹線に乗車し、席に着くとすぐに静かになってしまいました。もう話し飽きたのでしょうか? 寝る人、本を読む人、なんと英語の勉強を始める人まで・・・!

今回もとってもよい研究旅行になったと思います。
新型コロナウィルスの感染が心配されている中での研究旅行でしたが、引率者も生徒たちも細心の注意を払いつつ、特に問題なく終了することができました。ご家庭にはいろいろとご協力をいただきました。あらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

中3京都奈良研究旅行がスタート!

新型コロナウイルスが心配される中ですが、事前の徹底的な衛生指導をしたうえで、中3京都奈良研究旅行がスタートしました。今回はコロナウイルスの影響もあって、GEクラスの台湾研究旅行を直前で中止せざるをえなくなり、学年全員で京都奈良を訪問することになりました。
生徒たちは現地でも、マスクをしっかり着用し、頻繁に手洗い・うがいとアルコール消毒をするという指導にきちんと従って、研究旅行を楽しんでいます。京都はどこも空いていますし、渋滞もありません。生徒はみんなとても楽しそうに見学しながら学習していました。学校にいるときよりも体調も良さそうです(笑)
笑顔のアップ写真をお見せできないのが残念です。

初日の見学地と見所は
1 河井寛次郎記念館 陶芸家の趣あるお宅、登り窯
2 建仁寺 風神雷神図、双龍図
3 金閣寺 言うまでもなく・・・
4 夕食後に再び建仁寺で座禅
です。
健康に気をつけながら研究旅行を楽しみたいと思います。

現地校の友人と

現地コーディネーターと

ホストファミリーと①

ホストファミリーと②

現地の友人と

【GSP】ターム留学生の近況報告1

1月29日(水)にオーストラリアに向けて出発した、ターム留学第10期生からのメールレポートの一部を掲載します。現地に到着してから2週間が経過しました。それぞれが現地校での授業や友人作りを楽しんでいる様子がうかがえます。また、留学生たちは他国からの留学生と交流したり、週末はホストファミリーとオーストラリア特有のレジャーを体験したりしながら、まさに異文化を満喫しているようです。

(注)来年度より、ターム留学の行き先が「1人1校留学」を実現するためにカナダ・オンタリオ州に変更になります。時期や費用に関する大きな変更はありません。

ターム留学担当者へのメールを英語の原文のまま掲載しますので、ぜひお読み下さい(留学生の氏名はイニシャルに変えています)。

HELLO, Mr. Arakawa!!
I stayed in Australia for about a week. Here it is such a beautiful place. I stayed first at host family’s house for 3 days. I could spend very comfortable days, because they were very kind to me. They took me to the place where you can see animals. I saw kangaroos and koalas there. Also, they taught me how to play table tennis. It’s really fun.
I moved to my second host family’s house on February 2. I have been to school since February 2nd. My school buddy is Maggie. She is very kind and cute. I have been helped by her every day. My favorite subjects in Australia are Textile and Japanese. I made hair band in textile class. Japanese class is very interesting because teachers talk while mixing Japanese and English.
Also, February 7th was swimming carnival. Local students were wearing house-color clothes. My house color is yellow, so I wore a yellow T-shirt. I could spend good days with my Australian friends!!
N.S.

Dear Mr. Kamakura,
I am staying in Australia for 1 week. This week, I had a good time and enjoyed going to school. Before starting school, I went to many places such as a park, shopping centre, and school with my host family. Especially, playing cricket and having BBQ was my emotional memory. I have never played cricket, however my host family from Sri Lanka taught me how to play it. After that, we enjoyed BBQ together. We roasted chickens and sausages! They were delicious. Then I helped my family with cooking.
Today, Wednesday 5th February, Lakeside college Pakenham students and I had P.E class. I ran 1500m around the lake. And I got the 1st place!! The record was 4 minutes 57 seconds. A Meiho student have already achieved a great thing!!
From M.F.

