新学期の初めは部活動体験期間、新入生がさまざまな部や同好会を見学し、体験参加をしていました。

280661235_1335245336970882_2869719896389132938_n

こちらは理化学研究会。位置づけは同好会ですが、外部大会での研究発表や受賞など、実績では他の他校の高校生にも引けを取りません。期待で胸いっぱいの新入生を集めて、上級生が設備や実験のようすなどを優しく教えています。

280690380_1335245403637542_802526767060597214_n

とくに目立っていたのは第1期生である4年生(高等部1年生)。入学したころとは見違えるように成長した体格もさることながら、国内外の研究会の参加や発表など場数を踏んできたこともあり、態度にも自信と余裕が感じられます。

連綿と続く理科好きの系譜。先輩から後輩へと、しっかりと受け継がれているようです。

 

ゴールデンウィークが明けてすぐの7日(土)、八王子エスフォルタアリーナでスポーツフェスを行いました。

今回は応援席から保護者の方にもご観覧頂くことができ、4学年揃っての大きなイベントとなりました。

 

スポーツフェスを実施しました!All had fun in the Sports Fest 2022

 

この記事の続きはこちら→

ドルトンプランの根底にある「学習者中心の教育」という理念は、生徒自身が興味を持ちみずから学びに向かうことで、それは「生きた学び」としてその子に蓄えられる、という考え方から来ています。そのため、ドルトン東京学園では教師による一方的な教え込みを避け、生徒が自ら選んだり決めたりする機会をたくさん設けています。

279356834_1325822751246474_4967655146209710350_n

毎週水曜の7時間目は、オフィスアワーの時間。生徒はそれぞれが取り組むことを決めて、(Webで)予約した関連教科の先生の教室に向かいます。理科室で実験に熱中する子もいれば、

279421391_1325822777913138_5034570554345614857_n

美術技術室で思い切り創作活動に励む子も。この時間をうまく使って、授業中に出た課題を仕上げている子たちもいます。

ときおり受験生の保護者から、「やりたいことが見つからない子はどうなるでしょう?」とご質問をいただくことがあります。実際に在校生のようすを見ると、あまりそういう心配はないのではないかという気がします。「自分の時間」だからこそ自分で有効に使う、たまに無為に過ごしてしまうことがあっても、それはそれで今後の反省材料になる、ドルトン生はそんな風に成長しています。

スポーツフェスの開催まであと1週間、ハウス対抗戦となるため、1年生から4年生まで(中1~高1生)一緒になって練習をしています。

DSC_2242

これは大縄跳びの練習、場所は最近グラウンドに設置された、テニス・バスケットボール用の多目的コートです。

DSCPDC_0000_BURST20220425150309229

スモールハウス18名ほどが1チームとなり、列に並んで次々と縄を跳んでいきます。1度跳んだらすぐ抜けて次の人に交代し、制限時間内に何人跳べるかの勝負です。練習を続けるうちにだんだんタイミングをつかんできて、回数も順調に伸びてきました。

当初Zoomミーティングルームで開く予定だったのですが、あっという間に申し込みが200件を超え、Zoomウェビナーに変更して開催となりました。

当日は400名以上の方にご参加いただく大盛況、一方通行になりがちなウェビナーを、少しでもライブ感を感じていただけるように、

279230629_1324343658061050_1837002467571213285_n

荒木校長のウェルカムメッセージ、

279171915_1324343608061055_1538004132432044893_n

布村副校長からの教育内容のご説明に続いて、

279193344_1324343558061060_4217041429455437627_n

中2在校生に学びと学校生活のあれこれをインタビューする、という企画を行いました。生徒の率直な感想や、「学校をこうしたらよいのでは」という提案など、参加者アンケートでは「生徒が遠慮せずに発言できる雰囲気がいい」「生徒と先生が一体になって学校を作っているようすが感じられた」とご好評をいただきました。

