20230526_hino
5月12日(金)、高校2年生を対象に実践女子大学日野キャンパス見学会が行われました。

はじめに、生徒たちは大教室で大学の各学部や学科の説明、槙副学長による講話をいただきました。

様々な企業との連携や充実したキャリアサポート、98%の就職率の高さに驚き、併設大学に大変興味を示す生徒も多くいました。

その後、幼児保育や食物、被服、環境デザイン、生活心理学など、自分の興味のある授業を選択し、少人数のグループに分かれて大学の授業を実際に体験しました。

また、学生スタッフによるキャンパスツアーや特別メニューの学食体験、学生による授業・学生生活紹介、大学サークル紹介などのプログラムも体験しました。

生徒たちは大学の雰囲気を肌で感じることで、具体的に将来のイメージを持つことができたようです。


生徒の感想はこちら

202330522_インタビュー

先日、『QWSチャレンジ』にて、高校生による有志グループ「Play Shibuya」が「SQI協議会優秀賞」を受賞しました。

今回は、優秀賞受賞後の生徒へのインタビューをお届けします。

活動のきっかけは?
きっかけは情報科の先生のご紹介で個人的にQWSに見に来て、「こういうのやりたい!」って思いました。
様々な[問い]を追い求める人たちがたくさん集まっている場所で、とてもキラキラして見えました。

今回の問い(JKがファッションを学ぶと世界はどう変わる?)のきっかけは?
みんなで色々な問いを付箋で書き出しました。
「高校生だからこそできる問い」とか、「女子高生の私達だからこそやる意味のある問い」を考えました。
制服がある女子高生とファッションは、一見縁遠く感じるかもしれませんが、だからこそ、いろいろな意見や視点を考えてみたかったんです。
みんな制服が可愛くて好き!そこに、新たな視点を生み出したかったのです。

活動の中で難しいと感じたことはありますか?
プロジェクトを通して、企業の方にヒアリングしたり、実際に伺ってお話を聞いたりしました。
その中で、「ファッションを学ぶ」と一口に言っても、「いわゆる自分らしさの探究という意味で自分らしさを見つけるツールとして発信する」のか、それとも「TPOについて」をやるのか、または「社会に出た時と学生の時の環境ギャップ」なのか…。
企業の方には、「どれを訴えたいのかってわからない」と厳しいお言葉を頂戴したこともありました。
そこで大きな衝撃を受けて、議論を重ねた結果、「自分らしさの探究」なのかなと至りました。
どんどん輪が広がって、ほかの企業の方に「何かあったら一緒にやってあげるよ」と優しく温かく声をかけていただきました。
企業の方々と情報交換しながら、30以上のすごい企業の方々にご協力いただいたんです。


生徒インタビューはこちら

20230520_テーブルマナー
5月11日(木)、高校3年生の行事の1つである「テーブルマナー講座」が行われました。

洋食マナーを学んだ高校3年生の声が届きましたので、お届けします。

高校3年生 生徒の声
ホテル雅叙園東京にテーブルマナー教室に行ってきました。
着席の仕方から実際の食事をする上でのテーブルマナーを教わり、同時にその背景についても教えて頂きました。
普段とは違った慣れない雰囲気の中での食事に緊張しましたが、講師の方が丁寧に教えて下さったので緊張がほぐれ、楽しく食事をすることが出来ました。
今までコロナの影響で黙食をすることが多かったですが、今回はクラスメイトの顔を見ながら食事をすることができ、良い思い出になりました。


記事はこちら

20230517_中1
5月8日、9日の2日間に日程を分けて、中学1年生8クラスは鎌倉校外研修を実施しました。

入学しておよそ1か月で行われるこの研修では、クラスメイトとの親睦を深め、さらに友人関係を広めていくことを目的にしています。

朝、学校からバスに乗車した生徒たちは、鶴岡八幡宮を参拝しました。
公卿が源実朝を討つ際に身を隠していたとされる大銀杏は、13年前に台風の被害に遭いましたが、現在は新たに青々とした葉でおおわれています。

生徒たちは長い年月を過ごした巨大な幹と、新たな芽吹きに、感動しているようでした。
また、参拝だけでなく、周辺や裏山も探検しました。
自然の豊かさや八幡宮から見る若宮大路、そして鎌倉の海の景色に、目を奪われていました。


記事はこちら

20230513_英語体験.jpg_
実践女子学園では、学習歴や習熟度によって上級・中級・一般の3展開の英語の授業を行っています。

今回は、上級・中級クラスの設定で英語授業体験会を行います。
また、授業後は帰国生対象説明会を行います。

オンラインでの実施ですので、世界中どこからでも参加できます。
英語教育に大きな特徴のある実践女子の英語プログラムを体験するチャンスです!