Hi, Mr. Kamakura.
1 week has passed since we came to Australia. My host family has two people, but two grandchildren and their parents live next door. My host family gave me presents today. They are very kind and interesting!! And, the garden of this house is very large. A lot of flowers are blooming and a lot of birds come there. I’m having fun here every day.
School life is so fun, too. Classes are difficult but I enjoyed playing hockey for the first time in PE class. And, I already made a lot of friends in school. Everyone always talks to me. They are very friendly. I have a friend, not only Australian but also Chinese. She is very good at English because she has lived in Australia for 3 years. In break time, I sometimes play card games in the library with her. I’m glad to be friends with people from various countries through English. I strongly believe I want to be able to speak English better. I want to enjoy life in Australia in the future, too.
Regards,
A.I.

Hello, Mr. Kamakura.
There were so many fun things that I don’t know what to write! It’s too many to write!
I enjoying Australia very much! However, I often make some mistakes. My first day in Australia, I told my host mother, ”I’ll wash the dishes.” And I ended up washing the dishes. I didn’t know the way to wash the dishes is different from Japan. As a result of not understanding how to wash dishes, I used too much water. My host family noticed I used too much water, but they didn’t get angry. They were forgiving my mistake. After that, they kindly taught me how to wash dishes in Australia.
Of course, there were lots of fun things as well as failures. One of the good memories is karate. I go to karate dojo three times a week with my host family. In addition, I enjoy many sports such as cricket, football, and basketball with them.
Secondly, I ate a lot of delicious food! I like Australian food. Some days ago, I ate kangaroo. It was delicious! After that, I saw many living kangaroos for the first time.
They were so cute. But for some reason, I became hungry.
Thirdly, already, I made a lot of friends! There are my friends in the host school and karate dojo. I have lunch with my friends almost every day. We enjoy cross-cultural exchange together.
Thus, I am busy every day in Australia. On the other hand, I feel fulfilled every day!
It was a busy day today, too. Today, I did volunteer activity for preparing my host town’s festival. I’m tired but I feel so good. From tomorrow on, I will continue to have busy days, too.
Yours truly,
K.K.

****************

・Global Studies Program(ターム留学)に関しましては こちら をご覧下さい。

・21世紀型の海外研修(希望者全員参加可能)に関しましては こちら をご覧下さい。

・海外大学進学指導に関しては こちら をご覧下さい。

筑波大学の選手が指導に来てくれました!【高校】

筑波大学体育会の選手が技術指導に来てくれました。ネットプレーを重点的に指導してくださいました。「試合を想定した練習をすること」「いかに相手にミスをさせるかを考えて取り組むこと」等のアドバイスを頂きました。ご指導の中身をチームとして今後も継続して取り組んでいくことが大切です。ご指導に対して恩返しができるよう取り組みを改善しましょう。

明法高校ソフトテニス部では「中学時よりも高い競技実績」を狙えます!
【実績】スポーツ優遇制度(ソフトテニス)を活用して明法高校に入学した生徒の成長
<中学時>                <明法高校進学後>
A君 地区予選敗退(県大会出場権なし) → 2019インターハイ個人戦出場!・2019都新人個人戦5位!
B君 地区予選敗退(都大会出場権なし) → 2019インターハイ団体戦出場!・2018都新人個人戦5位!
C君 都大会初戦敗退          → 2019インターハイ団・個出場!・2019関東大会出場!
D君 都大会初戦敗退          → 2019インターハイ団・個出場!・2019全日本私学大会出場!

高校部・中学部ともに部員募集中(強化指定部)!!

 米国の大学生(本校卒業生)が語る、日米の高等教育制度の違い

本日、昨春に本校を卒業し、現在は米国カリフォルニア州にある大学に通うOB(一時帰国中)が母校を訪ねてきてくれました。高校時代の留学を通して物事を「世界」という視点で考えるようになったA君は、帰国後に本校の海外大学進学カウンセリングを受けながら、TOEFLやSATを受験。また独学でPythonを学んだ結果、将来は得意のIT分野で世界に挑戦すべく、日本の大学ではなく米国の大学へ進学という選択をしました。そんな彼に、今回いくつか質問をしてみると、非常に興味深い答えが返ってきました。

Q1. 米国大学の教育制度で、最も日本との「違い」を感じる点は?
A1. 受講科目を選択する際に、過去の受講生による教授のrating(格付け)を参考にすることがスタンダードになっています。教師が生徒から評価を受けて、それが公開されるので、必然的に授業の質が担保される仕組みが面白いですね。また、授業中のディスカッションや課題文の添削など、peer review(学生同士の相互評価)用紙の提出がそのまま出席率の得点として組み込まれる点が挙げられるでしょうか。

