英語研修、コロナ禍において渡航自体がかなり難しい中でも「できる限りのこと」を実施しています。
例えば、TOKYO Global Gatewayでは、少人数のグーループにイングリッシュ・スピーカーがサポート役としてつき、ホテルでの部屋選びやレストランの予約、テレビ番組制作で使われる本格的な設備の中でニュース番組を作るなど、英語をツールとして活用した、様々な疑似体験をしてきました。
20211104_094617
実際に使う英語を聞き、常に英語を使う環境の中にいることで、生徒達は英語で会話する楽しさを知り、これからの日常の中でも英語で会話をしていきたいと感じたようです。
20211104_130844

今年も、残すところあと2日になりました。
青稜の今年のテーマは「やらないはやらない」。コロナウイルスの脅威が広がり始めた初年度は、生徒の安全を確保するため、様々な行事を「やらない」決断をせざるを得ませんでした。
しかし、安全を確保しながら実施するだけの準備期間のあった今年は、安易に「やらない」決断はせず、いかに安心・安全を担保しつつ行事を「やる」形を模索した1年でした。
1635769936252
さて、来年はどのような形で行事を再開できるのか。生徒たちの学びの機会を少しでも確保できるよう、来年も青稜は「挑戦」を続けたいと思います。

10月11日の「国際カミングアウトデー」に合わせて、花王の自販機を設置しました。
20211011_113942262
自販機設置の発端は、「男子生徒がスキンケアをしたら冷やかされた」という生徒の雑談から。そうしたジェンダー・バイアスが生徒間で悪気なく示されるなど、学内ではまだまだジェンダー問題に対する意識が成熟しません。
そこで、花王さんの協力のもと、「スキンケアは女性らしさなのか?」という構図に揺らぎを与え、「そもそも女性らしさ・男性らしさとは何なのか?」「未来のジェンダー意識はどうあるべきか」を考えるきっかけを作ることにした、というものです。
青稜では、授業や講演会などの座学だけでなく、学内での日常生活そのものが成長の機会となるよう、様々な気づきの仕掛けを用意しています。

残念ながらおよそ1ヶ月の延期となってしまった青稜祭ですが、10月現在の校内では、今月末の実施に向けて、着々と準備が進んでいます。本来なら、多くの皆様に参加していただきたいところなのですが、感染対策という観点から、入場者数を大幅に制限しての実施となります。
抽選エントリー(先着ではございません)は13日までとなっております。ご参加を希望される方は、本校HPよりお申し込み下さい。
</新年度説明会日程 お知らせa>

9月25日(土)実施予定のオンライン説明会。現時点で、中学と高校ともに、それぞれ1000名を超えるお申し込みがございます!!
「まだ間に合いますか?」というお問い合わせも多く頂きましたので、お申し込み期間を延長致します。金曜日までにご登録頂ければ、参加IDをお送り致します。参加をご希望の方は、HPよりお申し込み下さい。

なお、今回はいつものQ&Aコーナー(チャット機能を用いた質疑応答)に加え、入試対策の「教科主任からの入試ワンポイント」もございます。すでに青稜の受験をお考えの方も、ぜひご参加ください!

20200830_211650

昨年度からスタートした、青稜の「ゼミナール授業」。
すべてで14講座、教科の枠を越えて設定されたさまざまな講座から、自分が興味を持ったテーマの講座を選択し、年間を通して探求していきます。
このゼミは「物語の読解」をテーマにし、マンガやアニメ、絵本など、さまざまなメディアによる「物語」と、その特質について学ぶ講座です。今回の授業はマンガの「コマ割り」がテーマ。
sss
マンガ特有の「コマ割り」という表現形態の特徴とその工夫を、自分で実践していくことで理解していきました。
IMG_5229
他にも、気象について学ぶゼミや、論理クイズに取り組みつつ数学の本質に触れていくゼミ、さらには校長自らが開講する、SDGsをテーマにし、これからの社会のあり方を模索するゼミなどがあります。
詳しくは、HPでもご紹介しております。ぜひ、あわせてご覧下さい!

1 / 2712345...1020...最後 »

ページ
TOP