352ab902-6e9d-4972-8ace-f264a106e6c3
高校バスケットボール大会が1/23(月)25(水)、本校体育館で行われました。
優勝決定戦は2A対2B。接戦を制し、大会の頂点に輝いたのは2年B組でした✨

【優勝チームの指導者、バスケットボールクラブ生徒2人にインタビュー!】
初戦が1番苦しかったです。点数がなかなか入らず、タイムアウト。「落ち着いてボールを打つこと、リングをめがけてボールを投げること」をアドバイス。
その後、シュートが決まり、流れが来ました。
教えるときに大切にしたことは、ディフェンスでファールをしないこと。試合ではパスの出し方(空いているスペースを見つけること)を工夫しました。
そしてなによりバスケを楽しむこと。
バスケットボールクラブの部活では形を決めて試合に臨みますが、今回は、自分の個人のプレイを発揮させることに力点をおきました。
毎試合、シュートが決まったときはとても嬉しく、メンバーのルーズボールへの執着心を感じました。
優勝が決まった瞬間「ヨッシャー!」ととても感動。昼練習でがんばった成果を発揮することができました。
他のクラスもすごくいいプレーがたくさんあって、どの試合も接戦で、そんな中、勝ち抜くことができてとてもうれしかったです。

2年B組、優勝おめでとう🎉
そして、高1高2、10クラスの選手達、素敵なプレーと感動をありがとう🏀

6人

1月21日(土)に高1の2名、高2の4名の計6名がオーストラリア短期留学に出発しました。
高1と高2の4名がSt. Aidan’s Anglican Girls’ School、高1の2名がClayfield Collegeで学びます。
2校ともブリスベンに位置するオーストラリアの伝統女子校です。
帰国は4月2日(日)です。
オーストラリアで多くのことを経験し、学んで帰国することを期待しています!

0d5e3501-de07-42b3-a729-01baf19d5e531/10に3学期始業式が行われました。コロナ感染予防のため、高校生は講堂で、中学生は自分のホームルームからTV中継で参加しました。

校長先生の式辞です。
◆「今年一年、抱負を持とう。具体的には次の5つの視点を持ちます。」
①理想に近づくこと。 
②具体的であること。 
③実現できること。 
④期日を決める。 
⑤ふりかえろう。

学校は安心な場所、可能性を広げることができる場所。
幸せな人生を送って欲しい。自分の手で掴み取って欲しい。
そのために、学校は教育の環境を整備することをお約束します。

そして「何か一つ、得意な分野を持とう。」目標に向かってチャレンジして、自己更新することを応援します。

◆1/11からコロナ禍でストップしていた放課後学習が再スタートします。生徒からの要望で、上級生は部活動後も学校に残って勉強することができます。先生方も当番制で一緒に残ります。ときには補習を行うこともあります。宿題を学校でしたり、得意科目は90点以上獲得する!という目標を立てて勉強したりと学びを深めます。
校長先生は「自分の翼を鍛えよう」と力強くおっしゃいました。

◆式の最後に、今週に迫った共通テストを受ける高三生にエールを送るため<We Shall Overcome >を独唱なさいました。この曲はアメリカの公民権運動のシンボルとして歌われていた曲です。社会科の教員でいらした校長先生は授業でもこの曲を取り上げていました。一番ではWeをYouに変えて「打ち勝って乗り越えてほしい」という気持ちを高三生に届けました。

555e2dc9-5732-4dcf-8f51-e0bb8491f9de12月27日(火)府中の森芸術劇場にて、第46回東京都高等学校アンサンブルコンテストが行われました。
本校からはクラリネット7重奏のアンサンブルが出場しました。高2、3人、高1、4人からなる高校生のアンサンブルです。
演奏した曲は福田洋介氏作曲のピクセルズ。
<ピクセルズ>は、1つずつの「ピクセル」(PC用語で画像表示される点)がつながりあって、様々な音楽の紋様を立体的に描いていく…そのような曲です。
曲の出だしは細胞単位の生き生きとした生命力を感じます。途中、音楽が波打つように大きな波動を描きます。クライマックスでは自然にだんだんと非常に盛り上がっていくのですが、加速して華やかに締めくくることができました。今までで最高の演奏ができました!
寒い中、週4回の朝練も欠かさずに行いました。音楽にどっぷりとつかった充実感、本番でやりきった達成感は、何ものにもかえ難いものとして、生徒たちの心に残ることでしょう。
温かい音色、上品なサウンド、落ち着いた中にも推進力のある演奏で、素敵に演奏することができました。
中学1年生の生徒も応援に来てくれました。先輩の演奏に「すごくよかったです!」と恥ずかしそうに伝えていました。このようにして先輩から後輩にクラブの音楽が引き継がれていきます。
青春って素晴らしい✨ ブラボー! ブラビな生徒たちに拍手です!

