20211204_trip
12月1日(水)から3日(金)、中3学年6クラスを前半と後半の2班にわかれ、移動教室で京都へ行きました。
新型コロナウイルスの影響により約2年ぶりとなる宿泊行事です。
感染症予防のためのルールや宿泊日数も一泊二日と通常の移動教室とは違い短縮した形とはなりましたが、行事を心待ちにしていた生徒たちは旅を満喫していました。

今回の移動教室は、例年とは違って自主研修の多いプログラムとなりました。
生徒たちは事前に行きたい場所や交通手段、費用などを細かく調べて準備を重ね、現地でそれぞれの場所を堪能しました。


記事はこちら

20211203_softtennis
中高ソフトテニス部より、11月の活動報告が届きました。


私学大会新人戦優勝

 11月21日に大妻中野杉並コートで行われた第37回東京私立中学校新人ソフトテニス選手権大会の決勝大会で、本校の中2ペアが優勝を果たしました。
コロナ禍の中、思うように練習ができず、本大会も無観客での実施となるなど制約の多い中での試合でしたが、自分たちの持ち味を生かしたのびのびとしたプレーを最後までやり切ることができました。
 なお、他に中2の1ペアと中1の1ペアがベスト16に残り、入賞を果たすことができました。


中高ともにチーム一丸となってこれからも頑張っていきます!
応援よろしくお願いいたします。


記事はこちら

20211203_jjb
実践女子学園高等学校吹奏楽部
第30回定期演奏会 〜JJB Story〜
 思い出の曲で振り返る、JJBの歩み

 12月22日(水)15:15 開場 16:00 開演
            (18:30終演予定)

 国立オリンピック記念青少年総合センター
 カルチャー棟 大ホール


2年にわたるコロナ禍。
やっと訪れたホールでの演奏の機会!
平日で難しい方も多いとは思いますが、夕方開演ですので、最後の30分だけでも足をお運び頂ければ幸いです。

私達と一緒に、ほんの一時でも日常を離れて、楽しい音楽の時間を共有しませんか?
部員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。


記事はこちら

20211201_illimination
11月27日(土)にイルミネーション点灯式が行われました。
実践女子学園では、毎年冬のはじめにJJF(Jissen Joshigakuen Fathers)のお父様方が、プロムナードにイルミネーションをつけてくださいます。
本日もお昼前からお父様方の作業が始まり、日が暮れ始める時間に合わせて、点灯式が行われました。

点灯式では、高校生徒会のメンバーが「毎年イルミネーションを楽しみにしています。」とJJFのお父様方に感謝の気持ちを伝えました。
カウントダウンが進み、ついに点灯されると、「わあ~」と集まった生徒たちの声や拍手が聞こえました。


記事はこちら

20211130_parent
11月25日(木)から27日(土)までの3日間で中1・中2・高3学年で保護者面談が、11月27日(土)には、中3・高1・高2学年で保護者懇談会が行われました。
また、あわせて1週間の授業見学週間も行いました。

これまで新型コロナウイルスの影響により、ご来校いただいての見学会がかないませんでしたので、久しぶりに保護者の皆様に生徒たちの授業での様子を見ていただきました。

中3学年の保護者懇談会の全体会では、修学旅行に関するお話を、高1・高2学年の全体会では、高校教頭とキャリア教育部長より、内部推薦制度や大学入試改革における本校の取り組みについてのご説明をいたしました。
保護者面談の教室では、各学年、10月の中間試験の成績をもとにした振り返りやご家庭での勉強の様子をうかがったり、担任からクラスでの様子をお話したりしました。
高3は三者面談で志望校についての最終確認、この冬に取り組むべきことなどをじっくりと確認していきました。


記事はこちら

20211129_mirai
11月の高1「未来デザイン」の授業では、来年の3月に予定されている修学旅行に向けての事前学習が行われています。

 高1の修学旅行は、ニュージーランド・シンガポール・沖縄の3カ所から行き先を一つ選び、現地の取り組みを体験する選択制となっていますが、今年は感染状況を鑑み、海外コースを選択した生徒たちは国内コースに変更して行われます。
広島や瀬戸内のしまなみ海道・倉敷などで研修を行う瀬戸内コースか、長崎市や対馬・福岡で研修を行う九州北部コースのどちらかを選択し、準備を進めています。


記事はこちら

20211127_sea
11月18日(木)、中学2年生が1日校外研修として、八景島シーパラダイスに行ってきました。

本校では毎年、中学2年生は宿泊行事として校祖・下田歌子先生のふるさとである岐阜県恵那市を訪れます。
しかし、今年はコロナ禍で行うことができなかったため、日帰りの校外研修へと内容を変更することとなりました。
昨年度の宿泊行事も中止になった中2にとって、この日が初めての校外での学習です。
「普段の教室では体験できないようなことをたくさん経験しよう!」と、とても楽しみにしていた生徒たちは、朝からウキウキし、校長先生に見送られ、大はしゃぎしながら元気に出発しました。


記事はこちら

20211126_guide
11月19日(金)、高校2年生を対象に学部系統別ガイダンスが行われました。

このガイダンスでは、実践女子大学も含めた様々な大学の先生方をお招きし、「大学の学問とはなにか」「大学で何を学ぶのか」をご講義いただいたり、模擬授業を行なっていただいたりしています。

 たとえば、「外国語」をテーマにした授業では、「英語を学ぶ」だけでなく、英語での交渉や、リサーチすることを目的とした参加型授業が展開されました。
はじめは恥ずかしがっていた生徒たちも、授業が進むにつれて英語で楽しくコミュニケーションをとれるようになりました。
また、別の授業では、「高校の授業で知識をしっかりと身につけ、大学での学びに大事な土台にしてください。」という先生からいただいた言葉に、高校での学びの大切さに改めて気がついた生徒もいました。


記事はこちら

20211125_mother
11月17日(火)、中学1年生が1日校外研修として、千葉県富津市にあるマザー牧場に行きました。
本来であれば、5月の移動教室週間に鎌倉へ行く予定でしたが、新型コロナウイルスの流行状況を考慮して、時期と場所を変更しました。
これまで、コロナウイルスの影響により、さまざまな行事や学校生活が制限されてきた生徒たちにとって広々とした自然の中で過ごすことはとてもよい気分転換となりました。

到着した生徒たちは牧場の広さに驚き、本物の牛を見て「わぁ、生きてる!」と素直な感想を言葉にしていました。
また、ファームツアーに参加し、羊や山羊、アルパカへの餌やり体験を行いました。
動物たちに積極的に餌やりをする生徒や近づくのを怖がる生徒など、学校ではできない体験にいきいきとした表情を見せていました。
ツアー後半には、和牛の牛舎を見学し、牧場のスタッフの方から飼育方法やその理由などの説明を聞いて、生き物と食べ物に関することを考える生徒もいたようです。


記事はこちら

ページ
TOP