4月29日(金)と30日(土)の2日にわたり、3年ぶりの体育祭が実施されました!!!

コロナ禍で全プログラム復活とまではいきませんが、「子どもたちに最高の思い出を残してあげたい」という教職員の気持ちと、生徒達の「開催したい」という気持ちが結集し、最善に最善の準備を重ねた元、開催する運びとなりました。
渡邉理事長兼校長からは、生徒たちに下記のメッセージが送られました。

031.JPG

『3年ぶりそして高校3年生は最初で最後の体育祭、今日は君たちが主役です。思う存分楽しみ、仲間との良き思い出をつくって下さい。郁文館の体育祭は「一生懸命はカッコいい」がモットーです!!!斜に構えて傍観者になっている暇はありません。一人ひとりが勝ちたい、やり遂げたいという「欲」を持ち、全員がど真ん中で、目一杯活躍してください。』

さぁどんなドラマが繰り広げられたのか。
まずは中学校体育祭!チーム対抗玉入れ、大玉送り、そして圧巻の中3ソーラン節などが披露されました!!!

玉入れ.jpg  大玉送り.jpg ソーラン節.jpg

そして高校体育祭!
凄まじいエネルギーと歓声の中、赤団、青団、白団、黒団の入場です!!!
015.JPG 017.JPG 020.JPG 021.JPG

本日の主役が勢ぞろいする中、生徒の代表より「正々堂々と戦います」と選手宣誓が、高らかに響き渡りました!

024.JPG 032.JPG 036.JPG

準備体操もしっかりして、いざ決戦の開幕です!!!

045.JPG

綱引き、棒引き、そして騎馬戦!
白熱した真剣な闘いが繰り広げられました!

056.JPG 052.JPG 054.JPG

064.JPG 066.JPG 074.JPG

149.JPG 092.JPG 090.JPG

プログラムの中には、優雅で迫力あるグローバル高校伝統のHAKAも披露されました!!!

097.JPG 098.JPG

最後の種目は、高1から高3にバトンをつなぐ、男女混合対抗リレー!!!
思わず取材班もバトンが無事につながるよう、祈ります!

162.JPG 171.JPG 172.JPG

全ての競技が終わり、待望の点数が発表されました。最後まで勝敗はわからない展開が続く中、今回は青団が優勝となり、青団のチームの団長をはじめ、各団長より団員に感謝の言葉が伝えられました。

183.JPG 189.JPG 192.JPG 193.JPG 194.JPG

競技にはもちろん、勝ち負けはありますが、酸いも甘いも全力でぶつかって得た経験や思い出は、必ず人生の糧になります!!!

また自分のチームだけではなく、他のチームにも”拍手”や”声援”を懸命に送る「一生懸命な姿」は見ている人にも感動を生み、

最高に輝いていました!!!

095.JPG157.JPG206.JPG

最後は笑顔で全員集合!!!最高の時間をありがとうと叫んでいる生徒もいました。

関係者の皆様も入念な準備、当日の運営お疲れ様でした!!!

210 (3).JPG

入学式翌日の4月4日、郁文館中学校では5泊6日の「夢合宿」が長野県東御市にある本校研修施設「鴻夢館」にて実施されました。この行事の目的は、規則正しい生活習慣、円滑な人間関係、郁文館生としての自覚を育む事です。その最初のプログラムとして中学1年生にとっては、初めて理事長講座が行われました。

夢合宿③.jpg

理事長講座は中学校1年生にとって入学後初めての授業でもあります。渡邉理事長兼校長からは『夢教育とは何か』をテーマに、「なぜ、私たちが夢を持ち、追い、叶えることが大切であるのか」「どうすれば夢を叶えることができるのか」本気で生徒たちに語りかけました。

夢合宿①.jpg

理事長が生徒たちに特に語りかけたことが、郁文館の七つの約束です。その中でも、「他人の喜び悲しみを共有すること」の大切さについて強調されました。私たちは一人で生きているのではなく、たくさんの人とかかわり合う中で成長していく。だからこそ、自分のことだけではなく、他人の喜び、悲しみを共有する優しさを持つことが大切だと。生徒たちも真剣に夢手帳にメモをしていました。

