12月22日(水)、2021(令和3)年度第2学期が終了しました。
この9か月間、皆さんにとっての学校生活はどうでしたか。
時間を作って、ぜひ振り返ってみてください。

以下は、終業式式辞の一部抜粋です。

********************
第2学期終業式にあたり、4月からこれまで、集会や朝礼で皆さんに話をしてきたことを振り返り、今の思いを伝えたいと思います。

4月当初には、三つの言葉を贈りました。どんな言葉だったでしょうか。
一つ目、 ひらがなの「さ」を「か」に変える。今さら、でなく今から。「入り口はどこにでもある」ということです。
二つ目、 目の前の人を リスペクト
三つ目、 レジリエンス 折れない心

同じ4月の全校放送朝礼 「雲の向こうはいつも青空」
暗く低く垂れ込めた雲は、目の前にある困難や、立ちはだかる逆境の例え。しかし、その困難や逆境の向こうの、はるか高いところには、青々として澄みきった空、希望や夢が、いつも、ある。

5月、「辛抱」という言葉の意味
漢字で、辛さを抱く、抱えると書いて辛抱。目の前の受け止めたくない、苦しくて辛いこの現実に対して、あえて、避けたり、逃げたりせずに、そっくりそのまま、まるごと事実として受け止めて、その上で、なんとか対処していこうと前向きに考えていく。それが「辛抱」。

6月、私が担任をしていたころのクラス目標 5つ紹介しました。
1 あいさつができる   2 掃除ができる  3 時間が守れる  4 自分の意見が言える  5 人の心の痛みがわかる

1学期終業式では、東北の山奥に住む魚釣りの名人とイワナの話。
「自らの命は自分で守る」ということ。

2学期始業式には、私の失敗談。
プロ野球の教え子、千葉ロッテマリーンズの美馬学投手。藤代高校時代「プロ野球選手になりたい」という彼の夢を、「無理」と決めつけた私の勝手な思い込み、私の大きな失敗談。最後まで諦めない気持ち、夢を叶えようと努力する若者の可能性を信じることの大切さを彼から学びました。キーワードは「信じる」でした。

10月の全校朝礼では 先生方と作った合言葉を紹介しました。
階段のところにも貼ってありますので、ご覧ください。

11月には、北海道で営業を始めた「猫のマークの宅配会社」の話。
たったひとつの荷物にも真心が詰まっていて、「自分たちは大切なものを運んでいるんだ」と気づく。「仕事と心」の話。

こう振り返ってみると、話に共通しているテーマは「人としての在り方・生き方」についてです。皆さんに「人としての在り方・生き方」をともに考えていただきたかったのです。
これらの話やキーワードが、少しでも皆さんの人生を考える上でのヒントやきっかけになってくれれば幸いです。
(以下略)
********************

本日終業式を行い、無事に2学期を終了することができました!

2学期開始時は、新型コロナウィルス第五波が来たことによりどうなるかと思いましたが、
中学生全員が元気に登校し、学校生活を過ごすことができました。

昨日は、生徒指導部による冬休みの過ごし方・防犯対策・SNSの使い方を再度確認しました。



 

また、本日は終業式・クラスHRを行い、最後に通知表を渡しました。
クラスHRでは、「2学期の思い出」という動画をみんなで視聴しました。



イベントが盛りだくさんだった2学期を振り返り、
クラスでは、「あの時は楽しかったね」とそれぞれが思い出を噛みしめていました。

そして、通知表を先生から直接受け取りました。



それぞれ良かった点は伸ばしつつ、良くなかった点はしっかりと反省し、来学期に活かしてもらいたいです。

明日からは冬期講習と1月に受験を控えている英検対策講座が行われます。
明日からも中学校一丸となって、最後まで頑張りましょう。

良いお年をお迎えください。

2022年度大学入試(学校推薦型選抜入試)の合格者速報です!

●3年1組 Uくん(内部進学生)
国際教養大学 国際教養学部 合格

●3年1組 Mさん
東京都立大学 健康福祉学部看護学科 合格

おめでとうございます!!

ふたりとも、上記の大学を志望してがんばってきました。
こちらの生徒インタビュー動画(2021年10月撮影)でも公開されている生徒たちです。ぜひご覧くださいませ!

12月19日(日)、中学入試イベント【入試対策講座】を実施いたしました!
休日にもかかわらず、多くの受験生、また保護者のみなさまにご参加いただきまして本当にありがとうございました。

国語・算数・英語・適性検査型、それぞれの講座で、本校の教員から入試問題を解く上でのポイントなどをお伝えしました。

 

先生の話に耳を傾け、メモをとったりなど、熱心に取り組んでいる姿勢が印象的でした。
保護者の方も教室で一緒に受講いただきました。

 

入試本番まで、あと1カ月ほどです。
体調には十分気をつけながら、よい状態で本番を迎えられるよう、今回の講座も役立てていただければ幸いです。

ご不安な点やご質問などありましたら、いつでも遠慮なく本校までお問合せくださいませ!

こんにちは!総合進学コース(高1・高2)です。

先日行われた「コース集会」
総合進学コースでは、高校3年生の代表者による【大学受験合格報告】を行いました。

先輩たちがどのような経緯でコース・進路決定に至ったのか、学校生活をどのように過ごしたか、
また、総合型選抜入試・学校推薦型選抜入試について、それぞれで生かしてきた受験に関してのアドバイスを聞くことができました。

 

これからコース・進路を決定していく1・2年生にとって、とても貴重な機会となりました。
先輩方、ありがとうございました!!

