署長室で電話対応

国税庁と全国納税貯蓄組合連合会が共催した、第56回中学生の「税についての作文」コンクールで中学3年生の牧野実央さんが、新宿税務署長賞を受賞しました。それに伴い、12月21日(水)、新宿税務署長より依頼を受け、「一日税務署長」に就任しました。まずは、委託状の交付式、税務署の方々や納税貯蓄組合連合会の方々との名刺交換の後、署長訓示として受賞作品の朗読、最後に所内を見学して署長室でのお仕事を体験しました。短い時間でしたが、立派な税務署長でした。

<生徒感想>
税務署の中を回れたり、税務署長を体験できる貴重な機会はあまりないので、とても良かったです。今まで、税金が何について使われているのかきちんと知らなかったので、作文を書いてみて、子供の医療費や年金などに使われていることが知ることが出来ました。
税金は、大人になっても関わってくるものなので、税についてしっかり理解していきたいです。
牧野実央

国税庁のキャラクター、イータ君にもご挨拶

訓示として作文を朗読

全国納税貯蓄組合連合会と国税庁が共催で実施している、中学生の「税についての作文」の表彰式が12月13日(火)に新宿区立産業会館で行われました。本校からは中学3年生が応募、5名の生徒が入賞し、4名の生徒が表彰を受けました。入賞した生徒は、以下の通りです。

新宿税務署長賞        牧野 実央
新宿都税事務所長賞      三好 武
東京税理士会新宿支部支部長賞 髙橋 杏音
新宿間税会会長賞       藤木 健太朗
新宿納税貯蓄組合会佳作    澤本 春馬

みんな緊張の面持ち

表彰式を終えて記念撮影

受賞した4名

2学期の期末試験が終わった12月9日(金)と12日(月)を使って中学生が百人染めを実施しました。

目白研心のある落合地域は「染め」が地場産業です。現在でも学校の近くを流れる妙正寺川の周辺には染色関連の仕事をする方々が多くいます。その地域が大切にしてきた歴史や価値、環境を、染物を通じて多くの方々に体験していただき地域の活性化につなげるべく「染の小道」というイベントが毎年開催されています。
今回中学生が作成した百人染めは来年(2023年)2月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間の予定で開催される「染の小道」の「川のギャラリー」に展示される予定です。
中学生みんなで型紙を作って、型染めをして1枚の反物を作品として仕上げ、歴史や価値、環境といった地域が大切にしてきたことを知り、地域の活性化にも小さいながらも役に立てるよい機会となりました。

11月23日都立芝商業高校にて新人戦4回戦が行われました。相手は都立豊島高校でした。序盤こそ相手の雰囲気に飲まれたものの、徐々に自分らしさを取り戻し相手を追い掛ける展開でした。しかし試合は『66:41」で敗戦。悔しい試合でした。

女子バスケットボール部はこの新人戦を通して、4回戦まで勝ち進んだこと自分達の成長と自信を得た大会でした。また4回戦進出は部活の歴史を塗り替える快挙を成し遂げました。次回の大会は2月の支部大会となりますが、まずはそこに向けて力を蓄えていきます。

連日応援に来てくださった保護者の皆様もありがとうございました。皆様の応援のおかげで勝ち上がることができました。次に向けて、再スタートをします。引き継ぎ本校女子バスケットボール部の応援お願いいたします。

11月19日(土)に、記念館講堂にて第52回中学合唱発表会が開催されました。
中学1年生から中学3年生までの計6グループの発表と、各学年の学年合唱を披露しました。
緊張感のある中での舞台は生徒たちにとって大変新鮮なものでした。
舞台袖では「みんなで頑張ろうね」「大丈夫だよ」と声を掛け合う姿も見られました。
皆堂々と発表ができたことで、一生懸命練習を重ね、皆で歌うことの素晴らしさを実感したようです。
クラス全員が心を一つにすることができ、大変素晴らしい経験ができたことと思います。

11月12日(土)、11月19日(土)に高2SEC・高3SECの生徒たちは、探求型授業「Genius Hour」の発表会を行いました。

生徒たちは4月にテーマを決め、「自分が今一番知りたいこと・やってみたいこと」をプロジェクトにし、ゴールを設定して数か月間、取り組んできました。目標を達成できた人もできなかった人も、自ら探究することで多くのことを学びました。

◆プロジェクトの例

・Designing Original T-shirts(オリジナルのTシャツをつくる)

・Mastering Skiing(スキー検定2級に合格する)

・Writing Original Song(自分で作詞・作曲した曲をつくる)

・Making Sweets(クラス全員にお菓子をプレゼントする)

・Drawing Picture(大好きなものを詰め込んだ絵を描く)

 

11月13日都立文京高校にて新人戦2回戦が行われました。相手は都立文京でした。序盤より競った試合展開でしたが、ゲームが進むにつれて各プレイヤーがハッスルし、最後まで粘り強くプレイし『76対63』で勝利。

これまでに中々崩せなかった文京の壁を越えることが出来たのは大きな進歩です。この勢いで次週3回戦で文教大附属高校に挑みます。引き続き応援よろしくお願いします。

新入生(中学1年生・高校1年生)を対象に、11月9日(水)6時間目に創立記念集会を実施しました。はじめに学校長から今年度99周年を迎えた学園の創設者である佐藤重遠先生の生い立ちから学園の歴史を振り返り、学園の伝統を引き継ぎながら、更に進化させていく「気概」を持って生きていこうという訓話がありました。
さらに創立記念講演として尾崎春樹理事長から「やる気と記憶の科学」という題目でお話しをしていただきました。大きな目標を達成するために小さな目標を設定し、その小さな目標を一つひとつクリアしていくこと。それが自身の究極の目標に近づく方法であること。そして脳科学の話から「やる気」を出すためには「生活リズム」を整えること。また「記憶力」を上げるためには書くこと・話すことなど「出力(アウトプット)」することが必要であるなど、大谷翔平選手の曼陀羅チャートや理事長が作成したチャートを使用しながら具体的に話していただき、最後に「自分の可能性を広げるために『今の勉強』がある」という力強い言葉をいただきました。

11月6日十文字高校にて新人戦1回戦が行われました。相手は都立第一商業でした。序盤より自分達のペースのバスケットができ、その勢いのまま最後までプレーできました。最終的には、『93対22』で勝利。来週は都立文京と対戦します。引き続き応援よろしくお願いします。

11月3日専大附属高校にて新人戦3回戦が行われました。対戦相手は強豪校都立石神井高校でした。序盤から速い展開の試合でした。その中で、徐々に速さに対応し自分達のリズムで戦うことができましたが、結果は敗戦。しかし新体制になってからの成長を感じさせる試合でした。次の春に大会に向けて、再び力を蓄えていきたいと思います。

保護者の皆様も連日の応援ありがとうございました。今後ともバスケットボール部の応援よろしくお願いします。

1 / 6012345...102030...最後 »

ページ
TOP