夢合宿②.jpg

また自分以外の人たちとの心の交流は、学校生活だけではなく、読書を通じても実現できる。たとえば、孔子の『論語』を読めば、2500年以上も前に生きた偉人たちの歴史を、思想を追体験することができる。郁文館の図書館は30000冊の蔵書を誇り、理事長推薦の図書コーナーも常設されています。これから6年間でぜひみんなにはたくさんの本に触れて欲しい。
また最後には夢の方程式について一人ひとりの生徒に語りかけるように伝えられました。
郁文館には「遺伝(得意なこと)×意志(好きなこと)×夢(君が起こす奇跡)×運(七つの約束)」という「夢の方程式」が教室に掲示されています。七つの約束を大切にすることで自分を応援してくれるつながりを育み、好きなことに必死に取り組み続けることで、一人ひとりが夢を実現していくことを心より願っています。

これから始まる本校の6か年の夢教育。教職員一同、生徒一人一人に伴走してまいります。

4月11日(月)の放課後、クラブ紹介が体育館で行われました。

郁文館では、スポーツ・文化部合わせて、
なんと!40団体が活動しています!
その約40団体(部・研究会・同好会・委員会)が新入生に向けて、猛アピール!
ユニホームに着替えパフォーマンスをしたり、パワーポイントを使用したり、
それぞれの団体が、部員を集めようと積極的にアピールをしていました。

野球部、軽音部、弓道部、美術研究会は、それぞれのユニフォームを
まとったり、楽器や弓を持って登場したり、美術部は作品を紹介していました。

野球.jpg 軽音部.jpg

弓道部.jpg 美術部.jpg

中には、個性的な独自のパフォーマンスを交えながら、
アピールをしている部もありました。

サッカー部と柔道部は得意の『技』を披露して、
歓声や拍手が湧き上がっていました!

サッカー部①.jpg 柔道.jpg

なんと!生物部は、首にへびを巻いて、登場!
学校見学や体験会でも、大人気の部活です。
へび.jpg

SDGs委員会は、活動の内容をスライドを駆使して、
わかりやすく伝えていました!

SDGs.jpg SDGs委員会2.jpg
新入生は4月の仮入部を経て、正式に入部となります。

クラブ活動を通じて同級生だけではなく、先輩後輩の関係から多くのことを学び、

楽しい思い出をたくさん作ってほしいと思います。コロナをはじめ様々な事に負けずに、

郁文館で充実した学園生活を送っていきましょう!

4月1日(金)マスク着用、ソーシャルディスタンスに留意しながら、
令和4年度新入職員のための入職式が行われました。

選考や内定式などを通して、何回も顔を合わせ、言葉を交わしてている方も多く、
自然に横のつながりもでき、談笑する場面も見られました。
桜.jpg

入職式③.jpg


渡邊理事長兼校長からは、ビデオで下記メッセージが伝えられました。

理事長メッセージ.jpg

郁文館の仲間になって頂き、心から歓迎したいと思います。
組織というのは人そのものです。
一人ひとりの人が同じ思いを持って、そして大きな夢に向かって行く。
一人ひとりが大きな夢に向かっていくように、組織も大きな夢に向かっていく。

その時に必要なのが一人ひとりの”ベクトルが合う”という事だと思っています。
ベクトルを表現したのがこの「郁文館夢学園教職員の行動規範」にまとめてあります。
ぜひこれをしっかり読んで郁文館の仕事をして頂きたいと思います。
まず一番大切な事は、『教職は聖職なり』という言葉です。

生徒は日々成長しています。
常に生徒のことを考えて、生徒のことを心配し、そして生徒と共に生きる、
これが聖職だと思っています。皆さんにはそういう先生でいてほしいと思います。

理事長先生.jpg
また昨日から今日、先生自身も成長してほしいと思います。
10勉強をして初めて1を表現する事ができます。
100勉強して初めて10の表現ができます。
どれだけ勉強して自分自身を高められるかが勝負です。
夢を応援する学校であるということは、先生一人ひとりが、夢を追わないことには、
本当の意味での”夢の伴走者”にはなれません。
これは自身もいつも意識していることですが、
夢追う自らの背中を見せることによって、
「夢を追うことはこんなに素敵なことだ」と伝えてください。

皆さんの今年度の仕事に心から期待します。
2日オリエンテーション.jpg

2日目にはオリエンテーションが行われ、教頭先生や各分掌の代表者より

郁文館の様々な取り組みが紹介され、真剣にメモを取る方の姿が印象的でした。

教育こそ日本を変える.jpg ゼミ活動.jpg 教務.jpg


メモ.jpg


郁文館には、学校では珍しく人材開発室があり、
研修やDX(デジタルトランスフォーメーション)にも力を入れております。

人材開発.jpg デジタル.jpg

この郁文館という舞台で、入職者一人ひとりが、夢を実現し

夢を叶えることを心より願っております。

大きな期待と少しの不安の中、郁文館中学校・高等学校・グローバル高等学校510名、ID学園高等学校128名、総勢638名の新一年生が郁文館夢学園生活のスタートをきりました。
入学式②.jpg
今年度も新型コロナウィルス感染防止対策として、4校を4回に分けて実施し、
晴れの日の入学式、ご家族がご自宅からでもお祝いできるように、
ライブ配信も同時に行いました。