中学校の総合学習にてグループ発表会】を行いました!

8グループに分かれて活動をし、
①文化祭に向けての模造紙の作成 と、
②グループ学習の集大成としてパワーポイントを使ったプレゼンテーション を行いました。

以下、各グループの発表のようすです。

~女性の人権~

~インターネットの人権~

~子どもの人権~

~障がい者の人権~

~外国人の人権~

オリンピック、パラリンピックと人権~

~病気と人権~

~ユニセフの取り組み~

各グループ、趣向を凝らしたパワーポイントを使い、何度も練習・改善してきた成果を発揮することができた発表会になりました。
社会の中にある「人権課題」を他人事ではなく、自分事として考えられる良い経験になったと思います。

今回のグループ学習で学んだことを3学期に行われる【個人研究発表会】では、さらに知識や考えを深め、
1年間かけて取り組んだ総合学習が良いもので終われるように、精進してほしいものです^^!

す。

こんにちは。高校1・2年 特進コースです!

期末試験を終えてほっと一息、【コース集会】が行われました。
今回はベネッセの方をお呼びして、進路講演会を行っていただきました。
題して「希望進路合格に向けた学習のポイント」

今回は普通の講演会ではありません。自分の模擬試験の結果を手元に置いての参加です。
自分の帳票をみながら、どこを見たらいいか、どのように活用したらいいのか、具体的な内容にみんな熱心に聞き入っていました。

進路を考えるうえで、模擬試験の活用はとても重要です。
しかし、普段の定期試験と違い、どう対策したらいいのか分からない。その不安を解消するヒントがちりばめられていました。どの部分が響いたかは、一人ひとり異なるはず。
次の模試に向けて、それぞれが見出した、それぞれの課題に取り組んでくれることでしょう。

以下、生徒たちのレポートです。

【1年生】
・分かりやすく説明してくださったので、頭にスッと入りました。「まだ高校1年生」とは思わず、来年はもう大学についてしっかりと考えていかなければならないと、実感させられました。

・一番感心したのは、実力はすぐにはのびないということです。ちゃんとコツコツやって初めて、学力が身についてくるということを学びました。

・自分は今までこの模試の直しを作業のようにやっていました。勉強のやり方がわからず、集中力もないので、できるだけ簡易的に楽にと思ってしまう部分がありました。しかし、今回の講演会で解き直しのメリットと意義、方法が良く分かりました。今回のパワーポイントであった解き直しの方法を参考に冬休みの間、勉強に取り組んでみたいと思います。

【2年生】
・私は今まで全く見直しをやってこなかったので、データ的にもこんなに有効な勉強法なのだとも思わなかったし知りませんでした。それから、得意教科、苦手教科での伸びるまでの時間も知らなかったので、知れてよかったです。振り返りのノートの作り方なども自己流だと不安になるけれど、お手本が見られて安心しました。

・冬休みは沢山時間があるので、得意な教科の基礎を固めて、苦手な教科はたくさんの知識を入れて、苦手意識だけでも失くしたいと思いました。今日の講演でいろんな意識が変わりました。

・今回の講演で自分の今いるレベルがわかった。

・大学入試に向けて、勉強を始めている中で、勉強方法や入試方法など、様々なお話を聞くことができてよかった。志望校の判定や、模試の結果など、自分の今の実力がわかるものと照らし合わせて、説明を聞くことができたので、とてもイメージがわきやすく、真剣に考えることができた。今回の結果から、次回の結果までに、何を最初に行い、どのように勉強すれば効率よく点数を上げられるかがわかったので、必ず結果に結び付けたいと思う。

期末試験が無事に終了しました!

本日は、中学生3学年が縦割り班となり、【茶道と華道】の礼法が行われました。

【茶道】では、感染症対策を十分に行った上で、お菓子とお抹茶を頂きました!
中学1年生は、初めての茶道でした。初めての長時間の正座に苦戦している姿も見られましたが、一生懸命に先生方の真似をしながら、取り組んでいました。
上級生である中学2年生と3年生は凛とした姿で取り組んでいるのが、印象的でした。

【華道】では、クリスマスやお正月が近いこともあり、フラワーアレンジメントに挑戦しました。
赤や黄色のカーネーションを使ってアレンジメントをした後、クリスマスやお正月らしいラッピングやデコレーションをして、それぞれの個性が出ている良いものが作れました。
帰ってからもお家でも大切にし、是非お正月まで綺麗なお花を楽しんでほしいです!

昭和の時代は、地方大学受験の場合、遠方のため合否発表に合格電報を利用したりしました。合格の場合、電文には「サクラ サク」や「コガネ ミノル」などがありました。当時の私は受け取った経験がありませんでした。

さて、高校3年生から続々と受験結果が報告されています。
その中で、国際教養大学への現役合格の報告が届きました。おめでとうございます。
中学から入学した生徒が6年間の貞静学園での学習及び学校生活を送って、国際教養大学から見事に合格をいただきました。
国際教養大学をご存知ない方は、ネットで検索していただきますと、その難関さがご理解いただけると思います。偏差値で67.5〜70.0、あるいは70前後などと紹介されており、旧帝大(国立旧一期校)レベルです。

第一志望をあきらめずに粘り強く取り組む彼のその姿勢に、人としての在り方、生き方についても学ばせられました。大快挙です。

ページ
TOP