今回は水族館の館長である住友先生です!

さとえ小では、保護者の方から「どなたが水族館を管理しているのですか?」という質問をいただきます。今回は、住友先生が普段どんな仕事しているのかについてもばっちり質問をしていますので、是非ご覧ください。

 

Q「水族館の館長としての1日の仕事を教えてください。」

A「まず朝一番に魚たちの健康状態のチェックをします。死んだ魚がいないか、水槽の水温は正常かなども確認をします。トラブルが無ければ30分くらいで終わります。魚のエサやりは順番に行いますが、全ての魚にあげるには4時間ぐらいかかります。全ての生き物がエサを食べられているか、チェックをしながらあげるからです。水槽に汚れたところがあれば、その都度掃除をしていますが、一番大きな水槽はメンテナンスの方が潜って掃除をしています。調子が悪い水槽があれば、薬を入れたり水替えをしたりします。休み時間に遊びに来た子どもたちの質問に答えることや、生物部(※)の子どもたちと放課後に活動もしています。」※3~6年生の希望制で活動している課外活動

 

Q「さとえ水族館のこだわりはどこですか。」

A「本物に近い、自然の状態に近いレイアウトにしています。例えば『温かい海の魚の水槽』では、本物の石を使って実際の海底に近い石の組み方をしています。ときには、石の間に隠れていることもあるので生き物がいない!?なんてこともあります。」

 

Q「一番愛着のある生き物はなんですか。」

A「すべてです。(笑)」

Q「それでは、強いて言うならばオススメの生き物を教えてください。」

A「オススメというか、是非見て欲しいのは『ムサシトミヨ』です。埼玉県の魚で、ある一部にしか生息していないと言われている絶滅危惧種です。さとえ水族館には、今6匹います。実は年魚(※)なので、子どもたちに見せるためにムサシトミヨ保護センターさんから譲り受けています。」※寿命がおよそ1年

IMG_1893

 

Q「水族館の中で一番戦ったら強いと思うのはなんですか。」

A「う~ん、やっぱりサメ(ツマグロ)か…いやニセゴイシウツボやドクウツボもいるし、ミノカサゴも毒がありますね。あとは世界で一番大きいタカアシガニのハサミも強力ですね。実はあまり言いたくないんですが、昔エサをあげているときにタカアシガニのハサミに挟まれたことがあるんです。あのときは右手の中指に穴が開いたかと思ったぐらいめちゃくちゃ痛かったです。(>_<)」

IMG_5986

 

Q「最後に、水族館へ来る子どもたちにお願いはありますか。」

A「水族館の中では走らない、生き物がビックリしてしまうので水槽を叩かない、今はコロナ禍なので水族館の中ではお話をせずに距離をとって魚を見てください。そして、1匹でもいいのでお気に入りの生き物を見つけて欲しいです!」

 

寝ても覚めても魚のことが大好きな水族館館長ですので、次はオススメの魚料理なんかも聞いてみたいです。

 

インタビュアー:進路・入試センター 山口

今回は本校の中堅教員のリーダーとして、さまざまな取り組みにチャレンジしている工藤先生です!

専門に対する熱い気持ちが溢れていますので、その熱量をお楽しみください。

 

Q「専門の教科を教えて下さい」

A「社会科です。社会科といっても、社会科の知識がたくさんあるということが大切なのではありません。身のまわりにあるいろいろな問題のなかから、自分で問いを立てて、調べたいと思ったことをどう調べるか。どうまとめるか。そしてどう次の授業につなげるかということを子どもたちと一緒に考えることをテーマにしています。」

 

Q「今年度、管理職の先生に直談判し複合型教育(アフタースクール)で【探究教室】を始めましたが、それはなぜですか」

A「学校の授業は、基本的にはテーマがあって成立するものです。子どもたちの側からこんな事を調べたい、こんなふうに探究したいという欲求に、授業では答える時間がなかなか取れないという悩みがありました。子どもたちが自分のテーマを見つけ、インタビューや体験調査を通して自分たちがどう考えたか、世の中の課題に対してどうつなげていけるかという学びを作りたいという思いから探究教室を開設したいと思いました。」

 

