生徒会主催の東北復興studyツアー

最終日の報告です。

午前は講話を伺いました。
元NHK記者職の方を講師にお招きしてお話ししていただきました。
福島放送局にお勤めで、福島県内で被災を経験されました。
震災後は放送局に寝泊まりしながら報道活動に尽力されたそうです。

ここまで、沿岸部の津波被害や震災について学ぶ場面が多かったのですが、今回は内地の被害状況や原発被害についてのお話も伺うことができ、新たな視点での学びとなりました。

被害を報道する際、ただの数字として情報を伝えるのではなく、被害に遭われた方のここまでの人生やこれからのことなど一人一人の背景をきちんと伝えたいという想いを持って活動されました。
反面、被災された方に対する異常とも感じられる囲み取材を見て、報道することの必要性や重要性との間で葛藤しながら報道されていたというお話を伺えました。
実際に報道された映像も交えながらお話しくださり、生徒はメモを取りながら真剣に学んでいる様子でした。

その後、気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館を見学しました。
こちらの施設には被災した向洋高校の旧校舎がそのまま残されており、中を見学することができます。また、伝承館では、映像や写真パネルで震災について触れることができるようになっています。
入館して最初に見た映像には、震災当日の様子が生々と映されていました。
映像を見た後に見学する震災遺構は、より心に迫るものがあります。

車が突っ込んでいる部屋の写真は1階ではなく3階です。
本来ここにあるはずのないモノがあり、ぐちゃぐちゃになった校舎は、津波の高さと被害の甚大さを物語っていました。

遺構見学後に、一本の映像を見て終わりました。
それは、被災した中学生の卒業式答辞です。同年代の生徒が、悔しさや悲しさを抱えながら前を見て、立派な大人になることを誓う姿に感じることは多かったのではないでしょうか。

生徒たちは今回のツアーを通して様々なことを感じ考えました。
今後、各自学びをまとめ、自分たちに何が出来るか考え実行していきます。
9月末に行う文化祭で、有志たちは展示等を行う予定です。ぜひ、学校へお越しいただきご覧ください!

今回のツアーを実施するにあたり、ご協力くださった皆様へこの場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

7月23日に高校1年生54名はアメリカ オレゴン海外研修に向けて出発しました。
本校のオレゴン海外研修は3週間で、ウィラメット大学での語学研修を受けます。
4つの英語クラスに分かれて、オレゴンの歴史やプレゼンテーションを学びながらホームステイをします。
2日目までは、ウィラメット大学の寮での生活ですが、明日はいよいよホストファミリーとのマッチングがあり、ホームステイが始まります。

探究活動の一環として、中学1年生は「生きもの探究教室」を3日間長野県で行いました。
総合テーマは「私たちの進化論~なぜ、そうなったの?」です。
自然の中で昆虫や植物を観察し仮説を立て、検証を行います。
1日目は班で選んだテーマに分かれてフィールドワークを行いました。さらに仮説に基づいて実験や観察を行って検証。議論にも熱が入ります。2日目には研究成果をまとめたポスターを班ごとに作成。悪戦苦闘しながらも班の仲間で協力し、発表と質疑応答を行いました。
今後は、今回の発表をもとに、9月に行われる文化祭での発表に向けてさらにテーマをふかく探っていきます。探究教室が終わり、さっそくLearning Hub(図書館)で調べていた人たちも。どんな発表が9月にできあがるか、とても楽しみです。

IMG_2028-s

国際交流委員を中心に、姉妹校である台湾の曙光女子高級中学の生徒たちとスカイプによる交流を行いました。

それぞれが日本と台湾の文化を紹介しあい、その後には質問が飛び交っていました。

初めての企画とあって、声が割れてしまったり、途中で途切れてしまったりということもありながら、大変盛り上がりました。途中で曙光の校長先生も登場するという嬉しいハプニングもありました。

 

 

5月14日〜5月18日の期間で、大学の先生をお呼びして、模擬授業を開催していただきました。中学校、高校では、大学でどんなことを勉強できるか、肌で感じるのは難しく、実際に研究をされている先生から直接授業をしてもらえるのはすごく貴重な機会です。

開催された講義は以下の通りです。

 

明治大学 蟹瀬誠一先生の「マスメディアを読み解く」の様子


埼玉大学 小嶋文先生の「身近な道路を安全に:新しい交通安全対策」の様子

 

立教大学 箕浦真生先生の「自然科学の定義:化学と恋愛は似ているか」の様子

箕浦先生の授業では、実際に実験も行いました。

 

 

どの講義でも、「自分の知らない学問のことを知ることができた」「興味が強くなった」等の感想が見られ、進路選択の参考になったのではないかと思います。

6月中旬には、大学の方を招いての大学説明会も実施されます。

 

高校1年生ではSDGsをテーマに探究活動をしています。

 

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で、日本語にすると「持続可能な開発目標」となります。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

2016年に女優のエマワトソンさんが広報動画を投稿し、日本の各都市や企業でも続々と取り組みが始まっています。

目標は17個設定され、「貧困を無くそう」「安全な水とトイレを世界中に」など様々です。

 

生徒は、各自興味を持った17の目標に別れて、世界や日本で、どんな課題があるのかを話し合いました。

話し合いには「えんたくん」と呼ばれるアイテムを使いました。1枚の円形のダンボールをチームメンバーの膝に置き、テーブルにして、話し合いの記録をどんどん書き込みます。

膝に置くことで自然とメンバーとの距離が近くなり、話し合いが活発になります。

 

17の目標に向けての課題を話し合い、理解を深めたところで、次回からはいよいよチームごとに別れて課題解決に向けてのプロジェクトを考えていきます。

 

SDGsに向けて高校生はどんなことができるでしょうか。どんなアイデアが出るか楽しみです。

高校1年生では文理選択が行われます。それに向けて、職業適性検査であるR-CAPを行いました。

 

 

R-CAPでは、現在の職に満足をしていると回答した社会人に性格志向調査を行い、職業ごとマッチする性格志向データを収集しています。そして、生徒の結果と一致する職業を教えてくれます。

 

また、コミュニケーション力や、課題発見力など、単純な学力試験では測れないジェネリックスキルの測定も行いました。自分がリーダーシップを発揮するのが得意なのか、縁の下の力持ちとして周りの士気を高めるのが得意かなど、自分の特徴を知ることができます。

 

 

生徒は、これらの調査から自分の特徴にあった職業や、学問のことを知り、自信を持って文理選択ができるように動いていきます。

沖縄体験学習最終日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は首里城と国際通りにいきます。

 

まずは首里城で集合写真を撮ったあとに中を見てきました。

首里城を調べている生徒も多かったので、新たな発見をあったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと、国際通りに移動し、それぞれの班で昼食。

お土産も購入していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで4泊5日の沖縄体験学習は終わりです。

 

 

この後、夏休みにレポートを作成し発表をする事で、より沖縄についての学びを深めていきます。

1 / 4012345...102030...最後 »

ページ
TOP