20220407_ceremony (44)
4月6日(水)、実践女子学園の新学期がスタートしました。
3月に咲き始めた本校自慢の桜が、持ちこたえて生徒たちを待っていてくれました。
生徒たちは登校するとまず、掲示された名簿を見て、自分の新学級を確認しました。
同じクラスになり手を取り合う姿や、親友と別れて悲しむ姿など、悲喜こもごもの様子が見られました。

その後、校庭で始業式が行われました。
本校の制服では中学生がエンジ色、高校生が黒のネクタイを着用しますが、式典では白ネクタイを着用します。
白ネクタイで皆がそろうのは実に2年ぶりです。昨年度は文化祭「ときわ祭」等オンラインでの活動に生徒の工夫が光った本校ですが、今年度はこうして対面で喜びを分かち合う時間が増えることを願っています。


記事はこちら

20220404_seminor
本校では、春休み中も講座や部活動で校内は活気づいています!
今日は春期講座の様子をご紹介します。

新高校3年生向けに、数学の講座が開講されました。
高2の冬に行われる勉強合宿と同様の形式で演習と解説を繰り返し、朝8:40から15:30頃まで、1日中頑張って勉強していました。
高校3年生への進級と受験生への本格的なスタートを、身をもって体感しながら数学の総復習を行えたようです。
生徒たちはみんな真剣に取り組み、質問も積極的に行っていました。
また、演習が進むと達成度を表すシールももらえるようで、より勉強の励みとして頑張っていました。


記事はこちら

20220401_wasou
3月28日(月)から3日間、昨年11月に行われた「全日本きもの装いコンテスト関東大会」(於・横浜)を勝ち抜いた和装着付部が、4月24日(日)に迫った世界大会(於・港区芝)に向けて特訓を行いました。

和装着付の大会では着こなしの美しさや立ち居振る舞い、3人一組のチームワークの良さなどが審査されます。
11月以降、新型コロナウイルスの影響により本格的に活動することができなかったので、細かい部分で更なる調整をしようと、まとまった時間の取れる春休みに特訓を行うことになりました。
日々の稽古や特訓をいかし、本人たちが納得できるパフォーマンスを本番でできればと願います。


記事はこちら

20220331_thankyou (80)
3月25日(金)から30日(水)まで、春の個別見学会が開催されました。
5日間、春らしい天候にも恵まれ、たくさんの方にお越しいただくことができました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
 
今回の個別見学会では、校長からのご挨拶のあと、教員一人が1組のご家族をご案内させていただきました。
校内の施設はもちろん、部活動や春季講習で学校に登校している生徒たちの様子をご覧いただきました。

また、「母校の良さを伝えたい!」とたくさんの卒業生たちが駆けつけ、ご参加いただいた皆様とお話するブースも設けました。
卒業生たちは、実践女子で過ごした6年間を、飾らない素直な言葉で話してくれました。
受験生の皆様に、学校生活をより具体的にイメージする機会となっていれば幸いです。


記事はこちら

20220323_drama
中高演劇部がオーディオ劇「逃亡者」〔作/溝口貴子(既成)〕をGoogle classroomで校内配信しました。

この作品は、昨年のときわ祭で上演される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により、講堂での上演ができなくなってしまったものです。
部員たちが「安全に公演できる方法を」と考え、昨年の10月からこつこつと練習を重ね、創作してきました。

音響の録音や編集、また、声だけで役を演じるなど、生徒たちにとって初めての試みがたくさんありましたが、その分、学ぶことも多くありました。
作品は、各学年のGoogle classroomにときわ祭で作成した演劇部HPのリンクを貼りつけ、期末試験最終日から3月末日まで配信されます。

春休み中も、演劇部では来年度の公演に向けて新体制で動き始めています。
これからも自分達だけでなく、見ている人にとっても楽しい時間になる芝居づくりを目指してがんばってもらいたいです。


記事はこちら

20220323_last
3月19日(土)、高校3年生の卒業式、中学3年生の卒業式に続いて、在校生の1年の締めくくりとなる終業式が行われました。
今年度もコロナ禍の中、様々な活動が制限されてきました。
それでも、昨年度に比べて実施できる行事が増えてきて、生徒たちの活き活きとした表情を見ることができました。

教室で生徒たちは、クラスメイトや同級生と、この一年の出来事を思い思いに振り返っていました。
また、終業式後は各クラスのホームルームで通知表を受け取り、1年の成果を確かめていました。
そして最後には、クラスのみんなで感謝をこめて教室の大掃除を行いました。

校長先生の訓話にもあったように、約2週間後には新学期を迎えます。
来年度は、さらに多くの活動が通常通り行われることを期待して、上級学年になる生徒たちの成長を見守っていければと思います。


記事はこちら

3/12、科目履修の授与式があり、修了証を頂きました!

科目履修は、オンデマンドで行われましたが、

大学の先生が丁寧に説明してくださったので、 とてもわかりやすかったです。

大学の授業が受けられる、とても貴重な体験でした!

私は生活デザイン論を受講しました。

生活デザイン論では、

生活に関わる文字や色を考えたりすることをメインに学んできました!

将来に関わることが学べたので、

この科目履修で学んだことを後に役立てられたらいいなと思います。

(高2 M.N)

 

JJBLOSSOMより【大学の授業を履修しました!】

 

この記事の続きはこちら→

20220319_graduate
3月18日(金)、中学校卒業式が行われました。
本校は中高一貫校であるため、多くの生徒は4月から黒ネクタイを身につけ、実践女子学園の高校生として登校します。
しかし、18日の卒業式をもって今のクラス、中学の校舎、そして赤ネクタイとの別れであり、義務教育の終了となります。生徒たちは、今日が一つの節目となることを、予行練習を通して実感がわいたようで、凛々しく、とても立派な姿で式典に臨みました。

残念ながら保護者の方は講堂で行われる式典しかご参加いただけませんでしたので、教室での卒業証書の授与は動画をクラスごとに撮影し、ご家庭へ配信しました。
クラスによっては、生徒から保護者の方へメッセージをカメラに向かって話してもらいました。
「3年間、おいしいお弁当をありがとう。」
「高校でも、もっと勉強を頑張ります。」
「普段は言えないけれど、大好きです。」
生徒たちは、普段は恥ずかしくて言えないことを言葉にしていました。
担任も、周りで聞いていたクラスメイトも、目を潤ませて聞いていました。

中学3年間、悩んだり、勉強を頑張ったり、部活に打ち込んだり、きっと皆さんいろいろな経験をしてきたと思います。
今日の皆さんの笑顔と涙は、そんな3年間の日々が詰まったものだったと思います。

中学3年生の皆さん、実践女子学園中学校を選んでくれて、3年間全力で過ごしてくれてありがとう。
ご卒業、おめでとうございます。


記事はこちら

ページ
TOP