Q「小学校の教員になろうと思ったキッカケはなんですか」

A「中学校の頃に教室に入ることができない友だちがいたことがキッカケです。相談室にいるその子に手紙や給食を届けていました。その子は卒業式も一緒には参列できなかったのですが、最後に『中学校生活、楽しかったよと』と言ってくれたことが忘れられないほど嬉しく感じました。高校生の時は心理カウンセラーに興味を持っていました。その後進路を考える中で、中学生になる前に子どもたちが色々な人と関わりながら自分の考えを作っていくことを手助けしたいと思い小学校の教員を目指しました。

 

Q「先生をしていて、一番楽しいと思う瞬間はどんなときですか」

A「授業の時、子どもたちが友だちと意見を出しあいながら『あっ』と何かに気が付いたような表情を見せることがあります。そんなとき、楽しいな、この仕事って幸せだなと思います。」

IMG_5979 (1)

工藤先生は様々な場で発信をされているので、とても話が上手く話題が豊富な先生です。

どこかで探究教室についてもレポートを書いてもらおうと考えています。楽しみにしていてください!

 

インタビュアー:進路・入試センター 山口

Vol.2は橋本教頭先生にインタービューをしました!

昨年度からさとえ学園小学校へ赴任したニューフェイスですが、すでに子どもたちからの人気は絶大です。

その秘密は何なのか、少しプライベートな部分にまで突っ込んだ質問をしてみましたので、是非お読みください。

 

Q「簡単な経歴をお聞かせください」
A「大学を卒業後、東京の最大手の進学塾で10年勤務し、その後九州の最大手塾で10年勤務して2021年よりさとえ学園小学校にやってきました。算数一筋で、約20年小学生を指導してきました。九州にいるときは算数科の責任者を務め、算数の問題集を作成する仕事や『中学への算数』に原稿執筆など、算数に関する仕事をたくさんやってきましたね。」

 

Q「休みの日にはどんなことをしてリフレッシュをしていますか」
A「美味しいものを食べるのが好きなので、食事をして仕事のことはリセットするようにしています。また、食事には、麦でできた炭酸飲料やお米でできたお水を合わせて頂くと最高ですね。また、九州にいるときは、日帰りで温泉にいったり近場のサウナで汗を流したりしてました。」

 

Q「授業をするときに大切にしていることはなんですか」
A「その瞬間は、子供たちにとって一生に一度しかないことを意識しています。授業の中には、上手にできるときもあれば、上手く行かないときもあります。しかし、その時間は、リセットすることが出来ませんから、授業の準備は入念にするようにしています。」

IMG_5963 (1)

Q「九州でおすすめのグルメやスポットを教えてください」
A「とにかく九州は美味しいものがたくさんありますね。透明な烏賊を刺身で食べたのは感動しました。また、九州の魚の刺身は、新鮮なので身がプリプリしていて歯ごたえがあります。豚骨ラーメンもおすすめですが、年齢的に関東の醤油ラーメンが最近の好みです。」

 

教頭先生には今後ブログにて「中学受験算数を切る(仮)」のようなコラムも書いていただきたいなぁと個人的に考えています。

 

インタビュアー:進路・入試センター 山口

さとえ小の普段の様子を発信している本ブログですが、新企画として我々教員がどんな事を考えて普段子どもたちと接しているかをインタビュー形式でお伝えしていきます。

今回は記念すべき第1回ということで、小野田校長先生にお話を伺ってみました。

それでは早速いってみましょう!

 

Q「簡単な経歴をお聞かせ下さい。」

A「埼玉県内の公立の小学校に22年間勤めました。また市や県の教育委員会、教育センターなどの教育行政機関で16年間勤めました。その後にさとえ学園小学校へ赴任し、今年で4年目となります。」

IMG_5961

Q「今までご覧になってきた公立小学校とさとえ学園小学校の違いはありましたか。」

A「もちろん公立と私立の違いは色々あるのですが、やはり施設が1番違いました。次に職員の移動がないところ、そして試験を突破してきた子どもたちなのでポテンシャルが高いところですかね。」

 

Q「校長先生はさとえ学園小学校の子どもたちのどんなところが好きですか。」

A「1人ひとりが物怖じしないところ、恥ずかしがらないところ、積極的なところですかね。伸び伸びとした子どもらしいところが好きです。」

 

