2021年度入試に備えた学校説明会のラストは、本日オンラインで行いました。

4月から今日まで行ってまいりました学校説明会は、その半分以上がオンラインでの開催となりました。本校にとってもチャレンジだらけの実施で、ご不便をおかけすることがたくさんあったにも関わらず、皆さまのご協力のおかげで毎回とても充実した時間をもつことができました。お付き合いくださった皆様には、心より感謝申し上げます。

本日ラストのプログラムは思考力入試体験でした。テーマは『冒険』。参加してくれた受験生たちが経験してきた冒険話は本当にびっくりすることが多く、コロナ禍であっても冒険できることは何か、冒険したい気持ちをみんなで共有しました。プログラムの幕が下りる間際に、受験生の皆さんから「あっという間でした!」「ありがとうございました!」の声がパソコンからたくさん届き、本当に胸が熱くなり、そして、逆境にくじけず戦う皆さんと一緒にこれからも頑張りたい気持ちが沸き上がりました。

いよいよ入試まで23日。明日10日(日)午前9時からは出願が始まります。皆さんの健康が守られて、これまで積み重ねてきた努力が発揮できる受験になることを、祈ってやみません。2月1日からの入試に、元気にお会いできることを心より願っております。

首都圏模試センターの受験情報ブログ内に、『(前編)新学習指導要領のさらに先を行く斬新なグローバル教育が始動』と題し、おおたとしまささんによる本校の記事が掲載されました。

先般、実際におおたとしまささんが来校され、本校中学の社会や数学の授業を見て取材くださいました。ぜひご覧ください。

【発見!私学の輝き 聖学院中学校・高等学校】
・知識に関してはオンラインで凝縮伝達できる
・コロナ禍でICT化とPBL化が一気に加速
・日本の高校教育のフラッグシップが船出

首都圏模試センターブログはコチラから、
Yahooニュース(コチラ)からもご覧いただけます。

来年1月9日(土)に予定していた学校説明会は、当初学校での実地説明会でしたが、感染拡大対策のためオンラインによる入試対策会に変更いたします。インターネットが接続できる環境をご用意ください。当日は Zoomを使用いたします。Zoomは事前にダウンロードをお済ませください。開催前日(1月8日)にお申込みされた方へZoomのアドレス等をメールにてお送りします。

【開催日時】 2021年1月9日(土)
【申込み受付】 2020年12月20日(日)開始
【申込み】 本校ホームページより(コチラから)

ご希望のプログラムをお選びください。

【中学入試】
■入試対策「全体説明」【10:30~12:00】(対象:小学生・保護者)
入試対策(50分程度)・グループ別相談(30分程度+α)
■入試体験「国語」【12:00~13:00】(対象:小学生)
■入試体験「算数」【14:00~15:00】(対象:小学生)
■入試体験「思考力」【15:00~16:00】(対象:小学生)

【高校入試】
■入試体験「思考力」【11:00~12:00】(対象:中学生)
■入試対策「全体説明」【13:00~14:00】(対象:中学生・保護者)
■入試体験「英語」【14:00~15:00】(対象:中学生)


本日の学校説明会・入試体験は、先般お知らせさせていただいたとおり、感染拡大の影響と皆様の安全を考慮し、1月の学校説明会はオンライン実施に変更しましたので、貴重なリアルイベントとなりました。様々な制限がある中、参加された皆さまのご協力をいただいて開催できましたこと、心よりお礼申し上げます。
本日は皆さまの前で3人の生徒による学校生活についてのプレゼンを披露しました。中3の西 大河君には蝶ヶ岳登山と糸魚川プロジェクトの話を、高2の高瀨皓大君と高3の岩崎秀直君には海外研修体験の話をしてもらいました。

12/19(土) 学校説明会・入試体験を行いました⇒コチラから

本日12月18日(金)、午前9時40分から、放送によるクリスマス礼拝と2学期終業式を行いました。生徒たちはそれぞれの教室で心を静かにすると、清水副校長の司式のもと、前奏として讃美歌106番「あらののはてに」が流れました。続いて、久保チャプレンによる「クリスマスの喜び」のメッセージを聞きました。

【行事】クリスマス礼拝・2学期終業式 12月18日(金)⇒コチラから

今年度は、ほとんど調理実習ができない現状でありましたが、期末考査が終わると安全性を第一に、限られた調理器具と材料で工夫をし、実習を行いました。今回のメニューはチョコバナナマフィンです。高2C組の前半組の実習をのぞくと、甘い匂いの中で生徒たちがせわしなく作業を進めていました。

【高2家庭科】チョコバナナマフィンを作りました⇒コチラから

本日の中3学年集会ではOBを招いて、彼らがどんな中高時代を過ごし今は何に取り組んで何者になっているのか、プレゼンテーションをしてもらいました。様々なロールモデルをストックしてきた中3にとって、これまでで一番身近な存在のロールモデルです。

※OB自己紹介、左から
齊藤翼[国際基督教大学教養学部(社会人2年目、百貨店の接客販売や催事企画など)]
水谷紘人[大正大学地域創生学部]
河野崇志[日本大学法学部政治経済学科]
大谷孟宏[電気通信大学情報理工学域Ⅱ類(融合系)セキュリティ情報学プログラム]
細田陸友[明治大学国際日本学部国際日本学科]
平山浩章[日本医科大学医学部医学科]

【中3】OBたちによる進路講演会を行いました⇒コチラから

「ロールモデル」とは、自分にとって、具体的な行動や考え方の模範となる人物のこと。人は誰でも無意識のうちに「あの人のようになりたい」というロールモデルを選び、その影響を受けながら成長するといわれます。中3学年では、ロールモデルがもつ4つのWill「①どこの誰の」「②どんな課題を」「③なぜその人が」「④解決するのか」を考察するため、『経済を、もっとおもしろく。』を標語に掲げるソーシャル経済メディアの NewsPicks を活用しています。そして、本日4時限に、その NewsPicks の池田光史編集長をお迎えし、池田編集長がどんな思いや観点から記事を作成しているのかを直接伺いました。

【中3 L.H.R】ロールモデルとして NewsPicks編集長をお迎えしました⇒コチラから

本日、 本校を会場にした学校説明会及び入試過去問・授業体験を行いました。ご存知のとおり全国各地で広がりを見せている感染状況ですので、実施にあたっては徹底した対策を考慮しました。特に参加者の皆さまには、健康チェックはもとより、一家庭からの来校人数も制限させていただき、不自由を感じられることも多くあったことと存じますが、ご協力をいただけましたこと心より感謝申し上げます。
今日のイベントでは、6年生だけでなく5年生からも参加できる国語や算数の過去問題、英語と社会の授業や理科実験、そしてレゴ®ブロックを使用した思考力入試体験の思考力セミナーなど、プログラムをたくさん用意しました。

【ご報告】11/28(土) 学校説明会・入試体験を行いました⇒コチラから

本校教員と早稲田大学教育学部の院生・学生が協同で行うこの中2国語授業では、毎年、平家物語「扇の的」の郡読に挑戦しています。
今回で9回目を迎えた「早稲田大学✕聖学院中学校コラボ授業」ですが、今年は新型コロナウイルス感染予防対策のため、教室にいる生徒と自宅にいる学生とがオンラインでやりとりをする新しい授業形態を取りました。

【中2国語】早稲田大学✕聖学院中学校コラボ授業「平家物語」の群読⇒コチラから

1 / 6012345...102030...最後 »

ページ
TOP