首都圏の私立大学が大幅に合格者を減らす逆風の中、

生徒達は意欲的に受験に取り組みました。

その結果、東大をはじめとする国公立大学に22名、

早稲田・慶應義塾・上智・ICU・東京理科の難関私大に64名、

医学部に7名、薬学部に18名が現役合格。最終的な現役合格率は95.5%でした。

 

 卒業後の進路

 

この記事の続きはこちらへ→

自分でテーマを選び、1年をかけて創作や研究に取り組みます。

自ら考え、調べ、発表する「創作・研究」は、本校の教育活動の大きな柱です。

テーマは各自が自由に設定し、それぞれのテーマに合わせて

指導担当教員が一人ずつ付きます。

創作・研究の内容、方法などのアドバイスを受けながら、

1年間をかけて作品を完成させ、

2月中旬の「芸術研究発表会」において、口頭または展示により発表します。

 

「創作・研究」と「芸術研究発表会」

 

この記事の続きはこちらへ→

おかげさまの心。私たちは、支えあって生きています。

仏教には「おかげさま」という言葉があります。

人間は一人で生きているわけではありません。お父さんやお母さんはもちろん、

私たちの周りのたくさんの人たちのおかげで生きている。

いいえ、人だけではなく、動物も植物も自然界すべてのおかげで、

私たちは生きていくことができるのです。

だからこそ、環境を大切にし、お互いに支えあっていかなければなりません。

 

エコと共生

 

この記事の続きはこちらへ→

淑徳与野中学校がめざす「心の教育」の舞台となるのは、

緑と木のぬくもりに包まれたエコ・キャンパス。

「自然との共生」をテーマに、風力発電やエコ・ガーデンが組み込まれた、

環境に優しいキャンパスです。

2016年には、円阿弥グラウンドやASUMA記念館(小体育館)が竣工、

そして今年は鹿苑(ろくおん)グラウンドも完成しました。

 

施設・設備

 

この記事の続きはこちらへ→

2019インターナショナルコース

【1月17日(金)出発】

2019年度のインターナショナルコース(3カ月海外語学研修)の生徒たちが、

渡航先のアメリカ・シアトルとニュージーランドに向けて出発しました。

今年度の参加者はアメリカ23名、ニュージーランド22名の計45名です。

生徒たちはこれから3月末までの約3カ月間、

ホームステイしながら現地の高校に通います。

 

インターナショナルコースの生徒が出発しました

 

この記事の続きはこちらへ→

5ステージ通年制

淑徳与野中学・高等学校では1年間の学習期間を

大きく5つのステージに分ける「5ステージ通年制」を採用しています。

「適応」「挑戦」「確立」「変革」「未来」と、それぞれのステージに目標を置いて、

生徒一人ひとりがステップアップすることをめざします。

一般に採用されている2学期制や3学期制に比べて一期間が短いので、

勉強も行事も集中して取り組むことができます。

 

行事予定

 

この記事の続きはこちらへ→

ページ
TOP