郁文館入学式.jpg
入学した新一年生一人ひとりが、桜吹雪の入場門から
少し緊張の面持ちで、登場してきました。

入場シーン.jpg

郁文館の先輩達からは、チアリーディング部からの圧巻のパフォーマンスによる歓迎の舞いや、各部活のアピールをはじめ、先生の有志である「教員スペシャルチーム」からもあたたかなメッセージが届きました。
チアリーダー④.jpg 職員スペシャルチーム.jpg

ブラスバンド部.jpg 弓道部②.jpg

毎年郁文館の入学式では、書道部の揮毫によってその年の一字が

披露されます。今年の漢字は何かな?!新入生も固唾をのんで見守ります。

今年の一字①.jpg 欲②.jpg
今年の一字は『欲』!

渡邉理事長・校長からは、何故『欲』を持つ事が大切なのかも含め、
次のメッセージが贈られました。

理事長先生①.jpg
心から新入生みなさんの入学を歓迎します。この学校のゴールは大学に行くことでも高校を卒業することでもありません。この学校のゴールはみんなの幸せです。しかし、幸せといっても様々な幸せがあります。この学校では幸せについてこんな定義をしています。
幸せの定義.jpg

 

人それぞれが宝物を持っています。その宝物を思う存分使って、あなたが生まれてきて良かった、あなたの仕事があってよかったという、ありがとうをたくさん集めて、人として成長していくことです。ゴールは25歳となっています。卒業する18歳ではありません。高校時代にしっかりと夢を持ち、大学時代にしっかりと学び、そして社会人になって基礎的な3年間を積んで、25歳からが本当の人生のスタートです。そして多くの人から愛され、感謝される、そんな人生を歩んでもらいたいと思っています。どんな会社に入るのかより、どんな会社で何をしたいのかが大切です。自分の宝物を使って何を成し遂げていきたいのか。学園生活を通して真剣に考えてもらいたいと思っています。また今年は『欲』という字を送りました。ここでいう『欲』は貪欲ではなく、「Passion(熱情)」や「Desire(強く望む)」という意味合いです。自分の人生に、純粋に『欲』を持つ事は決して悪い事ではありません。

最後には次のメッセージでしめくくられました。

今日から新しい生活が始まります。みんなには「好きな事」「得意な事」「欲」を見つけ、夢手帳を使って「なりたい自分になるには、今日何をしなければならないのか」を考えて行動してもらいたいと思います。これが夢教育の本質です。

昨年の卒業生にこの学校に入って良かったか質問をすると93%以上の人がこの学校に入ってよかったといってくれています。思う存分夢教育を楽しんでほしいと思います。教職員一同しっかり一人ひとりの生徒に寄り添います。これからの学園生活が、君たちの人生の宝物になることを約束します。

終了後には雨が降る中多くの方が、大切な出発の日をカメラにおさめていました。

写真撮影.jpg
現在、新一年生が心に抱いている決意(初心)は、今後の人生において、

壁や困難にぶつかった際に立ち戻る”原点”となります。

S__6963203-1.jpg

改めまして、

新一年生、郁文館へようこそ!

郁文館ようこそ.jpg

3月19日(土)、20日(日)に中学校、高校、グローバル高校、ID学園高等学校の卒業式が行われ、470名の生徒が寂しくも凛々しく巣立っていきました。
卒業式.jpg

自分の夢と重ね合わせながら、最後の最後まで卒業論文作成に臨んだ生徒や、平和を祈念した研究発表を通過点に、更なる自分の夢に挑戦していく生徒など、コロナ禍で様々なことが制限される中で、一人ひとりが知恵を出し合い、今できることを見つけ、全力で様々な活動に取り組んでくれました。そんな中で特に取り組みが素晴らしかった生徒が渡邉理事長兼校長先生より表彰されました。

