7月13日、今年も夏の女子聖体験日を実施いたしました☆
当日の天候が心配ではありましたが、この日は雨も上がり、薄日が差す中、皆様をお迎えすることができました。
体験日はクラブや授業の体験を通して生徒や教師と触れ合い、女子聖で1日過ごして頂けるイベントです。
今年も200組を超える多数の方にご来校いただきました。

エントランスでは高校生たちが笑顔で受験生の皆様をお迎えいたしました。
また、パパプロ(パパも女子聖土曜プログラムの略)のお父様たちも警備や案内に
立ってくださいました。

開会時間には吹奏楽部によるオープニング演奏から始まった体験日♪
皆さまに大きな拍手を頂き、有難うございました。
今回も全体の司会を記念祭実行員長、副実行委員長が務めました。
休み時間やお昼休みの放送もこの2人が担当し、体験日全体の雰囲気つくりに大いに活躍してくれました。

クラブ体験では生徒が、授業体験では教師が受験生の皆様をお迎えし、体験の時間を過ごしました。
それぞれの時間割で校内を回っていただきましたが、体験後、笑顔で会場を後にする受験生の姿に出会うことが
でき、生徒・教職員一同、満足していただけたことに感謝の思いでいっぱいでした。

当日ご記入いただいたアンケートの一部をご紹介いたします。
【保護者】
◇開会セレモニーからとても感動しました。初めて来ましたが、とても良い印象をうけました。先生方が、子どもたちを思って授業をしてくれているところにとても感銘をうけました。
◇吹奏楽部の素晴らしい演奏で迎えていただき、これから始まる体験への期待が深まりました。どの体験でも先生方、保護者の方、お嬢様方の親切な対応が印象的でした。
◇生徒さんの所作が素晴らしいです。細かな気遣いや声掛けなど先輩方の姿を見て後輩がマネて学んでいる様子もみてとれました。先生方々、生徒の方々、みなさんが温かく迎えてくださり緊張することもなく楽しい時間を過ごさせて頂きました。
◇生徒の方たちが笑顔で常に対応して下さり感じが良かったです。部活体験は各部活ごとに雰囲気がことなりカラーがあるなと思いました。生徒会の人たちが案内して下った校内見学は色々な生の声を聞くことができて参考になりました。

【受験生】
◇ダンス部でお姉さんたちが優しく教えてくれたのでよかったです。入試体験では先生方がくわしく教えてくれたのでとても勉強になりました。チアリーディング部ではやさしく声をかけてくれたのでとても楽しかったです。
◇吹奏楽を教えてくれたお姉さんが優しくておもしろい話をしてくれました。とても楽しかったです!!
◇生徒さんの雰囲気も良くチャペルがとてもきれいでした。体験授業は先生の教え方が上手でとても分かりやすかったです。ドライカレーもおいしかったです。
◇生徒や先生方が丁寧に説明をしたり、教えている姿を見てとてもいい学校だなと思い、この学校での部活や授業を受けてみてとても楽しかったです!色々なことに体験してみて、私にとって貴重な時間となりました!

 entrance  opening
お手伝い生徒がお出迎えいたしました
この日は総勢60名の生徒がお手伝い
してくれました。
吹奏楽部によるオープニング演奏
ディズニーメドレーから始まりました!
,
 個別相談  生徒会の部屋
卒業生による個別相談
母校のためにいつでも笑顔で帰ってきて
くれます。
生徒会の部屋
学校行事や普段の学校生活を生徒目線で
ご紹介しました。
 国語入試  聖書加工済
国語(入試) 聖書科
 算数  英語入試
算数(立体パズルを使った授業) 英語(入試)
 理科加工済  美術
理科 美術
 家庭科加工済  国語
家庭科 国語(リレー作文)
 算数入試加工済  園芸
算数(入試) 園芸
 イラスト  コーラス部
イラストレーション部 コーラス部
 茶道加工済  箏曲
茶道部 箏曲部
 演劇部加工済  料理部
演劇部 料理部
 吹奏楽  ハンドベル加工済
吹奏楽部 ハンドベルクワイア
 ダンス部加工済  バド加工済
ダンス部 バドミントン部
 バトン加工済  チア加工済
バトン部 チアリーディング部
 ミニ説  ending
2時間目に行われたミニ説明会
,
,
閉会セレモニー
クラブ長からのメッセージ
,

ご来校くださった皆様、本当に楽しい一日を一緒に過ごして下さり
有難うございました!!