2a3819d0-7599-4c19-8e81-706a05416840みなさま、クリスマスはいかが過ごされましたか?
器楽&音楽クラブでは、12月24日、本校講堂にて、合同のクリスマスコンサートを行いました。
生徒のアイディアによる初めての試みです!
お客様は三輪田生、器楽&音楽クラブのご家族の方、先生方です。

音楽クラブの合唱(マライア・キャリーさんの「恋人たちのクリスマス」 All I Want for Christmas Is You)に始まり、14チームのアンサンブル、最後のプログラムはディズニーシーのアトラクション「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」で流れている「コンパス・オブ・ユア・ハート」です。
吹奏楽に合唱が加わってスケールが大きく、感動しました。お客様もとても喜んでくださいました!

10月の文化祭の後から、2つのクラブで工夫しながら楽しんで練習してきました。
コンサート当日は写真のようにクリスマスの装いです!
部員はサンタの帽子やクリスマスグッズに身を包んで演奏しました🎅

舞台は生徒を大きく成長させます。
頑張った舞台。生徒達にブラーボー!

IMG_820712月14日(水)kudan house旧山口萬吉邸にてビジネスプランのプレゼンテーションを行いました。
竹中工務店の鍵野さん、運営会社Ni-WAの高山さん、オーナーの田村(旧姓山口)さん、フリーランスの服部さんに審査員を務めていただきました。
最優秀賞は「プロムナードシアター」を提案したチームDoraemon、特別賞は「リアル謎解き脱出ゲーム」を提案したチーム四人寄れば文殊の知恵が受賞しました。最後に審査員の方から講評をいただきました。

~鍵野さんからのメッセージ~
若い生徒の皆様の発想やアイディアを、とても楽しく聞かせて頂きました。皆さん時間がない中で、調べたり、メンバーで議論したり、九段ハウスのことも真面目に考えて下さって、どの案も想像より素晴らしいプレゼンテーションでした。

~生徒達の感想~
・CSV経営の難しさを痛感しました。CSV経営では、文化財を守る、維持する、利益を生むという全てを達成することができる事業を考えなければならなかったので、アイディアを練るのがとても難しかったです。
・考慮すべき点を踏まえた上で、利益を上げることのできる企画を提案することはとても難しく、社会人になれば、これが当たり前であり、自分達の未熟さを身をもって感じました。
・文化財を保護し、維持していくことは、長期に渡る計画が必要であり、特に印象に残った言葉である“ブームを一瞬で終わらせない”がどれだけ大切かを学びました。
・今回のゼミでは、様々な視点に立つことが一番求められました。私たちが日常的に利用している施設や参加しているイベントにも社会的な意義があり、人々が考えた経営戦略の元で運営されていることにも気づきました。
・ビジネスプランを考えるのは大変でしたが、大学生の方々からアドバイスをいただき、大変刺激を受けました。
・今回学んだことは、将来ビジネスに携わることになったら、とても役に立つと思います。
・ビジネスプランをグループの仲間と一緒に考え、作り上げていく楽しさを学びました。
・今回、初めて、ビジネスプランを考えてみて、ただ単に面白いプランを考えるのではなく、旧山口萬吉邸に関わった人々の想いを受けとめ、収益を上げることも目的の1つとして、社会的観点や歴史的観点からプランを考えるということが非常に難しかった。
・kudan houseというとても素敵な有形文化財の建物の中で、貴重な体験ができました。今回学んだことを今後に活かし、文化の継承や社会貢献に関わる活動に積極的に参加していきたいです。

