ごきげんよう。

vol.2となる「先生インタビュー」、今回は坂本先生です!
どんな先生か、さっそくお話を聞いてみましょう!

IMG_3562
坂本先生(数学)

広報:ごきげんよう。坂本先生、よろしくお願いいたします!

坂本先生:よろしくお願いします。

広報:まずは自己紹介をお願いします!

坂本先生:はい。坂本と申します。数学を担当しておりまして、進路指導主任も務めています。瀧野川女子学園には“黒板のある”時代からおりまして、いまの“黒板の無い教室”に変わる過程も見てきました。

 

「多くは語らず、生徒が自分で考え、手を動かす時間をつくりたい」

広報:そうなんですね。黒板が無くなったことで授業の進め方など変わったのではないですか?

坂本先生:そうですね、私が理想としている授業の進め方に近づいていると感じています。というのも、私が理想としている数学の授業は、「なんか今日先生あんまり話さなかったけど、すごい勉強したな」という、“先生は多くは語らず、生徒はたくさん手を動かす”授業なんです。もちろん、それは学年が上がっていくごとに、ということなんですが。というのも、数学では授業を聞いているだけではなかなか理解できない/問題が解けないということに陥りがちなんです。

広報:なるほど。

坂本先生:自分が中学・高校生だったとき、板書が多くて授業が全然面白くなかったんですよ。それよりも「自分で考える」ことがしたかった。今は主に高校3年生を教えていますが、生徒たちは、事前に授業内容を伝えていることもあって、授業が始まると自分たちで問題を解き始めたりして、自分の理想に近いなと感じています。もちろん、生徒たちがつまづいたときは、それがICTによってリアルタイムでわかりますから、その都度フォローしています。

広報:“自分たちで考える授業”、いいですね。先ほど、生徒たちは自主的に問題を解いたりしているとお話がありましたが、本学園の生徒の印象はどうですか?

坂本先生:落ち着いている子が多い、という印象です。女子校ならではなのかもしれませんが、それでも瀧野川の生徒は礼儀正しいですね。

広報:確かに、挨拶もきちんとする子が多く、ちょっとしたことでもお礼を欠かさず言う子が多いです。先生は中学・高校時代、どんな生徒でしたか?

坂本先生:中学・高校時代はおとなしく、授業中も自分のやりたいことをやっているようなタイプでした。先生からしたら少しやっかいな(笑)写真を撮っても、いつも斜め下を向いているようなタイプでしたね。物心ついたときからとにかく算数、数学が好きだったので、それだけをやっていたいと思っていましたね。仕事も、“数学に関わる仕事”がしたい、と。「君は教師になりたくて数学をやっているの? それとも数学がやりたくて教師になったの?」と聞かれたこともあるくらいです(笑)

広報:(笑)それだけ数学が好き、ということですね。

坂本先生:そうですね(笑)

 

「わからないことにどう向き合うか」その姿勢が大切

広報:では最後に、受験生のみなさんにメッセージをお願いします。

坂本先生:はい。受験勉強にうちこむ時間っていうのも、すごく大切な時間だと思います。特に中学3年生になると、これまで学校の勉強しかしたことがないって子もいると思うんですね。そんな子にとっては、受験勉強にはなりますけれども「自分のわからないところと向き合って出来るようになる」ということが、新しい経験になると思います。「どんな風にわからないことについて向き合って勉強するか」。その向き合い方が今後、学年が上がるにつれて大切になっていくと思うので、その第一歩だと思って、受験が終わる間際まで自分のわからないところにしっかりと向き合ってみてください。きっと今後のためになります。がんばってください。

広報:ありがとうございました!

ちなみに、写真を見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、坂本先生はルービックキューブがお得意。6×6なら、なんと12秒で揃えることができるとか。(大会に出たこともあるそうです)

次回はどんな先生が登場するでしょうか?
お楽しみに!

 

【過去のインタビュー】
vol.1 芝辻先生(英語)に聞きました!

 

〜受験生へご案内〜

【中高一貫コース入試チャレンジ】対象:小学6年生
○開催日時:11月7日(土)13:30〜
○内容:入試チャレンジ(2科もしくは4科)、保護者対象学校説明会
○感染症対策のため、人数制限を行なっております。要予約となります。
○11月14日(土)の解説会も併せてのご予約をおすすめいたします。

詳しくはこちらのページをご確認ください。

 

【高等学校説明会&個別相談会】対象:中学1〜3年生

○開催日時:11月7日(土)13:30〜
○内容:全体説明会、授業体験、個別相談会
○感染症対策のため、人数制限を行なっております。要予約となります。

詳しくはこちらのページをご確認ください。

ページ
TOP