表彰.jpg  卒業式②.jpg

各クラス一人ひとり担任が卒業生の名前を呼みあげる時間では、

先生も生徒も思わず言葉を詰まらせる場面がありました。

クラスの仲間から「頑張れー」という声が次々と

かけられ、思わず保護者の方も取材班も涙なしでは、見られませんでした。

照山さん①.jpg 照山さん②.jpg

渡邉理事長兼校長からは、下記のメッセージが卒業生に贈られました。

理事長写真②.png

この学校は君たちの幸せのためだけにあります。

それは在学中だけの話しではなく、生涯において幸せに生きて欲しいと心から願っています。

そのためにアドバイスをさせて頂きます。

「人生は短いようで長いです。人生は何がいいことで、何が悪いことか、最後の最後までわかりません。起こる事全てに対して、これは必然であり、必要である、今を受け入れて、最善に最善を尽くす事。これが幸せに人生を生きるコツだと思っています。好きな事、得意な事をいかしながら、大きな夢を持ってそして運を大切にして生きて下さい。郁文館夢学園を卒業する君たちの幸せを心から祈ります。」

着物.jpg 旗.jpg

「皆さんの夢が叶いますように」郁文館の教職員一同心から応援しております!!!

2022年3学期 終業式レポート

3月22日(火)郁文館夢学園では、3月期終業式が実施され、コロナ禍ということもあり、オンライン形式で全教室へ配信となりました。

まずは渡邉理事長兼校長から生徒に向けてメッセージがありました。

 

理事長①.JPG

 

毎日世界中の争いに関するニュースが流れていますが、
皆さんには「何故争いが起こっているのか。」「自由とは何か。」「未来の地球はどうあるべきなのか。」という思考を持ちながら、最近の世の中で起きていることを、他人事と思わずに社会への関心を持って欲しい。またぜひ社会への関心から、自分の夢も広げてもらいたいと思います。

 
また今目の前に流れているニュースの向こうには、日々助けを必要としている環境で生活している人が大勢います。しっかりと国際社会に目を向けて、問題意識をもってTVやニュースを見てもらいたいと思います。
撮影①.JPG

真剣にメモを取る生徒や、一言一句効果的に伝えようと撮影する生徒達が印象的でした!

表彰①.JPG 理事長笑顔.JPG

理事長メッセージの後は、夢や書道、ダンスなど様々な分野での表彰が行われました。
真剣に一人ひとり目を見て賞状を渡す理事長先生。生徒はもちろん理事長先生自身もとても嬉しそうでした。

嬉しい手紙.JPG

 

最後には学校に届いた嬉しいお手紙が紹介されました。
「最近こういう嬉しいお手紙も多いです。年配の女性が重い荷物を持って、
手すりにつかまりながら階段を下りていた際、郁文館の生徒が声をかけながら、
一緒に荷物を運んでいました。非常に心温まる光景でした。
地元の人間として、とても嬉しく、今後も学力だけではなく、
人間力も形成される素晴らしい学校であることを切に希望します。」

そして新年度に向けて下記のメッセージでしめくくられました。

「ぜひ夢手帳に新しい年度の計画を書いて、夢を更に明確にしてください。そして毎日夢のために何をするのか決めて、新年度に向かってください。それと同時に七つの約束をもう一度見つめて、できれば休みの時も意識をしてほしいと思います。周りの人は必ずどこかで努力を見ています。新年度また元気に会いましょう。」

郁文館夢学園が運営する広域通信制・単位制高校「ID学園高校」(20年度4月開校)で実施された特別講義をご紹介します。

文科省が主催する”海外に興味がある高校生による、高校生のためのソーシャル部活動「#せかい部」” 。
今日はその「#せかい部」の元メンバーであり、現在も「トビタテ!留学JAPAN」メンバーとして活動される大学生の方々に、オンラインで特別講義を行っていただきました。

e4764166944452be9466a3d5f66c69fc-1024x576.jpg

本日のテーマは「英語で日本のことを説明してみよう!」

前半はスタジオジブリのアニメ『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』を用いて、英語ではタイトルはどのように表現するのか、ストーリーは英語でどのように伝えることができるかなど、親しみやすい内容でレクチャーいただきました。

後半は各グループに分かれ、英会話を楽しむ時間。
英語が苦手な生徒は無理せず聞くだけの参加も可能です。

グループをのぞいてみると・・・

せかい部先生(以下 先生):What is your favorite animation?(好きな漫画はなんですか?)
生徒:My favorite animation is ・・・ラブライブ!!
などID生がんばって英語で答えています。

せかい部の先生が流暢な英語を話せるのは十も承知ですが、ID学園の生徒もなかなかスムーズな英語で受け答えし、会話のキャッチボールがしっかりできています。さすが普段からハイレベル英語や英検対策授業を受け、レベルを上げているだけあるなと、頼もしく思います。

