「孝」の観念を取り戻そう
孝は人間形成の大前提

 

アメリカの二十世紀前半を代表する教育学者
ジョン・デューイは、「子どもは教育の主体で
あって客体ではない」と言っている。

決して間違った考えではない。

だがここで忘れてならないのは、発達段階
という問題である。

人は生まれた瞬間から人間なのではない。
放置しておいて、ひとりでに人間に育ち
上がっていくものでもない。我々はすべて、
周囲を取り巻く多くの方々の力によって、
「人間にしていただいた」のである。

人間に”なった”のではない。”していただ
いた”のだ。

戦後は、「倫理規範は教えてはならぬ。
それは子ども自身が内面形成していく
ものだ」というような考え方が支配的で
あった。

デューイに傾倒するあまり、発達段階と
いう発想が欠落してしまったのである。

そのような人々に私は尋ねる。乳飲み子
は、いかにして教育の主体たり得るのかと。
小学生も三年生になるくらいまでは、親や
保護者を絶対の存在と考える。先生にさえ
よく思われれば、仲間からはなんと思われ
ようと構わないというのがこのころである。

そのような時期には「殺すな」「盗むな」
「嘘をつくな」をいうような根本的価値を
たたき込んでおかなくてなならない。服従
の大切さを教えていかねばならないのも
このころである。

「教育勅語」が、国民のあるべき姿を示す
徳目の冒頭を「父母に孝に」という言葉で
飾ったのも、この消息を深く意識したからに
はほかならない。

孝を最高の徳と心得、親の教えに忠実に
従っていこうとする人間であって初めて、
親の教えに素直に、忠実に従い、深みの
ある人間性を養うことができる。

戦後思想は、親孝行を”親を大切にすること
だ”と考えがちであった。「親への孝を教える
のは、親の利己心を子どもに押しつけることだ」
と考えがちだったのである。

しかし、親を敬い、親を大切にする心が育って
いなければ、子は、人間として健全な成長を
遂げることができない。

師への尊敬も同様である。その尊敬によって
利益を受けるのを潔しとしない傾向が、今日の
学校には溢れている。

卒業の際の「謝恩会」に違和感を抱き、これを
「卒業を祝う会」としなければ納得できないなど
という傾向も、この流れに属するものである。

しかし親への孝養は、子が親を大切にすると
いう責任を果たすだけではなく、子が人間として
健全に育っていくための絶対的前提でもあった
のである。

まさに「孝は百行の本」であることを忘れてはならない。

人は、誰しも年老い衰える。醜くもなっていく。
それは我々の愛しい子どもたちとて例外ではない。

illust335_thumb

 

 

やがて彼らも年老いていく。体力も衰え、気も弱く
なった頃に、彼らがその子に―我々からいえば孫の
世代に―見捨てられて寂しい晩年を過ごすことに
なるかもしれぬことを、我々は忘れてはならぬ。

それは我々にとり耐え難いことだが、そのとき、彼らの
幸せを自分の命よりも大切に思っている我々は、もう
この世にはいないのである。

 

illust2281_thumb

 

やはり、その子ども、次の子どもというふうに、人が
安心してよりどころをできるような家庭が形成される
社会的循環を、我々は準備しておかなければならない。

それこそが「孝」の教育にほかならないのである。

 

 

試合結果 BEST16!

VS 東京立正高校(東京都代表)

2-1(勝)

VS 巨摩高校(山梨県代表)

2-0(勝)

VS 高崎女子高校(群馬県代表)

0-2(負)

 

第72回関東高等学校女子バレーボール大会

 

試合結果の詳細とこのほかの画像はこちらへ→

※部活動ページから女子バレーボール部を選んでクリックしてください。

親、とりわけ父親を民主主義の敵と見る戦後思想は、
学校からも家庭からも「親孝行」という言葉を放逐した。

学習指導要領のどこをひっくり返してみても「孝」と
いう言葉は出てこない。そのためであろう、今や我が
国の家庭は、子育てのためだけの場になってしまっ
ている。

父母は限りない愛情を持って子を慈しむが、子は育ち
上がってしまうと、親との同居を望まない。親が、起居が
ままならぬようになっても、同居して面倒を見るという
ようなケースは少ない。

cf53e79501b85f50b88452ef8cf02e60-1

よくしたもので、親の方でも「私たちは自分たちでしっ
かりやっていくから、一緒に暮らしてくれなくてもよい。
あなたたちは自分のことだけをしっかりやりなさい」など
と、我が子が幼い頃から語り聞かせたりしている。