Q「教員として大切にしていることは何かありますか。」

A「特に管理職になってからは『感化の教育』ということを意識しています。感化にはよい面、悪い面ありますが、自分の後ろ姿や自分の言動で他の人をよい意味で感化できるような管理職でありたいと考えます。全く実現できていませんが(笑)教諭時代は自分も子どもたちと一緒に楽しむことを大切にしてましたね。」

 

これからも不定期ではありますが色々な先生にお話を聞いていきたいと思いますので、楽しみにしていただければと思います。

 

インタビュアー:進路・入試センター 山口

3月12日(土)

第14回卒業証書授与式を行いました。

今年度の卒業式は、卒業生と保護者の参加で

在校生はzoomでの視聴となりました。

4644BE07-DDD0-4163-A8C1-4EAD41986D4A

新型コロナウイルスの影響により

今年度も多くの学校行事が中止となり

制限のある学校生活となりました。

 

しかし、6年生は毎日明るく笑顔で学校生活を

送っていて、そんな6年生の姿を見ていた在校生も

6年生と共に楽しく学校生活を送ることができました。

6C1E2C8C-16BA-4043-8679-63E39050D98D

7D3E5424-2E09-4C15-8946-934B3A1BCA10

卒業証書授与の6年生一人ひとりの呼名では

6年間の学校生活の締めくくりにふさわしい

立派な返事が体育館に響き

無事に6年生のことを送り出すことができました。

202BB055-1EE3-471C-BB6E-A8CE1933C22D

A41963C9-8736-40BA-BDDD-5A158DCAA83B

 

F7EAD20A-C90C-4698-ADEF-0C66F15D2565

6年生のみなさんご卒業おめでとうございます!

さとえ学園小学校で学んだことを活かして

今後も頑張ってください!

応援しています!

2月26日(土)

複合型教育記録会を行いました。

今年度も昨年度と同様zoomを通して

発表しました。

 

1つ目は、空手

9D2E9843-9661-46DA-B225-3FB04A0DC9A1

3EF9BFB4-E33D-4B4B-B22C-6EB561F5AA27

2つ目は、クラシックバレエ

6FE022CE-DF05-4DD6-AB8C-D92F37F76610

78EE0A0A-67F1-4F7F-AE94-7A95D38FBB52

最後はダンスの発表でした。

A11A609C-1EFB-453C-ABC2-DAB6181485C3

17BCCC45-A181-4525-AB02-3773A61A0F08

どの講座も子どもたちは元気よく明るく

発表していてとても楽しそうに演技を

していました。

 

中でも、6年生のパフォーマンスは

圧巻でした。

 

日頃の練習成果が発揮できていて

とてもよかったです。

手足がかじかむ季節になりました。

寒くて外に出る気にならないなあ…。

と思っている人は図書室で本を読みませんか?

397A34E2-B985-4788-9445-EB7D6FB94397

新しい本がたくさん届いたので、

おすすめの本を何冊か紹介します!

97DCF2D3-8100-4E13-8C73-6B08DDC3F3E8

1冊めは『恐竜と古代の生き物図鑑』です。

人類が誕生するよりもずっと前に、

地球には恐竜をはじめ、

ふしぎな生き物がたくさんいました。

この本では、そんな古代生物のナゾを

解き明かしていきます。

色鮮やかなイラストともに、

絶滅した古代生物のヒミツを学びましょう!

 

2冊目は『ふしぎ駄菓子屋銭天堂にようこそ』です。

銭天堂に登場した100種類以上もの駄菓子の図鑑をはじめ、

書き下ろし作品や銭天堂の内部も初公開!

『銭天堂』シリーズを読んだことがある人はもちろん、

まだ読んだことのない人にもおすすめです!

