IMG_0513IMG_0514梅雨の晴れ間に2年たちばな組は、近くの公園(ピノキオ公園)に行きました。例のごとく(?)恐竜に上り始めた子、エノコログサ(ネコジャラシ)で友達をくすぐり合う子、遊具で遊ぶ子などそれぞれの時間を楽しみました。

一人の子が「先生、これ(写真の花)なあに?」と指をさしました。「これはソテツの花だね。」と説明をすると、聞いた子は「ソテツかあ。」と言いながら去っていきました。しかし、学校で見たソテツの花とは少し違いました。気になります。学校に帰って調べてみると、公園に咲いていたのは「雄花」で、学校に咲いていたのは「雌花」でした。なるほど、形が違うわけが分かりました。子どもから一つ教わりました。

4年体育タッチボールでクラス対抗試合を行いました。4年生の新チームで練習を始めた当初、上手くパスを回すことができず、ボールを落としたり、ゴールができなかったりと子どもたちは苦労をしていました。しかし、チーム 内で作戦を練ったり、休み時間に自主練習に励んだりする中で、段々とチーム―ワークができてきました。 本番では「こっちにボールをパスして!」と、自分のプレーに夢中になっている友達に視野を広くとるような声掛けをしたり、「作戦 A の体形で動こう」と、相手の動きの様子や試合の流れを考え、事前に練習してきた作戦を呼び掛けたりする姿が見られました。練習した成果を十分に発揮できた、4年生らしい試合ができました。

コロナ禍でいろいろな行事が中止になったり、形を変えて行われています。例年2年生が行っていた東急電鉄池上線の雪が谷大塚駅の見学も、昨年は行うことができませんでした。そこで東急電鉄の方にご相談し、2,3年生がオンラインでの見学とインタビューをすることになりました。事前に東急電鉄の方が作ってくださったDVDをみんなで見ました。社員の方々が熱演する劇仕立ての説明をあるときは笑いながら、あるときは真剣にメモを取りながら見学しました。鉄道好きな子が、映像を見ながら「これ、知ってる!」と小声で友達に説明している様子も見られました。安全・安心を大切に業務を行っている様子を見て、学ぶことがたくさんあったようです。池上線1池上線2

IMG_0392IMG_0394子どもたちが家から連れてきたアゲハチョウの幼虫がさなぎになり、次々と羽化しています。今日は3年生の教室の前の廊下の壁についていたさなぎが2匹羽化しました。1年生も先生と一緒にやってきて、羽化したアゲハを見つめていました。

初等部には昆虫好きな子がたくさんいます。中には、みかんやレモンの葉をもってきて、毎日えさやりをしてくれる子もいます。初めは興味のなかった子も、友達と一緒に見ていると興味をもちはじめます。アゲハを通して、生命の不思議さや自然の面白さに気付いてくれるといいなと思います。

D51新型コロナの勢いが衰えず、行事の中止や変更が続いています。1,2年生のたんけんごっこ(遠足)も昼食に不安が残るため、近くの東調布公園でのさんぽに変更になりました。今日の2年生のさんぽは、その下見でした。先日、校庭で一緒に遊びたい場所を写真に撮ったのと同じように、東調布公園に行って写真をとりました。「ゴロゴロ坂道にしよう!」「機関車で遊ぼうかな。」などといいながら、お気に入りスポットをタブレットに収めていました。学校に帰って写真を見ながら気をつけたいことを話し合い、当日のイメージを広げました。

ブーメラン1 ブーメラン2 ブーメラン3 ブーメラン今週の1年生の「手作り」は、ブーメランでした。作り方は細長い工作用紙をホチキスで止めるだけです。けれども、工作用紙を片手で持ち、もう一方の手でホチキス止めるのができない子もいました。すると、「もっててあげる。」「やってあげるよ。」と自分から声をかけ、手伝ってあげる子もいました。完成すると、中庭に走り出ていって、さっそく飛ばし始めました。「とんだ!」と喜ぶ姿もありましたが、うまく飛ばない子もいます。手首をひねって回転させることができないようです。教師が一緒に飛ばし、友達を見ながら何度かやっているうちに、飛ばせるようになりました。最後に教室に集まり、ブーメランの自慢大会をして自分のブーメランのいいところやうまく飛ばすコツを教えっこしていました。楽しい1時間でした。

3年生の国語では「聞いてさがそう」の学習をしました。教科書の地図を見て、隣の席の友達に、学校から自分の決めた場所までの道筋を説明しました。友達の説明を聞きながら地図の道をたどり、どの道を通ってどこへ行ったかを確かめていました。相手の伝えたい内容を聞き取るのはなかなか難しいようでした。目印になるものや大事な言葉を聞き落とさないようにすること、わからないときは質問をしたり、確かめたり、メモを取ったりすることが大事だということが分かりました。国語

忍者2新型コロナ感染の拡大が止まらないため、昨日と本日、学園ではオンラインでの授業を行いました。1年生はおうちにあるの宝物を紹介し合ったり、忍者に変身した体育教師と手遊びを楽しんだりしました。2年生は創作漢字を考えてロイロノートで送ってもらってみんなで読み方を考え、英語は家にある黒くて四角いもの(Black Rectangle)を探してきて見せ合いました。短い時間でしたが、各学年それぞれの内容の学習を楽しみました。

2年生が生活の時間に、校内の自分のお気に入りのスポットを紹介しようと話し合っていました。お互いに教え合うために、タブレットを使って写真を撮ることになりました。タブレットでの写真の撮り方を教わり、グループポイント で校庭に出て、子どもたちが一人ひとり、自分の好きな場所を写真に収めました。ジャングルジムやブランコなどの遊具、植え込みや校庭など、一人ひとりが違う写真を撮っていました。教室に戻るとお互いに見せあいました。「遊円塔は清明にしかないから写真に撮りました。」「私は1年生のときにこの木の下でいつも遊んでいたからこの場所が好きです。」と理由も添えて紹介することができました。「1年生にも教えてあげたい」と意気込んでいる子もいました。ポイント2ポイント3ポイント4

散歩 1楠 ツルニチニチソウ五月晴れを思わせるいい天気が続いています。そこで、「春をさがそう」と子どもたちと話し合い、1年生初めての散歩に出かけました。近所のお宅には、さまざまな花が咲き乱れていました。パンジーやビオラ、ジャスミン、コデマリ、ツツジ、ツルニチニチソウなどなど。ジャスミンの匂いをかいだり、花の名前を教えてもらったりしているうちに、子どもたちは目に入っていた花一つずつに名前があることに気づき、「これは何ていうの?」「あれは?」と次々に植物の名前を聞いていました。たくさんの春を見つけて満足して帰ってきました。

ページ
TOP