結局、親の老後は、老人ホームなどの施設に丸投げ
されてしまうのである。

だが老人ホームなどの施設は、必ずしも老人の幸せを
保障できるものでないらしい。他人が老人のお世話を
するには限りがある。

例えば、日に何度も粗相を繰り返すような老人に対して、
他人である施設の勤務員が、果たしてどこまで親身に
そのお世話をすることができるのであろうか。

施設内の温度一つにしても、寝込んでいる老人と
働いている勤務員とでは適温の水準に違いがある。

又、人間は常に他人からの愛や信頼や尊敬を貪婪
(どんらん)に求める生き物である。老人介護施設に
それを求めることは難しかろう。

もちろん、親身も及ばぬまごころで介護に当たって
いる方も少なくはないだろうが、親の面倒を見る第一
の責任は、その子どもにある。

少子化の今日、それは困難な課題かも知れぬが、
子はその責任を自覚し、まごころを込めて親の老後
の面倒を見なくてはならない。

介護に疲れ、弓折れた矢尽きたとき、そのようなときに
初めて頼るべきものが老人介護施設だと私は思うので
ある。

親子三世代が同居している家もある。そのような家庭
にあっては、老人は若者の若さ、幼さに触れて、日々
安らぎを得るであろう。

又、若者は、老人の熟成した智恵に学ぶことができる。

「それはお父さん、お母さんだけでは決められません。
お爺ちゃんに伺ってみましょう」「そのことはお母さんに
も分かりません。お婆ちゃんに教えていただきましょう」

そのような人間関係があってこそ、家庭は、人がその
全生涯を託すことのできる安心の場となるのである。

 

 

大東亜戦争開始直前、アジア、アフリカの
ほとんどすべては白人列強の庶民地で
あった。

例えばスマトラ島を支配していたのは
オランダであった。スマトラ島北端の港町
バンダ・アチェには十六歳から住んでいた
ある老人から直接聞いたが、ここでの
オランダの支配は、残忍きわまりないもの
であった。

68eae5bba03d483e62cc790523fcbe3d

男子の多くが性病で鼻骨が露出したまま
労働に携わっていても、衛生教育ひとつ
しなかった。

様々な毒虫に刺されて化膿し、人々が血や
膿を流して働いていても、薬一つ与えなか
った。

その一方、オランダ人だけは完璧に衛生的な
環境を作り、その中で文化的な生活をエンジョイ
していたと言う。

そのためであろう、日本軍が入ってきたときの
歓迎ぶりは、まさに地鳴りがするほどのもの
だったそうである。

やがて日本軍は敗退するが、その後には再び
オランダ軍が戻ってきた。人々はこのオランダ軍
と戦ってインドネシアの独立を勝ち取るのである。
このような実情は、アジア、アフリカ全体に
共通する傾向だったに違いない。しかし、
いかに過酷に支配されようと、これら植民地に
抵抗らしい抵抗は存在しなかった。

「白人はアジア人など猿と同じだと考えている」と
小学校時代に教わったが、真相はこれに近いもの
だったのではないだろうか。

その無力なアジアの一角に、白人の心胆を
寒からしめる「抵抗勢力」が出現した。日本は
開戦劈頭(へきとう)、ハワイを急襲して米太平洋
艦隊を撃滅し、イギリスの不沈艦プリンス・オブ・
ウェールズを撃沈した。

日本のと戦いに勝利した後、アメリカ占領軍が、
この極東の危険国家を、軍事的にだけでなく
精神的にも武装解除しようと考えたとしても
不思議はない。

そこから、占領軍による我が国の伝統文化へ
の全面否定が開始された。家政学や家庭科に
おける、父や母を敵とするかのような気負いも、
この延長上に位置づけられるものなのである。

 

 

私の大学時代だから、もう五十年も
昔になる。

ある日の家政学の講義で、女性教授が
「家庭の目的は、それを構成する家族
一人ひとりの幸福にある」と語った。

当たり前の話なのだが、それにしても、
彼女の物言いには妙に力がこもって
いる。誰かが家族の中にあって、一人
ひとりの幸福を破壊しているのだとする
気負いが、発言の背後に感じられた。