IMG_8341私たち高校2年生7名は今月21日に法政大学で行われた「手話講座特別編」という講座に参加した。講座には手話エンターテイナーとして手話普及活動に力を入ており、また現在注目を集めているドラマ、『silent』に桃野奈々の友人の江上美央として出演されている那須映里さんを始め、手話通訳士の方々をゲストとしてお迎えした。 那須さんは家族全員がろう者であるデフファミリーの一家に生まれ幼い時から手話を第一言語として生活をなさっている。 講座では、手話は世界共通ではないこと・手話はコミュニケーション手段の一つではないことなど、様々なことを学んだ。 手話は、日本語には日本語の手話、英語には英語の手話、フランス語にはフランス語の手話があるなど、国によって異なっている。また、同じ国の中でも方言があるため、稀に通じないこともあるそうだ。そのため、手話は世界共通ではない。しかし、国際手話という様々な国の手話を合わせたものがあり、それは正しい文法や単語の表現方法などはなく、ろう者の世界的な交流の場である「世界ろう者会議」や、国際的なろう者のスポーツ大会である「デフリンピック」などで使われている。 手話はコミュニケーションの一つではないとはどういうことなのか、この文を読む皆さんも疑問に思ったのではないだろうか。講義中にこんな質問が那須さんから私たちに向けて投げられた。 「『手話はコミュニケーション手段の一つである』この文に違和感はあるか? 違和感がないと思う人は手をあげてほしい。」 私はこの文に違和感を覚えなかったことから手を挙げた。また、私を含め、会場にいる90%ほどの人が手を挙げた。 那須さんはもう一つ質問を投げられた。 「『日本語はコミュニケーション手段の一つである』この文に違和感はあるか? 違和感がないと思う人は手をあげてほしい。」 私はこの文に違和感を覚えたことから手を挙げなかった。コミュニケーション手段と聞いて思いつくのはいつも、家族や友達と使っているLINEやE-mail、電話や手紙だ。日本語はコミュニケーション手段の一つなのではなく言語である!と私は思った。 那須さんは、「日本語が言語であるのと同じで、手話もコミュニケーション手段の1つではなく、1つの言語である。」とおっしゃった。ろう者の方の多くは毎日手話で会話をしている。耳が聞こえる健聴者は日本語や英語などで会話をしている。何が違うのだろうか。日本語も英語もフランス語もイタリア語もヒンディー語もアラビア語も、、、そして手話も等しく言語だということだった。 最後に那須さんは、「日常の中で不便だと感じることはあまりなく、電車のアナウンスが聞こえないことくらいであるが、これはろう者に問題があるのではなく社会に問題があるのだ。多くの健聴者は“耳が聞こえる方が良い“という考えを持っていることから、いまだろう者への差別はなくならない。私は、“ろう者と聴者が対等に生きていく世界“を目指していきたい。」と、講座を締めくくった。 高校2年生の私は、一年ほど前から手話を独学で勉強しており、那須さんが出演するドラマ『silent』を視聴している。ドラマの影響もあり、手話が日本中で注目されている今、ろう者の方への関心や手話のニーズが高まっていると思う。那須さんが講演の中でおっしゃっていた“ろう者と聴者が対等に生きていく世界“とは何かを具体的に考え、これからの社会を創る私たち若者の多くが手話を使うことができる世界を目指したいと私自身も考えた。

IMG_832012月20日と12月21日の2日間に分けて、明治大学駿河台キャンパスツアーに行って来ました。明治大学は、東京都に3つのキャンパス、神奈川県川崎市に1つのキャンパスを有する総合大学です。今回は、高1の34名と高2の31名の延べ65名が駿河台キャンパスを訪問しました。現役の明治大学の学生の方に、大学の概要について説明していただいた後に、リバティタワーを案内していただきました。ツアーの最後には、勉強や受験に関する質問タイムを取っていただきました。生徒達からは、「どんな入試方式で受験されたのですか。」「高3で、一日どれくらい勉強しましたか。」などの質問が出ました。他では聞けない日々の学生生活や受験の話、勉強のアドバイスなど明大生の方から生の声を聞くことができ、今後の進学や進路について考える大変良い機会となりました。