7f867fce3f864e71a3437c42c1552b3b-1024x685.jpg

せかい部の先生は親切に英会話を進めながら、ミニ知識や身近に使える英語表現を教えてくれます。
先生:携帯って言葉が出てきたけど、英語でなんというかご存じですか?
生徒:・・・Mobile phone?
先生:Very good! そうですね!あと、cellphoneという表現もあります。ちなみにですが、韓国語で携帯電話はなんというか知ってるかな?
生徒:うーん・・・?
先生:韓国語では”휴대폰(ヘンドゥポン)”って言います。なんでその話をしたかというと、この”휴대폰(ヘンドゥポン)”は手に持つ電話=hand phone(ハンドフォン)の韓国語読みなんです。韓国語にも外来語があるということをお伝えしたくて紹介してみました。
生徒:なるほどー!

そのほかにも

「英語で”推し”ってなんて言うと思う?」
「”見る”という英単語にはlook,see,watchなど複数あるけれど、それぞれの違い分かるかな?」

などなど、日常会話で良く使う言葉やニュアンスがよりしっかり伝わる英単語の紹介、豆知識などをたくさん教えてくださいました。

1310628-1024x685.jpg

ホットな英会話フレーズを学ぶことができ、生徒たちも楽しそう。英語が苦手という生徒もこれを機会に少しでも英語を身近に感じられたら嬉しいですね。

“せかい部(トビタテ!留学JAPAN」)の皆さん、今回は素敵な講義をありがとうございました!

郁文館が運営するバングラデシュ姉妹校でダッカ大学(日本の東京大学にあたる大学)に合格!!

郁文館夢学園の姉妹校であるナラヤンクルドリームモデルスクールアンドカレッジ(以下:NDMSC)の第一期生、シマントダスくんが、ダッカ大学の入学試験に合格しました。

バングラ1月.jpg
(以下の写真は、左から副校長であるサイフル先生、ダッカ大学合格生徒、お母さん、教員二名です。)

ダッカ大学は日本で例えると、東京大学です。

彼は塾にも入ることはなく、学校でのサポートのみで大学受験に合格しました。
先生たちは全力で受験勉強をサポートし、新型コロナウィルスの影響でなかなか学校に登校できなくても、定期的な家庭訪問やオンラインでのサポートを行いました。

NDMSCから一番入学が困難だと言われる学校に合格者が出たことは誇りに思います。
この生徒だけではなく、他にもさまざまな生徒がラジシャヒ大学とジャガンナート大学など、様々な難関校にも合格者が出ています。

夢教育は日本の学校だけではなく、国境を越えて、海外の学校でも大きな成果を出し始めました。
夢教育を通して、更に生徒達が大きく成長出来るよう、教職員一同様々なことにチャレンジしていきます!

今年度もコロナ禍という大変な状況でしたが、4月から入職する方をお迎えして、内定式を開催いたしました。

渡邉美樹理事長兼校長のからは、同じ志を持つ新しい仲間を歓迎する気持ちや、教職員としての姿勢・心構え、また郁文館の使命や、教育目的など、郁文館の根幹にある『理念』について、一人ひとりの内定者に熱く伝えられました。

内定式①.JPG

今回は事前に「理事長兼校長に直接聞いてみたいこと」という質問を新入職の方にお聞きし、一人ひとりの質問に理事長兼校長が誠実に応えていきました。
内定式⑤.JPG

質問の中には、
「夢を持つことができず悩んでしまう生徒もいるかと思います。そのような時にどのような声掛けをする事が生徒のためでしょうか?」という質問や、「教育における図書館の役割とは?」「理事長が考える優秀な人材とは?」など多岐にわたる質問が並びました。

理事長兼校長からは、人間は自分の可能性を信じてくれる人の存在や言葉が後の人生に大きく影響していくものだ。また、子どもたちは自分で成長していく力を持っているので、我々教職員は多くのものに触れて、関心を持ったり、楽しさを感じるものを見つけさせるための、”環境作りやきっかけ”を提供し続けることが大切だと考えている。

今日よりも明日、明日よりも明後日、子どもたちがワクワクするような、胸を打つような授業や関わりを皆さんに期待していますとの話で締めくくられました。
内定式④.JPG

一言一句聞きもらすまいと真剣にメモをとる新入職の皆さんの姿がとても印象的でした。
新入職の仲間と共に、生徒も教職員も成長し続ける日本一の学校を今後とも目指して参ります。

人材開発室

1 / 5312345...102030...最後 »

ページ
TOP