Q2. キャンパス生活を通して、何か日本との「違い」に気づいた点は?
A2. まずは日本以外のアジアからの留学生が増えている点があると思います。中国や韓国に加えて、ベトナムのからの留学生が多い気がします。比較すると、日本人の留学生は圧倒的に少ないですね(笑)。また、年齢構成が非常に多様です。2児の母として子育て真最中の方や、学びなおしで通学される年配者もいます。

Q3. 授業におけるICT化はどの程度進んでいる?
A3. 基本的に、授業の課題配信・提出や成績管理は、全てオンライン上で行われます。成績でAを取るにはfinal(学期末考査)であと何点必要か等も端末から簡単に確認できるため、非常に便利です。ただ、授業中に補足資料として紙のプリントを配布する先生ももちろんいます。

Q4. 授業で最も苦労をしている点は?またその克服法は?
A4. まず、米国の大学はdropout(落第)の率がそれなりに高いので、毎日の授業に必死についていく必要があります。授業で課されるessay(課題図書に対しての小論文)を書くのが自分にとっては一番大変です。英語が第2言語なので。僕は数学が得意なので、ネイティブの友人に数学を教える代わりに、essayを添削してもらうようにしています。最初は7割程度の評価だったのですが、今では安定して9割以上の得点率を取れるようになりました。

インタビュー後に見せてもらった彼のスマートフォンに映し出された昨学期の成績はオールA。帰り間際に「将来は、エンジニアとして(米国)シリコンバレーでの就職を考えています」と意気込みを語る彼の瞳には、無限の可能性が広がっていました。

*************************

本校の海外大学進学指導に関しては、こちらをご覧ください。

海外留学制度(GSP)に関してはこちらを、21世紀型の短期海外研修に関してはこちらをご覧ください。

中2GEギター発表会

2月5日(水)17:00から、本校講堂で、中学2年サイエンスGEの生徒たちによるギター発表会がありました。
コミュニケーションの1つの手段として練習したフォークギター。課題曲はベン・E・キングの名曲『STAND BY ME』。
GE生が3グループに分かれ、ギターを演奏し歌声も披露しました。
指導してくれたのは本校の卒業生でミュージシャンの藤ヶ崎氏。藤林氏とGE担当の教員の軽妙(?)なトークに乗って、生徒たちも頑張って演奏しました。
恥ずかしがりながらも、堂々と、そして曲に思い込めて演奏した生徒の成長を感じました。

ちはやぶる-中学百人一首大会

『ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなひに水くくるとは』
国語の教員が読み上げると、生徒たちは競って札をとります。

本日、明法中学校伝統の百人一首大会が開催されました。
中学1年生から3年生までが全員参加し、チーム戦で戦います。2回戦を通じて一番取り札の多かったチームが優勝です。
生徒たちは冬休みの宿題で百人一首を覚え、国語の授業で練習し、今日の本番に臨みました。
教員の読み上げに集中し、札をとるとその都度歓声が上がります。特に「ちはやぶる~」には即座に反応し、大歓声でした。

今年は中学2年生のチームが上位にたくさん入りました。個人の取り札数を争う個人の部でも中学2年生が多く上位を占めました。やはり学年主任が国語の教員だと違います。

順位の集計中には、恒例の肉まんタイム。生徒はあっという間に肉まんを平らげていました。

今年の賞状は生徒指導部が工夫してつくったカルタ型の賞状でした。

準備や運営、そして片付けまで生徒のホームルーム委員が頑張って活動しました。

関東大会、惜しくも第2位!

2020年1月28日

部活動

関東大会、惜しくも第2位!

1月26日(日)、茨城県水戸市で行われた第6回関東高等学校女子ボクシング選抜大会。本校の生徒も出場しました。
大会に向けて日々努力を重ね、準備をしてきましたが、結果はRSC(Referee Stop Contest:試合続行不可能と判断したとき、レフェリーが行う勝敗宣告)で惜敗してしまいました。試合後に本人は、「これからより一層練習を頑張ります!」と言っておりました。今回の悔しさをバネに、次回の大会に向けて、また、努力を重ねて行ってくれると思います。
今後とも、応援をお願いします!

1 / 4312345...102030...最後 »

ページ
TOP