この傾向は、今日の高等学校の家庭科
にも引き継がれている。淡々と授業が
展開されるのではなく、常に何者かが
家族を圧迫しようとしている。家庭科は
これらの不当な圧力と戦わねばならぬ
という「悲壮感」に溢れている。

昭和31年 渋谷 東急文化会館開業 跡地には2012年(平成24年)、新たな複合ビル「渋谷ヒカリエ」が開業した。

1956年(昭和31年) 渋谷 東急文化会館開業
跡地には2012年(平成24年)、新たな複合ビル「渋谷ヒカリエ」が開業した。

戦前の父親といえども、決して「家族の敵」
だったわけではない。赤貧(せきひん)洗う
ような貧しさの中でも、父は、家族にひもじい
思いをさせまいと必死であった。

母が、我が身以上に家族に尽くしたことは
言うまでもない。厳しさの中で、ひしと身を
寄せ合い、いたわり合って生きていたのが、
戦前のごく普通の家族だったのである。
まして今日、我が子を無視して自分の利益
のみを考えたり、子を搾取の手段としたり
するような親はどこにもいない。それなのに
家政学や家庭科は、どうして今も「家庭の
民主化」のため、これほどに張り切ってしまう
のであろうか。

 

 

第1回中学校見学説明会

昨日の学校見学説明会には
多くの方にご参加いただきまして
まことにありがとうございました。

学校長の挨拶、入試の概要説明
だけでなく、吹奏楽部による生演奏
をお楽しみいただきました。

DSC_1246

DSC_1277

DSC_1308

今後も趣向を凝らした企画を通して本校の良さ、
本校の生徒の素晴らしさをお伝えいたしますので
是非、次回の学校見学説明会にも足をお運び
ください。

 

 

第1回中学校見学説明会

本日6月16日(土)14:00より本校講堂にて
第1回中学校見学説明会を実施いたします。

今回は実際に本校に足をお運びいただいて
“狭山ヶ丘”のことを知っていただくことが
最大の目的ですので、在校生のいきいきと
した姿をお見せできるよう準備いたしました。

吹奏楽部によるプチコンサートも見どころの
ひとつです。

512N2F6E6DL

先ほどもお電話にてお問い合わせを
いただきましたが、学校見学説明会やオープン
スクールでは、毎回趣向を凝らした、異なる企画
で皆様をお迎えする予定です。

是非、複数回ご参加いただき、本校の良さ、
本校生徒の素晴らしさを直接ご確認ください!

堅苦しい話ばかりではございませんので、
皆様のご来校を心よりお待ちいたしております。

無料!!!スクールバスを運行しています!

 

本校では無料スクールバスを各駅から運行
しています。全員が乗車できるようバスを配車して
いますので、乗れないと言うことはありません。

 

■川越駅(JR埼京線・東武東上線)西口より約40分
スクールバス川越駅乗車場所の写真
■入曽駅(西武新宿線)東口より約15分
スクールバス入曽駅乗車場所の写真
■箱根ヶ崎(JR八高線)駅西口 送迎バス乗り場4番より約20分
スクールバス箱根ヶ崎駅乗車場所の写真
■狭山市(西武新宿線)駅東口ロータリーより約25分
スクールバス狭山市駅乗車場所の写真

詳細はこちらです。

とある新入生の抱負(4)
高等部 Ⅲ類

入学してから1ヶ月経ちました。クラスメイト
とは徐々に仲良くなってきました。

私はⅢ類に入学し、現在吹奏楽部で活動
しています。私がⅢ類を志望したのは、
中学生の頃よりも技術を磨き、部活動に
専念し、全国大会を目指したいからです。

北海道_札幌/羊ヶ丘展望台_夏

私の所属する吹奏楽部の先輩はとても優しく、
尊敬できる方がたくさんいらっしゃいます。
私もそうした先輩を見習って日々努力して
います。

部活動に疲れている人が私のクラスには多い
ようですが、みんなとても明るく、優しく、友達
思いの人がたくさんいます。

920001012398

正直言いますと勉強はあまり得意ではありません
が、各教科の先生は丁寧にわかりやすく教えて
くださるので、授業にも気合いが入ります。

勉強の積み重ねは非常に大切ですので、一日
一日を有効に使って、勉強との両立を図っていく
ように考えています。

将来はテーマパークで働くことが希望ですので、
夢に向かってしっかりと取り組んでいきたいと考えて
います。

20080227_481717

1 / 3812345...102030...最後 »

ページ
TOP