英語授業体験会及び帰国生対象説明会(オンライン)

日時:6月17日(土)

1時間目 10:00~10:25  実施体験授業:中級クラス・上級クラス
2時間目 10:45~11:10  実施体験授業:中級クラス・上級クラス
3時間目 11:20~12:00  帰国生対象説明会

1時間目に中級クラス、2時間目に上級クラス、3時間目に帰国生対象説明会など希望にあわせてご予約ください。
帰国生対象説明会のみのご予約も可能です。


記事はこちら

こんにちは!実践女子学園です。

4月に行われた中学1年生向けの公演の様子をお伝えします。

ーーーーー

中高ダンス部の新入生歓迎公演が行われました。

体育館のギャラリーアリーナは、満員御礼。

中学1年生や保護者、同級生などたくさんの観客に囲まれて、

ダンス部が10のプログラムを踊り切りました。

様々なジャンルの創作ダンスに、中学1年生は大興奮!!!

「きれーい!」「先輩かわいい!♡」と黄色い歓声があがっていました。

 

【ようこそ中1!ダンス部】

 

この記事の続きはこちら→

20230512_shibuya
4月27日(木)、渋谷スクランブルスクエア15階の渋谷QWS(渋谷キューズ)で行われた『QWSチャレンジ』にて、高校生による有志グループ「Play Shibuya」が「SQI協議会優秀賞」を獲得することができました。

『QWSチャレンジ』とは「未知の価値に挑戦するプロジェクト」を推進するプログラムです。
プログラムは、自らの感性に基づいた自発的な[問い]を持ち、その[問い]を起点にしたプロジェクトを立ち上げて、採択された後、3か月間活動した成果を発表するものです。今回生徒たちは『QWSステージ』で発表しました。

有志グループ「Play Shibuya」の[問い]は、「JKが『ファッション』を学んだら社会はどう変わるのか?」でした。
ファッションを教科として学ぶことで「自分」を再発見し、女性・男性関係なく、豊かな個性にあふれるという内容でした。
社会人や大学生が多く集まる大会でしたが、生徒たちは大変堂々とした素晴らしい発表を行うことができました。

今回のプロジェクトを通して、社会人や学生、様々な起業家の方に出会うことができ、アドバイスもいただきました。
当日もたくさんの素晴らしいプレゼンを聞き、大きな刺激となったようです。
大会後も、「とにかく楽しい!」と興奮しながら目を輝かせていました!

ぜひ、これからの有志グループ「Play Shibuya」の活動を応援してください。


記事はこちら

20230508_帰国
今年度も本校主催の帰国生向けイベントはオンライン型と来校型の2回実施します。

また、その他にも外部主催のオンライン説明会にも多数参加します。

来校型、オンライン型問わず教育内容はもちろんのこと、生徒の様子をお伝えするコーナーなども実施予定です。

たくさんのイベントで皆さまをお待ちしています!


帰国生イベントについて(本校主催)
①6月17日(土)英語授業体験会・帰国生対象説明会 ≪オンライン≫

②7月8日(土)帰国生対象説明会 ≪来校型≫


外部主催の帰国生イベントはこちら

20230506_委員任命式
5月1日(月)の朝の時間、中学役員・委員任命式が講堂で行われました。

新学年になって初めて中学3学年が講堂に会する機会となりましたが、そのような多くの生徒が見守る中で各クラスや委員選挙で選出された生徒会役員や中央委員、学級委員長・副委員長、専門委員(風儀・規律・整美・図書・保健)が校長先生より任命されました。

委員任命式は、委員と生徒がお互いに選ばれた責任、選んだ責任を果たすことを確認する場として行われています。
壇上で就任挨拶を行った生徒会長、副生徒会長3名、生徒会書記長の5名の言葉からは、責任感と熱意があふれていました。

生徒会長の挨拶はこちら

ページ
TOP