女子聖学院では今後も様々な形で皆様をお迎えいたします。
ぜひまたの機会に皆様でご来校ください。

【受付中の説明会】
8/3(土) 女子聖1DAY説明会

心よりお待ちしております。

大変多くの方にご予約いただいております「夏の女子聖体験日」、いよいよ明日となりました!
本日はクラブ生徒、お手伝い生徒や教職員、パパプロ(在校生お父様のボランティア名)の皆さんを含めた全員の協力の下、
皆様をお迎えするための準備をいたしました。

女子聖体験日は、学校全体の力が合わさって一つひとつ丁寧に作られています。
当日をぜひ楽しみにいらしてください♪

また、席が空いている講座もありますので、当日の受付も行います。
まだご予約いただいていない方もご参加いただけますので、ぜひお越しください。
↓受付可能講座(画像をクリックしてください)↓

 申込み当日 - コピー

各講座の場所、持ち物などはこちらからご確認下さい↓↓

 edu

皆様のご来校を心よりお待ちしております。

 

 edu-blog
このリハーサルは何をしてるのかな?
明日をお楽しみに♪

7月9日放課後、公募推薦入試希望の高校生を対象に上智大学説明会が開催されました。
昨年に引き続き2回目の開催で、高Ⅰから高Ⅲまで45名が出席しました。
説明会では大学の概要からメインとなる入試制度までお話しくださり、公募推薦希望者向けにアドバイス(アドミッションポリシーをよく研究することや英語外部検定試験のスコアを上げること等)もいただきました。
本校上位者の大きな目標でもある上智大学。
学校での説明会開催という大変有難い機会に、メモをとるなど真剣にお話を伺いました。
昨年この説明会へ参加した生徒がこの春より上智大学へ進学しており、参加生徒たちの期待も高まるばかりです。

HP掲載用 - コピー
国際関係に強い上智大学
充実した海外留学制度についてもお話しいただきました

夏の女子聖体験日までいよいよあと2日となりました。
皆様にお会いできるこの日を楽しみに、生徒・教職員一同準備を進めております。
WEBでのご予約は本日午前10時にて受付終了いたしました。
まだお席の空いている講座もございますので、ご希望の方はお電話にてご予約承ります。
【受付時間】
11日(木) 10:00-17:00
12日(金) 9:00-12:00
Tell:03-3917-5377(広報室)

また、「ミニ説明会(チャペル 11:15-11:45)」「個別相談」「生徒会の行事紹介」
こちらは、ご予約いただかなくてもご参加いただけます。
↓ご予約いただける講座はこちら(画像をクリックして下さい)↓

 edu

皆様のご来校を心よりお待ちしております。

↓↓講座の時間割はこちら(画像をクリックしてください)↓↓

 edu

7月5日、ロングホームルームの時間にスピーチコンテストが実施されました。
このスピーチコンテストでは、春休み期間に全員が自由に原稿を書き提出した後、内容で選ぶ1次審査、
その後スピーキングによる2次審査の選考を経て、
各学年3名ずつが選ばれ、本番に挑みます。

本番は高Ⅲ生2名による流暢な英語の司会でコンテストが開幕しました。
9名の思いと熱のこもったスピーチは、高校3学年が見守る中静粛に行われ、
外部のネイティブ講師による公平な審査によってトップ3が選ばれました。

