CIMG874620日は大寒、1年で最も寒い時期に入りました。1年生の散歩の時間に近所の蠟梅(ろうばい)を見学した後、近くの公園に行くと枝垂れ梅の花が咲き始めていました。例年よりも10日以上も早い気がします。暖かな日差しの中、子どもたちは外遊びを楽しみました。

12月のはじめに、1年生が清明幼稚園の年長組の子どもたちと一緒に遊ぶ“交流会”が行われました。うめ組、まつ組の子どもたちを迎えるにあたって、学級で話し合いの時間をもちました。優しくしてあげたい、という気持ちはもっていていも、何をしてあげればいいのか、何ができるのかが思いつかない子もいました。そこで、グループで話し合うと「例えばボール遊びでは、顔や頭にボールが当たらないようにしよう」「ボールが取れない子がいたら譲ってあげよう」という意見が出ました。当日は自分の気持ちと折り合いをつけながらボールを譲ったり、ごっこ遊びをしたりしてあげていました。もちろん、全力で遊ぶ姿も見られ、楽しいひと時を過ごすことができました。幼稚園に帰っていく子に「また遊ぼうね」と手を振る姿も見られました。
交流会1 交流会2 交流会3

「とんぼっこ集会」がありました。今回発表したのは、アプリコでの発表会で子どもたちが歌った曲でした。1,2年生が演じた「ぼくらとうみん1年生」の「あそぼあそぼ」「おれたちゃへび」「ふゆがくるまえに」を合唱団が歌うと、低学年の子たちは自分たちの歌声とは異なる響きに、感心していました。その後、3,5年生の劇の曲「いつまでも」を全校で歌いました。低学年の元気な声と高学年の美しい声が折り重なって、素晴らしい歌声になりました。合唱団の子どもたちが2学期に練習してきた力を十分に発揮することができました。
合唱団発表2 合唱団発表3 合唱団発表1

5月から育ててきたサツマイモを収穫し、1年生がおいもパーティーを開きました。事前に仲のよい友達とグループで作り、食べたい料理を決めました。パーティー当日は、保護者の方がお手伝いをしてくださったので、子どもたちも安心して料理に取り組みました。焼き芋、スイートポテト、みそ汁、サツマイモチップスなどいろいろな料理が出来上がり、自分たちで作った料理を食べました。食べ終わった子は進んで食器の片づけをしていました。おいもパーティーが終わってから、家庭で料理の手伝いや食器の片づけを進んでする子も増えています。“おいもパーティー効果”といえそうです。自分で食べるものを作る体験は、生きる上でとても大きな自信につながります。お家でも料理にチャレンジしてほしいなと思っています。P1030866 P1030872おいもパーティーおいもパーティー4おいもパーティー2

大田区民ホールアプリコで、今年も初等学校の発表会が行われました。5年生の和太鼓で始まり、4年生の「一歩の勇気」、1,2年生の劇「ぼくらとうみん1年生」、6年生の合唱「友だちだから」と「地球の歌」、3,5年生の劇「捨てられた傘」を上演しました。劇は教師が脚本・演出を手掛け、1か月ほどの練習で、それぞれ表現したいことを考えたり、工夫したりして表現を楽しむことができました。やり抜くことで子どもたちは自信をもつことができました。CIMG8179 4年劇1 4年劇2 4年劇3 5年劇1 5年劇2 5年劇3

子どもたちが楽しみにしている発表会が21日に迫りました。今日まで台詞や歌、ダンスの練習を行いました。1,2年生の劇「ぼくらとうみん1年生」では冬眠を嫌がるカエルたちが、カメや小鳥、秋の虫、ヘビたちとかかわりながら自分たちの生き方を考えます。子どもたちは楽しそうに表現を楽しみ、お客さんを楽しませたいと張り切っていました。どのような発表会になるか、楽しみです。(写真は秋の虫たちのダンスです。)
発表会練習

清明のとんぼっこは、校庭や中庭で元気に遊びまわっているイメージがありますが、いつもそうではありません。急に遊びの流行が変わって、教師が驚かされることがあります。折り紙で手裏剣を作るのが流行ったり、図鑑や絵本を紙に写したり、けん玉で遊んだり、落書き用紙で工作をしたりと、室内での遊びが続くこともあります。こだわりなく自由に遊べるのがとんぼっこのいいところです。写真の子どもたちは教室にあるパターンブロックで友達とお城を作っていました。相談しながら作っている彼らの心の中には、どんな夢が広がっているのでしょう。休み時間

発表会に向けて、劇の練習が進んでいます。1,2年生の劇「ぼくらとうみん1年生」の劇は冬眠をいやがるカエルたちのお話です。先日の講堂での練習は、体育の教師との手遊びから始まりました。手遊び 手遊び2

こんこん こんこん こんにちは

なかなか なかなか なかよしで

ささささ ささささ さようなら

子どもたちは歌いながら指で動きを理解し、次は立ち上がって二人組で動きを作っていました。手遊び歌からストーリーを作っていく、楽しい表現遊びでした。

1月21日の発表会に向けて、1年生は2年生と表現遊びをしました。体育の教師のリズム太鼓の「トントントン…」という音に合わせて、変身しました。小鳥になったり、ワカメになったり、渡り鳥になったり、カエルに変身したり、いろいろなものになりました。低学年の子は“夢の時代”ですから、すぐに変身遊びを楽しめます。「渡り鳥が羽を傾けて跳んでいるところが上手だね」とほめると、自分もそれになり切ってとんでいました。変身を楽しみながら、劇を作っていきます。小鳥のダンス1


わかめ

1年生は秋のたんけんごっこに行って来ました。ハトバスの運転はとても丁寧で、行きも帰りも車酔いをした子はいませんでした。さすが!

東高根森林公園は自然が豊かに残るすばらしい公園です。子どもたちは散策をしながらどんぐりを拾ったり、大きな蜘蛛の巣を見つけたりして秋の自然を楽しみました。お弁当が終わると、スタンプラリーの要領で公園を2周しました。走る子もいれば、ゆっくり歩いている子もいました。みんな同じでないところが「清明流」です。そのあとはキンモクセイの香りを楽しみながら、広場でかくれんぼをしたり鬼ごっこをしたりしてたっぷり遊びました。帰りのバスの中では眠ってしまう子もいました。ガイドさんに感想を聞かれると、「疲れたけど楽しかった❗」の声。充実した一日を過ごせました。
たんけんごっこ1 たんけんっごっこ2 たんけんっごっこ3

1 / 3612345...102030...最後 »

ページ
TOP