キャンパスツアーの後は、明治大学博物館を見学しました。建学の精神である「権利自由」「独立自治」に基づき学術研究の成果を公開し、学習に供することを目的にした3つの部門から成る博物館です。商品部門は「商品博物館」を前身として商品を通した生活文化のあり方を、刑事部門は「刑事博物館」を前身として法と人権を考え、考古部門は「考古学博物館」を前身とし、人類の過去と多様性を取り上げています。生徒達は、熱心に見学していました。

IMG_8276期末試験が終わった12月16日(金)に、English Committee(英語委員会)では、クリスマスクッキーを作りました。
Butter Blossoms、Snowballs, Snickerdoodles, Sugar Cookiesの4種類のクッキーを作りました。少人数のグループに分かれた生徒達は、英語のレシピを渡されて、Kalie先生の説明を聞いた後に作業に入りました。まず、材料を正確に計り、ボールに入れて、クッキーの生地を作りました。生地を冷蔵庫で休ませてから、クリスマスモチーフの型で抜いたり、スプーンですくって、天板の上にのせて形を整えたりしました。予熱しておいたオーブンに入れて、焼き上がりを待ちます。オーブンから出す時には、焦げていないか、中まで焼けているか、心配でしたが、上手に焼き上がりました。
同じレシピと分量で作ったのに、グループに依って、形も味もちょっと異なるクッキーが4種類出来上がりました。参加生徒達には、英語のレシピ、クリスマス仕様でラッピングされたクッキーが配られました。生徒達は、英語のレシピを見て、もう一度作りたいとKalie先生に感想を伝えていました。お家に持ち帰って、ご家族の方と一緒に召し上がって欲しいと思います。

*学園のガイドラインに沿って、コロナ感染対策を徹底させて実施致しました。

ブラボー2022年もあっという間に過ぎたように感じますが、一日一日は大変充実した生活を過ごすことができました。
校長先生の終業式での訓話、テーマは「ブラボー bravo!」です。ブラボー3つのお話。

①最新のNEWS、サッカーワールドカップから、浅野選手、森保監督について。
浅野選手は9人家族で家計が厳しい中、サッカーに打ち込みました。4年半前から、あのシュートを狙っていたそうです。
森保監督の言葉「偶然で無い、必然の未来。ベストエイトの景色は見られなかったけれど、ドイツ・スペインに勝利して、新しい景色が見られたこと。」

②先日本校で行われた「朝日新聞スポーツチャレンジA」で登壇された、ボッチャの銀メダリスト、高橋和樹選手。柔道選手として活躍していましたが大けがで柔道ができなくなりました。自分のせいではない困難、受け入れることのできない現実の中、新しく出会った「ボッチャ」という競技。

人は困難に直面しますが、熱中する何かを見つけて打ち込むことで忘れられ、解放されます。心は大きく成長し、悩みは小さく感じることもあります。未来を夢見て今を生きる。そこには別の新しい景色があります。
~皆さんにとっての新しい景色とは何ですか?~

③二学期、たくさんの生徒の頑張りが紹介されました。模擬国連本選初出場(本校、快挙のNEWSです!)をはじめ、写真コンクールでの賞など…。表彰という形でなくても、毎日、自分なりに頑張っていること、継続していること。どれも「ブラボー!」です。

終業式のあとの大掃除にも触れました。
生徒がお掃除をする国は、日本、台湾など限られているそうです。日本では仏教でのお掃除から寺子屋で行われるようになり、今日の学校教育でも定着しています。「清潔感・公共心・勤労の心・感謝の心」が育まれます。
感謝の気持ちでお掃除をして、心も綺麗にすることができました。

12/21から冬休みに入り、クラブでは発表会やコンサートが行われ、補習も全学年、組まれています。
学習やクラブ活動の1年間のまとめをして、2023年の新年を迎えましょう!

皆様、素敵なクリスマス🎅とよい新年🎍をお迎え下さい。

1 / 4212345...102030...最後 »

ページ
TOP