 1 - コピー
司会の二人

審査の間は高Ⅱ生によるアメリカ・ターム留学についてのプレゼン発表がありました。

 2 - コピー
現地の方々との交流や現地での体験の様子を紹介

そして最後は結果発表。ネイティブ講師の方からは、
「どの生徒も英語力、プレゼン力が素晴らしく、トピックのオリジナル性もあり刺激を受けました」と英語でメッセージを頂きました。
単に英語が話せる、暗誦ができるだけでなく、「自分の思いをいかに英語で表現し、語ることができるか」が問われており、
パブリックスピーチとして見られるコンテストです。

スピーチを聞いた高校生たちも、彼女たちの思いを受け取り、最後は大きな拍手で9名の健闘を讃えました。

事前に報道委員の取材で語った入賞者3名のトピックとキーワードをご紹介します。

 3 - コピー 1位 A.Tタイトル 「Racism」
私は去年の秋、アメリカに3ヶ月留学に行っていました。
そこで得た経験はすべてが良い物というわけではありませんでした。
世界にはまだまだ辛い現実があるのです。~Key Words~
racism:人種差別
discrimination:差別
superior:優位な
 4 - コピー 2位 C.Fタイトル 「When are we going to save this planet??」
地球温暖化の問題が年々深刻になっています。
今日は、この問題に対する私の見方を変えたある女の子と、
問題解決のための行動を続けることの大切さをお話しします。~Key Words~
fruition:達成
degradation:悪化
glacier:氷河
drought:干ばつ
circumstance:状況
 5 - コピー 3位 H.Mタイトル 「Why are mostly love songs so popular in Japan」
なぜ日本の人気な音楽はラブソングばかりなのでしょうか?
その原因を自分なりに考えたとき、私たち日本人の現状が見えてきました。
これから私たちがどう行動すべきか一緒に考えましょう!~Key Words~
issues:問題
a pain in the neck:面倒くさい
nuclear power plant:原発

WEB事前受付はこちら(3つの時間帯のうちから一つをお選び下さい)

【AM】  9:30-10:45
【PM】 13:30-14:45
【ナイト】 18:00-19:15
各回60名限定

名前の通り1日を通して3回、学校説明会を開催いたします!
夏休み真っ只中の8月、学校を見たい、知りたい、そんな方のためにゲストをお呼びして女子聖をお伝えします!
1DAY説明会は一昨年度より始まった企画ですが、
『卒業生の談話では、実際経験、体験した生の声が聞けて良かったです。懇談では近いところで話が聞けて楽しかったです。』
『学校の様子がとても良くわかり、とても楽しそうな学校で、娘を入学させたい気持ちが一層強まりました。先生とお話させて頂いて色々伺えたのも良かったです。』
など、例年嬉しい反響がたくさんあり、三年目の開催へと至りました。

AM,PMでは卒業生、ナイトでは在校生お父様が女子聖学院を語ります。
ご都合に合わせてぜひご来校ください。

【AM・PM】
・卒業生が語る女子聖学院
卒業生の視点から母校、女子聖学院を語ります。
・懇談
本校教師との懇談または個別相談の時間。教育内容や学校生活などをギモンや不安に思うことをお話しください。
女子聖学院のありのままの魅力を受け取ってくださる機会に、どうぞご期待ください。

【ナイト】
・在校生お父様が語る女子聖学院
在校生お父様代表より、学院生活・学校行事などのエピソードを交えて
父親目線でお話しして頂きます。

【各回共通】
・女子聖学院の教育
生徒の目標実現を叶える学習支援システムや進路教育、2020年からの大学入試を視野に入れた英語教育など、
学校概要をコンパクトにお伝えいたします。
・2020入試
入試日程についてお伝えいたします。