 

3冊めは『こんとあき』です。

こんは、あきのおばあちゃんが作ったぬいぐるみです。

あきが成長するにつれ、

こんは古びてとうとう腕がほつれてしまいます。

こんと元通りにしてもらうために、

あきはこんと一緒におばあちゃんの家へと向かいます。

無事におばあちゃんの家までたどりつくことができるでしょうか。

 

4冊めは『「走る図書館」が生まれた日』です。

「走る図書館」とは、

アメリカの図書館司書である

メアリー・レミスト・ティットコムが考えついたアイデアです。

本を車に積んで、広いアメリカを走り

図書館に来られない人へ本を渡すのにとても役立ちました。

この活動は現在でも続いており

たくさんの人に読書の喜びを届けています。

6D83AC6E-6B46-480E-9E05-47CC569E7FD0

2022年も図書室の本を借りて、

たくさんの本を読みましょう。

1月8日(土)から

第3学期がスタートしました。

学校に子どもたちの元気な声が

戻ってきました。

EFD3FC5F-B510-4186-8313-F5F3FFEE4673

3学期は、1年間のまとめの時期となり

6年生も卒業まで残りわずかとなりました。

悔いの残らないよう体調管理に気をつけて

楽しい小学校生活を送りましょう。

167DF6B7-2D96-41C1-A30A-672027CBBF79

 

2022年 年頭の挨拶

C88E52D6-1788-48AE-B05A-5851B3C8DBF0

新年あけましておめでとうございます。

皆様方におかれましては、ご家族お揃いでお健やかに初春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

2021年の夏、1年遅れの東京オリンピック・パラリンピックが開催されました。無観客での競技を余儀なくされた大会でしたが、日本選手団は様々な種目でこれまでにない活躍を見せてくれました。

同じ時期に新型コロナウィルス感染は大きく拡がり、8月のピーク時には新規陽性者数が全国で25,000人を超えるに至りました。9月以降減少傾向に転じ12月には全国で新規陽性者数が100人代までになりました。新たな年に向けての期待が膨らみましたが、年末には感染力の強いオミクロン株の国内での感染が明らかになりました。感染の拡大と縮小が繰り返されてきたこの2年、私たちはワクチン接種とともに個人でできる感染防止策を講じて生活してきました。学校においては、活動が制限されたり行事が中止になるなど大きな影響がありました。しかし、本校では「どんな状況でも学びを止めない」ための取組を進め、オンライン授業を効果的に実施するなど、今できることに最善の努力をしてまいりました。

さて、2022年は寅(虎)年です。大切なものを「虎の子」といいますが、母虎が大切に子育てをすることにちなんでいると言われています。学校は保護者の皆様にとって何よりも大切なお子様をお預かりして、安心して学ぶ場を提供しお子様が真の実力を身に付ける場です。

先行き不透明で予測が困難と言われる昨今、今よりも困難な状況になることがあっても、何らかの手立てはあるはずです。困難な状況でもそれを乗り越える力=さとえの突破力を発揮して、本年の教育活動に取り組んでまいる所存です。教職員一丸となって子どもたちの可能性を見いだし、磨き上げ、輝かせるための努力を続けてまいります。

また、4月に本校は開校20年目を迎えます。保護者の皆様、関係の皆様とともにこれまでの取組を振り返り、次の10年に向けての歩みを進めてまいります。

皆様にとりまして、2022年が輝かしい一年となりますようお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。本年もよろしくお願いいたします。

 

2022年 元旦

さとえ学園小学校

校長 小野田正範

12月24日(金)

第2学期終業式を行いました。

E8C1A2E2-ECAD-4C56-817B-8A1A33B89137

9月は新型コロナウイルス感染拡大の影響により

臨時休校となり普段とは違う学校生活となりました。

 

10月から登校再開し学校には活気あふれる声が

響きわたりました。

 

2学期はスポーツフェスティバルや

4F1477FF-EBDD-453F-B37B-427C0E3661E3

マラソン大会

9C17EE5E-D7D0-4FFD-B0A4-FB1445AA71C3

ハロウィンパーティーや音楽祭

CA1577FA-A38F-43CB-ABB4-0484D2C4EBEA

といったたくさんの行事がありました。

どの行事もクラスで団結し

一生懸命取り組みました。

F0979911-2BC1-4D8C-AEA9-609D14E7E3EE

明日から冬休みが始まります。

健康に気をつけて良い年をお迎えください。

 

3学期に元気な姿で会えることを

楽しみにしています。

1 / 7812345...102030...最後 »

ページ
TOP