中学校のクロスカリキュラムの「ラボ活動」の一つ、【AFF(Action for Future)×SDGsプロジェクト】で、
生徒たちの好き(興味・関心)から、活動はスタート!そこから繋がる人や企業とSDGsを掛け算し、生徒によるグループ内プレゼンを経て、取材希望企業が決定!生徒による丁寧なアポイントメント取りを経て、今回、アジアNo.1の規模を誇る「LUSH 新宿」さんにてフィールドワークを実施させていただきました!

生徒たちの取材目的は、スマトラ島に広がる森の保護と再生を目指し、オランウータンが生息する環境に負荷を与えずに作ったバスボム(入浴剤)をはじめとするLUSHの環境に対する取り組みについて。

s-IMG_0070

この記事の続きはこちら

6月12日(日)に東京都剣道連盟会長杯が行われ、新渡戸文化中学校は男女ともに参加しました。
試合結果は男女ともにベスト16でした。しかし、男女で受け止め方は大きく異なります。
まず男子ですが、自分たちの力を十分発揮できた試合でした。特に中1から剣道を始めた選手が渾身の小手を決めたことは、とても印象に残っています。三年間しっかり剣道と稽古に取り組んできた成果だと思います。中学男子が都大会でベスト16に入ったのは初めてです、一歩ずつ前進していきましょう!

s-0C75D314-B000-4CFB-8414-A451468127DF

この記事の続きはこちら

18日(土)の午前中に、中学体育祭を行いました。

競技内容からルールからすべて生徒たちだけで創りあげた体育祭。各クラスで悪戦苦闘しながら競技の仕組みが5つ出来上がりました。

また、縦割り学年を4チーム作り、各チームごとにおそろいのデザインをしたTシャツを作りました。このデザインとプリントも生徒たちで創りました。

テーマは「誰もが楽しめる体育祭」。スポーツの得意な人もそうでない人も楽しめる競技ができました。まさに目指していた体育祭の「共創」です。

s-DSC03695

この記事の続きはこちら

毎週水曜日に実施している中学クロスカリキュラムの授業では、生徒が興味関心を持った分野のラボに所属し、学びを深めています。

6月13日は実験教室ラボの生徒が、附属アフタースクールの科学プログラムを受講している児童を対象に、実験教室を開催しました。
この日まで、生徒はチームで協力して企画、スケジュール管理、準備を行ってきました。

s-IMG_2904

この記事の続きはこちら

地域の訪問看護を行っている看護師の上野さんにきていただきました。まめな(施設)のリビングに入っていらした時のオーラからすごかったです。まずは、お話をうかがいますが、私が感心したのは、生徒さんたちから次々と質問や意見が飛び出すことでした。下調べをしたり、自分の知りたいことをまとめたり、といった作業が事前に行われていたのだろうなぁ、と。上野さんは全ての質問に的確に答えて下さいました。

一通り、話し終えると、もう1時間が過ぎています!上野さんはお休みの日にもかかわらず、事情を聞いて「それならぜひ、高校生と話したい」と来てくださったのですが、さらにこれから「退院したばかりのお爺ちゃんのところに、薬を整理した箱を持って、飲み方を家族の方も含めて説明しに行く」とのこと!薬の箱の深さ、1回分のまとめ方、メモの文言・貼る位置・文字の大きさなどなど、実物を見せながら詳しく説明してくださり、生徒たちも手伝います。「なるほど。キレイにまとめましたね。でも、せっかく書いた文字がこれだと見えにくくないかな?」など、「相手の立場にたったらどうなるか」という視点から語ってくれます。頷きながら、どんどん引き込まれる生徒。その熱心さに上野さんも動かされたのか「よかったら、一緒に行ってみる?」とびっくりオファー!「個人情報は大丈夫なんですか?」と問う生徒に対し「何を一番大切に私が行動するか、見てくれることが一番だから」と看護の際の接し方をこの目で見れる機会を生徒たちは得ました。

IMG_4444-1440x1920

この記事の続きはこちら

自分たちがやりたいことを自分たちで考えて、自分たちで選ぶ旅。

テーマは「人」と「本物体験」
旅行代理店的ツアープログラムはない現地と生徒たちで作り上げるライブツアー

都農町ツアーのキーワードは「建築・デザイン・古民家・起業・教育」

結果的にゼロカーボンU-18議会で活躍した小学生親子と対談をしたり、30代-40代の6人の地元経営者と対話したり、梅農家さんや野菜農家さんを取材したり、地元の高校生や20代の若者と交流したり、建築デザイナー、大学生インターン生などなど、出会いのオンパレード。

s-IMG_5070

この記事の続きはこちら

6月11日、 12日に群馬で行われた、高校関東大会に参加してきました。
新渡戸文化剣道部として、 高校関東大会へ出場するのは初めてのことです。 しかも男女同時という記念すべき大会となりました。
結果は残念ながら、 男女とも初戦敗退でした。 しかしこの大舞台に立てたことは選手たちにとって大きな経験になったと思います。

s-55EF300F-D4EB-41DE-86BC-A1CDF4F2CE87

この記事の続きはこちら

【広島久比スタディツアー1日目】
”あなたにとって「くらし」とは”
今回のスタディツアーで訪れる広島県呉市大崎下島豊町久比地区は,人口約450人,高齢化率は70%を越える地域です。その久比には,くらしをとりもどすをミッションにかかげ活動する一般社団法人「まめな」があります。今回は,このまめなの方々のご理解とご協力によって,はじめて実現したスタディツアーです。生徒たちは,まめなで活動している若者たちとともに,「くらし」とは何かをテーマに4日間を久比での暮らしを通して学ぶことなります。

s-IMG_5826

この記事の続きはこちら

新渡戸文化のスタディツアーについて

パートナーである現地の代表がFacebookでこのように表現してくださっています。

【新渡戸文化高校のスタディツアー@都農町!】
6/8-11、3泊4日で高校生7人が都農町に。
修学旅行をなくして、自分たちがやりたいことを自分たちで考えて、自分たちで選ぶ旅。

テーマは「人」どれだけ地元の人に会えるか、旅行代理店的ツアープログラムはなし。

会ってくれそうな人だけお願いしておきつつ、基本は高校生たちが来て、会いたい!ってなったら会いにいく究極のアドリブツアー。

ゼロカーボンU-18議会で活躍した小学生親子との対談から始まり、YARDに集う、バリバリの地元経営者と南国プリン食べながらキャリア談義。

s-IMG_4990

この記事の続きはこちら

1 / 22512345...102030...最後 »

ページ
TOP