皆様のご来校を心よりお待ちしております。

【昨年度の様子】2018/8/4(土)

 edu1  edu2
卒業生が登壇し、女子聖での思い出を語ってくれました 教師との円卓を囲んで懇談

中2理科Ⅰの授業にて、実技テストが実施されました。
中1ではガスバーナー、メスシリンダー、顕微鏡の試験、中2では電流と電圧の試験です。
今回の試験は電池1個、豆電球1個、スイッチ1個を配線し、回路に流れる電流値と豆電球にかかる電圧値を測定します。
制限時間は4分。その間に両方の値を出せたら合格です。
黙々と配線に取り掛かる様子はまさに真剣そのもの。
端子の種類(±)及び電流計、電圧計それぞれの繋ぎ方、メモリの読み方、単位など、これまでの学習の成果が試されました。

 2 - コピー  3 - コピー
試験の内容 端子、電流計、電圧計の繋ぎ方に注意しましょう
 4 - コピー  5 - コピー
手早く配線を繋ぎます 先生の判定を待って試験終了です

高大連携の一環として高校全学年を対象に「JSG大学」を開催しました。
JSG大学とは、大学の先生にお越し頂き、高校生向けに大学の授業を紹介していただくプログラムです。
大学レベルの学びに触れることによって分野への関心を深め、自分の進路を明確にすることを目的に実施しております。
今回は東邦大学薬学部、東京女子大学現代教養学部国際社会学科の先生にそれぞれご講演頂きました。
東邦大学では薬学という幅広い学問分野でどのようなことを学ぶかについてお話し下さり、最新の研究内容の一部をご紹介下さいました。
東京女子大学では先生のご専門である韓国・朝鮮についてのお話から国際関係学研究の方法論を語って頂きました。
講義後、参加生徒たちは満足気な様子で講義について語っており、大学進学後の学びを具体的にイメージできたことと思います。
また、高校生向けとありますが中3生からの申込みもあり、中学生にも大学を知るチャンスが与えられるのも中高一貫校のメリットでもあります。

次回の開催は7/6(土)、聖路加国際大学、青山学院大学経営学部マーケティング学科の先生にご講演頂きます。

 1 - コピー  2 - コピー
「無限に広がる薬学の世界」 「国際関係専攻での学び」

6月29日(土)、今年度2回目となる英語ワークショップ、及び3回目のプレシャス説明会を実施いたしました。
梅雨らしい雨模様の中ではありましたが、今回も多くの小学生、保護者の方々にご参加いただきました。

今回のワークショップは「不思議の国のアリス」の物語を使った劇遊びを中心に、本校ネイティブ教師や大学生スタッフと一緒に英語にたくさん触れていただきました。
英語を読む場面では、ネイティブの発音に習って積極的に声を出して読む姿が見られました。
劇遊びでは、物語の一部を身体を使った表現を考え、グループ毎に発表し、最後には保護者の前でも披露しました。

また、プレシャス説明会では本校の教育内容について、映像を交えながらお伝えいたしました。
本校の教育スローガンにも掲げている「Be a Messenger」の体現者である卒業生の言葉から、そのようなマインドが如何に育つのかお話しいたしました。
懇談の時間では、各卓様々な話題で賑わいました。

ご参加いただいた方のお声を一部ご紹介いたします。
【保護者】
◇初めての参加でしたが、校長先生をはじめ、先生方がとてもフレンドリーで安心しました。通学されている学生さんたちの楽しそうな様子が印象的でした。先生方が子どもたちの心に寄り添い、気持ちを尊重してくださることで自己肯定感が育っていくのだというのを身をもって感じることができました。
◇(ワークショップについて)英語教育、表現力ときちんとした理念の下カリキュラムが組まれ、楽しく興味、積極性も重んじた内容が素晴らしいと思いました。
◇生徒達も楽しそうで、きれいで豊かな学校だなと思いました。先生方も生徒思いで、この学校に通えたらますます良い子に育つなと思いました。