ご来校いただくイベントは、5月28日(土)のオープンスクール(校内見学会)が皮切りとなります。みなさまのご参加をお待ちしています。

ありがたいことに予想をはるかに上回る資料請求をいただき、2022年度版の学校案内は昨秋の増刷分も3月で底をついてしまいました。ただ今2023年度版のパンフレットを急ピッチで制作しています。

今年も新戦力が加入した教員スタッフ、全員で写真におさまって掲載しよう!ということで、大階段に並んでいると…

278891261_1322018631626886_7845630182753649729_n

いい背景ができたとばかりに写真を撮ってもらう4年生女子。

278972789_1322018554960227_1694463014510596470_n

先生たちは「映え」に一役買えたでしょうか?

278976180_1322018598293556_4861687441839860022_n

DSC(生徒会)中心メンバーも笑顔で1枚!

2023年度版の学校案内は、連休明けの「子どもまなびフェスタin武蔵小杉」「私立中学校合同相談会in新百合ヶ丘」(いずれも5月8日)を皮切りに、「Discover東京私立中学合同相談会」(5月15日)、そして校内最初の学校見学会となるオープンスクール(5月28日)でお配りする予定です。どうぞお楽しみに!

※各イベントのご案内と申し込み、主催者サイトのリンクは、本校ホームページ「イベント情報」をご覧ください→

4/15は朝から全学年、各教室でラボに関するオリエンテーションに参加しました。

ドルトンの大きな特徴の一つであるラボラトリー(通称「ラボ」)は、

興味の裾野を広げたり、興味あることを更に深掘りしていくために、

生徒が自ら設計し、学んでいく時間です。

ラボは基礎ラボと探究ラボにわかれ、

基礎ラボは学年・ハウス単位での様々な活動に当てられています。

探究ラボは更にテーマラボとオフィスアワーに分かれます。

テーマラボは、教員の専門分野や外部の専門家を招聘して、

年間約140の多彩なテーマで展開する時間。

オフィスアワーは生徒が好きな場所で好きなことを学ぶ時間という位置づけです。

 

全校ラボオリエンテーション~Laboratory Orientation

 

この記事の続きはこちら→

中1生が入学して約1週間、彼らをハウス(異学年でつくる生徒コミュニティ)に迎えるレクリエーション行事がありました。

278491601_1316925368802879_576957915317982620_n

今年は1年生から4年生(高等部1年)までの全校生徒が6つのビッグハウスに分かれ、それらが各4つのスモールハウス(人数は17~18名です)で構成されています。スモールハウスごとに室内でゲームに興じたり、

278497366_1316925565469526_3296170379878840502_n

校庭に新しくできたバスケットボールコートで体を動かしたり、

278418671_1316948692133880_2185460513158108442_n

新入生を連れて校内各所を案内したり。半日をともに過ごす間にすっかり距離も縮まったようです。

第四期生の入学式では、準備から当日の運営まで、新3年生有志が大いに活躍してくれました。新入生を案内・誘導し、かいがいしく世話を焼く姿を見るにつけ、「成長したなあ、大人になったなあ」と感慨もひとしおでした。

DSC_2232

朝早くから集まって、最終確認をしている様子。標準服の正装も板についています。

IMG_7491M

カメラに気づくとこの様子。みんな根はお茶目で明るい子たちです。

4月7日は穏やかに晴れ、最寄りのバス停から校舎に向かう小径では風に桜の花びらが舞う、新入生を迎えるには最高の日になりました。

会場準備や受付、新入生の案内誘導を担当してくれたのは新中3生です。

IMG_7487

まず6ハウスの教室に分かれて、担任からいろいろと説明を受けますが、まだ顔つきも神妙で緊張は隠せません。

DSC_2231

DSC_2235

歓迎のイラストを喜んでくれたでしょうか。

DSC_2236

式典会場に入る前も、3年生がかいがいしくリボンやネクタイを整えてあげています。すっかりお兄さんお姉さんぶりが板についていますね。

 

 

1 / 5812345...102030...最後 »

ページ
TOP