【受験生】
◇歌や劇など、普段は日本語で言ったりするものを英語で言い、知らなかった単語を知ることができました。また英語をもっと使って遊んだりしてみたいです。
◇楽しいゲームなどがたくさんあって楽しかったです。難しい英語もあり、苦戦しましたが、楽しみながら勉強ができたと思うので良かったです。
◇英語がわからないときに先生が教えてくれて少し安心しました。

JSGプレシャス説明会
 1 - コピー  2 - コピー
学校の施設を見ていただきました 懇談の時間
女子聖Jr.Workshop
 3 - コピー  4 - コピー
ネイティブの先生に習って一緒に英語を読みます 3つのシーンに分かれて表現を考えました
 5 - コピー  6-2 - コピー
発表の時間①
穴へ落ちるシーン
発表の時間②
花壇と噴水の表現を考えました

今回は英語ワークショップを通じて本校の英語教育を体験していただきましたが、
7月に開催いたします「夏の女子聖体験日」では英語以外にもたくさんの授業・クラブ体験をご用意しております。
本校生徒とも触れ合っていただける機会です。まだまだ空席ございますので、ぜひお越し下さい。

7/13(土) 夏の女子聖体験日

皆様のご来校を心よりお待ちしております。

6月20日(木)、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館にて2019年度運動会を実施いたしました。
今年の運動会スローガンは「継往開来」。
先人の事業を受け継ぎ、未来を切り開く、過去のものを継続し、それを発展させながら将来を開拓していくという意味があります。
多くの卒業生たちによって代々引き継がれてきた運動会。
今年も伝統を引き継ぎ、この6学年でしか作れない唯一無二の運動会にしたいという願いが込められたスローガンです。

午前9時半。全校生徒がアリーナに整列し、この日もまず礼拝を守り、宗教委員長が生徒一人ひとりの健闘を祈り始まりました。
今年は高3黄組、高2青組、高1紅組です。
高3は昨年の優勝に次ぎ2連覇をかけ、高2、高1は初優勝を目指し闘います。
毎年最初の競技、高校綱引きの勝敗が優勝を左右するとの意気込みで始まります。
今年も生徒の気合十分に3学年総当たり戦で綱引きが行われ、黄組が圧勝でした。

reihai - コピー oodama - コピー
 礼拝を以って始まりました  中1 大玉ころがし
tsunahiki - コピー
 高校 綱引き

大縄では各色クラス毎に息を合わせて飛び続けました!
リトミックは本校体育科教師でいらした天野蝶先生考案のリトミックです。太鼓の音に合わせて美しく拍子を体で表現しました。
そして、午前の結果は黄組と青組の接戦、そして接戦になるほどに紅の健闘が伺える結果でした。

午後は各色による応援ダンスです。
黄組の応援ダンスには高Ⅲ先生方が・・・!

oonawaname - コピー ritomikkuname - コピー
 高校 大縄とび  中高 リトミック
chukan - コピー
 午後の勝負の行方はいかに・・・!

全ての競技が終了し、運動会もいよいよ閉会式の時間となりました。
今年の運動会は、昨年以上に生徒達の思い入れの強い運動会になりました。
競技する生徒も、運営する実行委員も、妥協せずにやり抜くパワーは最後の中高色別リレーを最高の闘いにしました。
全校生徒の最後まで諦めない気持ちは、ゴールテープを切っても途切れることはありませんでした。

結果、高Ⅲ黄組の優勝で幕を閉じた、今年の女子聖学院の運動会。
閉会式では全員が肩を組み、体育館いっぱいに響きわたる「女子聖学院の歌」を歌う歌声は、勝敗を超えてお互いを称え合う歌声となりました。
たくさんの応援をいただき、ご来場くださった皆さまに、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

race2 - コピー 8
 最後の競技です(リレー・レース) 閉会式の入場行進は、女子聖をひとつにします。
result - コピー 10
 黄組2連覇!優勝おめでとう。  最後まで闘い抜いた姿、立派でした!
1 / 4212345...102030...最後 »

ページ
TOP